日本は成長できない国になったのか?
先日の仲間内での話ですが、日本の経済成長率についての話題は興味深いものでした。
あくまで素人の四方山話ですが、しっかり目を向ける価値はあると思いました。

グローバル化・TPP・各種経済指標が頻繁に報道されますが、一体今の日本はどのような状態で、今後どのようになっていくのか?
よくわからないですよね。

いま与野党で論戦が繰り返されている、年金制度改革法案。
これはわかりやすく言えば社会保障費の財源が不足するので、その財源を捻出するため国民負担を増やすということです。少子高齢化が進み社会保障費は、2000年から2014年で平均年2.65兆円増加しています。
■こちらの資料から→→http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/dl/05.pdf

経済成長により社会保障費の増加分を負担できれば良いですが?
そこで今の日本の経済成長率ですが、IMFが公表しているデータによると以下のとおりです。

各国の経済成長率

2015年日本の経済成長率は160位と、先進国の中では最下位。こちら→→
日本は2014年からはわずか0.5%レベルの経済成長率です。
経済成長率201607経済見通し

各国の5年先までの経済成長率予測

日本は5年先も0.6%予測。現在かろうじてロシアより上ですが、そのロシアにも追い越されると予想されています。ただし、米国や欧州の先進国でも大きな経済成長は見込めない状況です。

5年先ASSY-2

しかし日本はその先進国の中でも、最も経済成長が期待できない国。
アベノミクスの効果など、どこにあるのかな?
少なくとも世界はアベノミクスなど、まったく評価していないということだと思います。

日本の成長は望めないということを、われわれは覚悟する必要があるということです。

それでは実際に我々の生活はどうなるか?
わかり易い判断材料として、少子高齢化が進む中の社会保障制度の維持が可能かどうか?

以下は、仲間が計算してくれたものです。
素人の概算計算ですが、大きな間違いはないと思います?
もしおかしな点があれば、ぜひ指摘してください。

■IMFのデータから、2016年度の日本の実質GDPは約531兆円。こちら→→
■成長率を0.5%とすると、GDPの増加分は約2.7兆円。
■2016年度のGDPに対する社会保障給付費は、22.8%。こちらの資料9ページ→→
■GDPの増加分をこの割合で社会保障費に振り分けると、約0.6兆円

■それに対して社会保障費の増加は、上記社会保障給付費の推移から次の通り。
・2000~2014は年平均、約2.65兆円

経済成長分で割り当てられる社会保障費は0.6兆円、それに対して毎年増加する社会保障費は2.65兆円。

このことから0.5%の成長率の日本では、社会保障費の増加にはまったく対応できないということがわかります。

世界の先進国が揃って低成長時代に突入している中、最下位の日本が突然大幅な経済成長を達成するとは思えません。
したがって今後、間違いなく国民負担が増加し、社会保障内容が低下することを覚悟しなければならないと思います。その負担はいろいろな名目で確実に、若者や年金生活者などの弱者大きくのしかかってきます。

「真面目にコツコツ働き、しっかり税金も払ってきたのに、いつからこんな国にになっていたんだ!」
と嘆きたい気持ちになりませんか?

これに関するリスクや不満を言い出すと終わらなくなるので、今回はこの辺にしておきますが・・・

今回一番伝えたいことは、このような状態になっているのは誰の責任だろうか?
気持ちの上では長期にわたり政権の座についている自民党、官僚、それを取り巻く利権集団と言いたいですが、そうではないと思います。
それらを容認してきた国民の責任だと思います。

私達は市民活動など縁のない生活をしていましたが、3.11をきっかけに市民活動に接する機会が増えました。
そこでわかったことは、市民がこんなにも問題点から目を背け、無関心でいるかということです。
それは自分自身がそうだったので、よくわかります。

また国民が余計な口出しをしないほうが国にとっては都合が良く、そのような社会構造をしっかり構築してきたと思います。
一番身近なものでは、町内会などの自治組織です。

これに関しては機会を改めて議論したいと思いますが、例えば現在進行中の原発再稼働問題・清水のLNG火力発電所建設計画、そして富士市の石炭火力発電所建設問題などでも、全ての活動の中で自治組織(自治会長・役員)が大きく関わってきています。

