富士市石炭火力発電所・・・増設のうわさ???
石炭火力発電所増設の噂を、最近よく耳にします。
まったくの「噂」なのか、「火の無い所に煙は立たぬ」のコトワザ通りなのか、今のところ不明ですが?

9/26(月)知り合いから、「石炭火力発電所の煙が凄すぎる」と連絡をもらいました。
確認すると、たしかに迫力がありました。(下の写真)
20160926-石炭火力-0
煙は水蒸気だけではありません!
気象条件により煙の状態は変化しますが、見え方は別にして、毎日約1,000トンの石炭が燃やされ、その内の約85%が何らかの物質に変化し、大気に放出されている事実に変わりはありません。

残りの約15%は、灰として回収。(濃縮率15%は事業者に確認済み)
その物質の中には、CO2・NOX・SOX・水銀・・・etc、も含まれます。
もし水蒸気だけなら、100mの煙突はいらないですよね!
(詳細内容については公開請求で入手した、事業者の資料でも確認しています)

「基本的に、この考え方に間違えありませんね?」・・・先日念のため、環境部保全課で確認しました。
「間違いありません」ということでした。
このことはぜひ知っておいていただきたいことです。

つまり富士市の工場から排出されている煙は、水蒸気だけではないということです。
もちろん健康影響を考えるとき、有害物質の割合が重要になりますが。
鈴川石炭火力発電所の場合はどうでしょうか?
事業者の説明から有害物質の除去率は、例えば、硫黄酸化物(SOX)75%、窒素酸化物(NOX)50%です。
これ十分だと思いますか?

20160926煙の成分イラス
すべての工場の施設は、法的基準は満たしていると思います。そうでなければ稼働できないはずですから。
問題はその工場の数です。
富士市のサイトで公表されている「富士市の環境(平成28年)」によると、「3 大気汚染防止法および静岡県生活環境の保全等に関する条例による特定施設数」の中の「(1)大気汚染防止法による特定施設数」だけを見ても、740施設となっています。
一つの施設が基準を満足していてもこれだけの数があり、そこから排出される量が合計された時「本当に安全ですか?」ということになります。

この点については総量規制を含め、さらに詳しい説明が必要ですので改めてお知らせします。
いまは富士市の工場から排出されている煙は水蒸気だけでなく、有害物質が含まれていることを知っておいていただきたいと思います。

富士市の大気にフタをする逆転層
富士市の逆転層については、こちらの富士市サイトから「富士スモッグ改善計画書」がダウンロードできます。
(ワード形式です)
ページ数が141ページで、まず見ることはないと思いますが、その中の63~64ページに「富士スモッグ発生機構」として説明されています。以下