それぞれのテーマの中で多くの自治組織(自治会長・役員)は、行政・事業者の計画を推進する立場に立っています。
その姿勢に対し多くの地区住民は、たとえ本音では「NO」と考えていても、その意志を主張することはしません。
「無関心」という、波風の立たないポジションにとどまっている住民が多いと思います。
したがって多くの事業を実施する場合の判断が、地元住民の総意に基づくものではなく、一部の人達の合意により進められているケースを多く見かけます。
住民が声を出そうと思えば出せるのでもちろん違法ではなく、暗黙の闇が広がっていて声が出せないという状況だと思います。

今までのように経済成長が続き、細かい不満はあっても、それより大きな利益が得られる状態なら良かったかもしれません。
しかしこれからは成長できない日本の中で、戦後世代が味わったことのない、弱者にとっては悲惨な生活が現実のものとなり始めています。

先日まで元気に暮らしていた親が脳梗塞で急に介護が必要になり、生活が一変、状況により仕事も続けられなくなる。
このような状況が、私の周りでも確実に増えています。
個人的にも同様の経験をしていますが、幸いにも介護費用を親の年金で対応できたのでなんとかなりましたが、それがなかったらどうなっていたか?
今の若い人たちにも、これから高い確率で起こることだと思います。

それではどうすれば良いだろうか?
私達は地元を覆い尽くしている暗い闇に光を当て、住民が自由に声を出し話ができる街になることだと思っています。
わかりづらい表現かもしれませんが、自分たちの手の届く範囲でさえ意思表示が出来ない限り、自らの意志で何かを変えることなど出来ないと思います。

逆にこのような街が実現できれば、国の政策課題に対し住民の意志を反映することが可能になり、国民の権利と責任が明確に意識できる、透明性の高い国を目指すことができると思います。

以上、今回の仲間内での四方山話の結論でした!



スポンサーサイト
[2016/11/29 15:46] | 政府・議員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
富士市と石炭火力発電所の温室効果ガス排出量
久々の更新ですが、今回は富士市と鈴川石炭火力発電所の温室効果ガス排出量について、情報をいただきましたのでお知らせします。

1.富士市の温室効果ガス排出量
次の富士市温室効果ガス排出量は、H26年度富士市環境報告書より抜粋。
このデータはH22年度と古いデータなので、富士市に確認しましたがこのデータしかないそうです。

富士市の温室効果ガス排出量-H22

上表から最新のデータは、H22年で次のとおりです。

■富士市の温室効果ガス排出量:6,710,000トン

富士市と他市の温室効果ガス排出量比較

公表されている他市の排出量と、富士市を比較してみました。
これに今回稼働した、鈴川石炭火力発電所の排出量は入っていません。
あくまで推測ですがH28年度は、これに100万トン近くプラスされ、喜べないダントツ一位だと思います。

20161031各市の温室効果ガス排出量比較

2.鈴川石炭火力発電所の温室効果ガス排出量
鈴川石炭火力発電所の正式な公表データが見つからないので、石炭使用量から排出量を計算したものです。
この計算方法はページの最後に記載しました。
石炭使用量は日本製紙の資料から、1000トン/日として計算しました。
その結果は次のとおりです。

■鈴川石炭火力発電所CO2排出量:838,800トン

これは富士市の総排出量(H22年度)の約12.5%という、膨大な量になります。
現在まで確認できている他工場の温室効果ガス排出量トップは約300,000トンなので、石炭火力発電所の排出量いかに多いかわかります。(下記富士市の工場における温室効果ガス排出量より)

また上記富士市の報告にあるように、H22年では基準年のH2から1,035,000トン削減したとなっています。
現在までの増減量は不明ですが、富士市のH20・H21・H22年における3年間の削減量が10万トン足らずです。
これは約30,000トン/年程度の削減量で、H28年度までの6年間に同様の削減量が維持されたとして、180,000トンの削減量です。

また下記「富士市の工場における温室効果ガス排出量」から、公開されている富士市88事業者の増減量は、H25年から3年間で約18万トン増加していることがわかります。

これらの状況から、温室効果ガスの削減がとても難しいことがわかります。

富士市の工場における温室効果ガス排出量

ここで取り上げている工場とは、静岡県地球温暖化防止条例施行規則第3条第1号に該当する事業者です。なんだか難しい表現ですが、要するに富士市の工場で温室効果ガス排出削減計画書及び報告書の提出を義務付けられている事業者のデータです。
その第1号のデータは、静岡県の次のサイトで公開されています。
https://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-030/earth/jorei/documents/keikaku-1.pdf
そのデータに記載されている富士市の工場は、88社確認できました。そのトータルの増減量が約18万トンの増加でした。

上位10社のデータは次のとおりです。
下表「6」、「9」の工場を除き、いつも目にする大量の煙を排出している、おなじみの工場です。
これには鈴川石炭火力発電所は入っていませんが、その排出量838,800トンがいかに膨大な量であるか、はっきり確認できます。
富士市CO2排出量上位10社-01
「3」の工場は、燃料を重油から石炭に変更したため、温室効果ガスの排出量が10%以上増加しています。今後もこのようなコストが安い石炭を使用する工場が、増加するんでしょうか?
環境部に確認しましたが、法的要件を満たせば問題なく稼働できるということで、事業者側にとって難しい制約は殆どないと言えます。


「5」の工場は、環境に優しいバイオマスボイラを導入したはずですが、この大幅な増加量はどういうことでしょうか?バイオマスと言っても、その中の石炭使用量が非常に多い?ということでしょうか?
また他の理由でしょうか?


今回の石炭火力発電所の稼働は、今まで行われてきた温室効果ガス削減のための全て努力を帳消しにし、更に大幅な増加量をもたらすことは確実な状況です!
これで良いでしょうか?



富士市の姿勢は?
いずれにしても富士市は、温室効果ガスの排出量については問題視しない姿勢のようです。
法的規制がないことも理由としてあげていますが、「どうにもならないので、触れたくない」というのが本音のようにも思います。

今までも富士市に環境について様々な質問をしてきましたが、最後は法的基準を満足しているので良いという回答になることが非常に多くなっています。

国や県に同様の質問をすると、「法的基準はすべての状況を満たしているものではありません」という答えが返ってきています。
これはある意味で理解できる回答です。
このような回答であれば、それではそこに住む住民がどのように折り合っていくか?
または時間がかかっても、段階的にでも、改善を求めていくか?
・・・etc。
そこには行政・企業・住民が話し合い、協力し、努力し、改善できる可能性が生まれると思います。
もちろん法律は大切ですが、法律が全てという考え方は、行政にとって最も努力を必要としない解決策であり、多くの場合弱者に我慢を強いる状況を作り出していると思います。

しかし富士市の姿勢は、事業者にとって非常に都合が良いと思います。

富士市では経済発展のため、コストが安い石炭火力発電所を更に増やすことも可能な状況です。
中部電力がそのような計画を立てているとしても、利益追求する企業として当然だと思います。
富士市以外で石炭火力発電所を建設することは、住民の反対が大きく不可能ではないでしょうか?

重油から石炭への燃料転換も、もちろん可能な状況です。

「環境負荷の高い事業は富士市」という考え方は、今後も当然出てくると思います。

第2次富士市環境基本計画の中でも、温室効果ガスに関して次のようなことが書かれています。
しかし現状は、ここに書かれていることに逆行する状況だと思います。
20161031基本目標4

今回は温室効果ガスから富士市の環境を考えてみました。
CO2の排出量が多いということは、他の汚染物質の排出量も多いということになります。
SOX・NOX・水銀・ダイオキシン・・・・etc!

私達には富士市の環境が、今のままで良いとは思えません。
しかし多くの市民が今のままで良いと考えているなら、改善される可能性はないと思います。

私達の考えは、偏った考えということなになるのかもしれません。
それでももう少し、環境や健康影響について調べていきたいと思います。



※CO2排出量算出方法

■一日の石炭使用量1,000トン (日本製紙の資料より)
■稼働日数 365日 
(点検等の停止期間5日としました(推定値)。実際は電気の供給は止められないので365日だと思いますが)
■計算式と結果は下記 (計算式に関しては富士市環境総務課に確認済み)

1000トン☓360日☓2.33=838,800 (トン-CO2 )

CO2算出方法-01


[2016/10/31 23:31] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自分の街の少子高齢化、そろそろ気にしてみませんか?
前回の環境問題と関連がある?と思われる、富士市の少子高齢化について調べてみました。
調べると言っても、市が公表している人口統計データを、グラフにしてみただけですが。
特に年齢別人口表を参考にしました。ここから毎年1,4,7,10月における人口のデータを、エクセル形式でダウンロードできます。
各年度4月のデータで比較してみました。(グラフの縦軸は人数で単位は人です)
総人口・世帯数は、毎月のデータが確認できます。(グラフの縦軸は人数で単位は人です)

H28年4月現在、富士市の人口は256,126人です。
(なお9月現在では更に251人減少し、255,875人となっています。)

富士市では年代を、15.歳未満・15~65歳未満・65歳以上に分けたデータも掲載していますので、あわせて表示しました。
H26年度の全国高齢化率は26%なので、平均的状況だと思います。
201604富士市の人口

総人口、年度別減少数

富士市では過去4年間、毎年1,000人以上の人口が減少しています。
静岡県は「2015年転出超過全国ワースト5」なので、この減少傾向は富士市だけではないと思います。
しかし静岡県各市の人口増減率では、平均1.7%に対し、富士市は2.2%と高くなっています。
201604富士市の人口減少推移-2

年代別人口推移

総人口だけでなく年代別の増減数を見ると、少子高齢化の傾向が見えてきます。
15.歳未満・15~65歳未満は毎年減少し、65歳以上は毎年増加しています。
201604富士市の年代別人口増減推移


若者(0~39歳)の人口増減推移

さらに上のグラフの年齢層を絞り、若者の人口推移を見てみます。(若者年齢は勝手に0~39歳にしています)
0~39歳の年齢層は、毎年2,000人以上減少しています。
この年齢層は富士市の現在と未来を背負っている層であり、この層の減少は富士市の発展を考える時、大きな不安材料だと思います。

201604若者人口増減数0-39

富士市の総人口減少規模が毎年約1,000人。
若者が2,000人を超えているが、65歳以上の人口増加が計算上その数を減少させているわけで、まさに少子高齢化が実感できる状況だと思います。

さら20-39歳(オレンジ)のデータを見てください。
毎年約1,500人、減少し続けています。
これは男女合計ですが、女性が約半分を占めます。

この年代は一般的に出産年齢であることを考えた時、この減少に歯止めをかけることの重要性がはっきりしてきます。

富士市の環境問題がこの減少の原因とはいえませんが、少なくとも健康な子供を育てたいと思った時、若いお母さんたちがどのように考えるか?
大きなマイナス要因であることは確かだと思います。


10歳毎の年齢における人口増減数の推移

さらに10歳毎の年齢で見てみました。
人口減少は39歳以下は毎年減少し、40歳代で下げ止まっているようです。
ここからも、高齢化が進んでいることがわかります。
また80歳以上は明らかに女性の増加数が多くなっていて、「女性の方が長生きする」ことを裏付けています。
ただそれは普通に考えて、高齢女性の一人暮らしが増えることでもあり、しっかり対応を考えていかなければならないですね!

0-9富士市人口減少推移
10-19富士市人口減少推移
20-29富士市人口減少推移
30-39富士市人口減少推移
40-49富士市人口減少推移
50-59富士市人口減少推移
60-69富士市人口減少推移
70-79富士市人口減少推移
80-89富士市人口減少推移
90-99富士市人口減少推移
100-109富士市人口減少推移

今回は富士市の少子高齢化を、人口推移のデータから見てみました。

(1).社会福祉制度を支える、若者が減少している。
(2)社会福祉制度を利用する高齢者は、確実に増加している。

この状況はとてもわかり易く、「今のままでは社会福祉制度が破綻する可能性が高い」ということだと思います。
今回の人口統計データから、そんな状況がはっきり見えてきました。

更に追い打ち・・・常葉学園富士キャンパス移転

2018年(H30年)には富士市の「常葉学園富士キャンパス」が、常葉大静岡キャンパスの新校舎となる草薙校舎(仮称:静岡市駿河区弥生町)に移転します。

今年3月の静岡新聞は次のように伝えています。

■常葉大草薙校舎2018年開校 富士は閉校、全面移転
→→http://www.at-s.com/news/article/education/college/221991.html

■<常葉大移転>1000人規模の“流出” 富士市や学生戸惑い
→→http://www.at-s.com/news/article/education/college/221994.html


どの程度の人口減少につながるか不明ですが、2018年4月の人口統計データが恐ろしいですね!





[2016/10/01 20:30] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
富士市石炭火力発電所・・・増設のうわさ???
石炭火力発電所増設の噂を、最近よく耳にします。
まったくの「噂」なのか、「火の無い所に煙は立たぬ」のコトワザ通りなのか、今のところ不明ですが?

9/26(月)知り合いから、「石炭火力発電所の煙が凄すぎる」と連絡をもらいました。
確認すると、たしかに迫力がありました。(下の写真)
20160926-石炭火力-0
煙は水蒸気だけではありません!
気象条件により煙の状態は変化しますが、見え方は別にして、毎日約1,000トンの石炭が燃やされ、その内の約85%が何らかの物質に変化し、大気に放出されている事実に変わりはありません。

残りの約15%は、灰として回収。(濃縮率15%は事業者に確認済み)
その物質の中には、CO2・NOX・SOX・水銀・・・etc、も含まれます。
もし水蒸気だけなら、100mの煙突はいらないですよね!
(詳細内容については公開請求で入手した、事業者の資料でも確認しています)

「基本的に、この考え方に間違えありませんね?」・・・先日念のため、環境部保全課で確認しました。
「間違いありません」ということでした。
このことはぜひ知っておいていただきたいことです。

つまり富士市の工場から排出されている煙は、水蒸気だけではないということです。
もちろん健康影響を考えるとき、有害物質の割合が重要になりますが。
鈴川石炭火力発電所の場合はどうでしょうか?
事業者の説明から有害物質の除去率は、例えば、硫黄酸化物(SOX)75%、窒素酸化物(NOX)50%です。
これ十分だと思いますか?

20160926煙の成分イラス
すべての工場の施設は、法的基準は満たしていると思います。そうでなければ稼働できないはずですから。
問題はその工場の数です。
富士市のサイトで公表されている「富士市の環境(平成28年)」によると、「3 大気汚染防止法および静岡県生活環境の保全等に関する条例による特定施設数」の中の「(1)大気汚染防止法による特定施設数」だけを見ても、740施設となっています。
一つの施設が基準を満足していてもこれだけの数があり、そこから排出される量が合計された時「本当に安全ですか?」ということになります。

この点については総量規制を含め、さらに詳しい説明が必要ですので改めてお知らせします。
いまは富士市の工場から排出されている煙は水蒸気だけでなく、有害物質が含まれていることを知っておいていただきたいと思います。

富士市の大気にフタをする逆転層
富士市の逆転層については、こちらの富士市サイトから「富士スモッグ改善計画書」がダウンロードできます。
(ワード形式です)
ページ数が141ページで、まず見ることはないと思いますが、その中の63~64ページに「富士スモッグ発生機構」として説明されています。以下抜粋です。

「上層は強い西風となっていますが、富士市の東側と西側は山に囲まれているため、下層への影響がほとんどなく、下層大気と上層大気の間に温度逆転層を発生させています。これは、富士市上空を覆う蓋のようになっています。」

つまり汚染物質が含まれる大気に、フタをしている状況です!

地形・気象条件からくるもので、この部分はどうしようもありません。有害物質の量を減らすしかありません。
富士市の話で「不景気の影響で全体の排出量が少し減少し、スモッグが改善されている」ということですが、なんだか寂しい話ですよね!
20160926富士スモッグ逆転層

富士市は工業都市であるため車両の数も多く、排気ガスの影響も考慮しなければなりません。
はじめの煙の説明と合わせて考えた時、本当に富士市の大気大丈夫?と思いませんか。

私達は以前より、市・企業・住民が協力し、まず富士市の大気は汚染されているという現状認識を持ち、工場の燃料転換等を含め、改善していく努力が必要だと訴えています。

石炭火力発電の増設?・・・どこを探せばそのような発想が出てくるんでしょうか?


2016/09/26富士市のある風景
少しモヤの掛かった富士山からは、静かな落ち着いた雰囲気が伝わってきます。
20160926-1

しかし富士山の左下に目を移してください。
そこには工場から吐き出される煙が見えてきます。
20160926-2

少し拡大した風景です。
この風向きだと富士山に向かって傾斜する斜面に、煙が降り注ぎます。地形により、そこに滞留する場所も出てきます。
20160926-3

そこから少し左に目を向けた風景です。
20160926-4

更に左に目を移すと、やはり煙が見えてきます。
20160926-6

もう少し左に目を向けると、沼津方面から来たときの富士市の玄関に、石炭火力発電所が見えてきます。
以前に持ち上がった清水の火力発電所建設計画は、時の知事が「玄関にかまどは作らせない」と言って、建設を阻止した話は有名です。現在の富士市長は、多くの人が賛成している???ことや、市内の環境影響は殆どないということで、火力発電所建設を推進しています。
20160926-石炭火力

その火力発電所の前に、沼川があります。
その川沿いの木の茂みに見える、白い点は何だと思いますか?
20160926-白い点は

シラサギです。
20160926-しらさぎ-1

近くの電線にも、たくさんのシラサギが止まっていました。(これは一部のアップ画像です)
20160926-しらさぎ-2

道路にかかる橋の欄干にも、群れで止まっていました。
20160926-しらさぎ-3

今年の9月から稼働した石炭火力発電所が、このシラサギにどのような影響を及ぼすかわかりませんが、少なくともプラスになることは絶対にないと思います。
沼川をベースにまだ自然が残っている今、地域のまちづくりを考えることは、今の大人の子どもたちに対する責任だと思います!が・・・

いまのところ富士市では、この考えは通用しないようです!

そして石炭火力発電所がもう一つ増えたら、富士市の活性化と喜ぶんでしょうか?



[2016/09/26 13:50] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
映像の力
沖縄では毎日のように、理解できない出来事が繰り広げられている。
しかし私の周りでは、「高江」を知らない人が圧倒的多数!
どうすれば伝えられるか?思い悩んでいましたが・・・

先日その「知らない人たち」に、先入観なしに「標的の村」を見てもらいました。
感想を聞くと、すべての人が胸に響くものを感じたようです。
・怒りを覚えた人!
・でも何をやっても無理なんでしょ!
ひとにより様々な思いはあるにせよ、直前まで知らなかった事実を、知ってもらう大切さを痛感。
言葉では伝えられない事実を伝える、映像の力を感じました。
それでもすぐに何かが起こるわけではないですが、今は少しでも「高江を知らない人たち」に見てもらいたい。
20160919 標的の村
「標的の村」公式サイト→→http://www.qab.co.jp/village-of-target/
「標的の村」YouTunbe→→https://www.youtube.com/watch?v=raJ8vTr8r4c

高江以外にも、山ほどあるこんなこと!→→報道されない「稲田朋美防衛相の白紙領収書問題」
富山市市議の政務活動費不正受給問題や東京都知事問題は大きく取り上げるが、防衛相の問題は取り上げないメディア!

■リテラの記事→→稲田朋美も富山市議と同じ不正を富山市議の不正と同じ手口なのに…テレビはなぜ稲田朋美防衛相の“白紙領収書”問題に一切触れないのか

9月26日から始まる臨時国会!
沖縄問題・稲田問題・その他、国会で議論されればメディアも取り上げると思うので、国会の議論に期待したいですね。
今まで国会議論にはほとんど期待していなかったけど、ここまでメディア報道が抑えられている?と、期待しない訳にはいかないですね。
あとは議員がしっかり取り上げ、追求できるか?それがちょっと気がかり。

このように国民に知らされない情報が多くあることは恐ろしいことですが、国民の無関心がこの状況を加速していると思います。
しかしその国民の無関心さえ、意図的に作られていると思われる現実に、どのように対応すればよいのか?

私の能力ではどうしようもないですが・・・
ここで面倒だからと考えることを放棄すると、無関心のレールに乗ってしまう。
とりあえず沖縄問題を地道に知らせていくこと、国会の議論に注目すること、地元の話題に目を向けること・・・・、考えることを放棄しろという声には、もう少し逆らってみたいと思います。







[2016/09/19 11:25] | 政府・議員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>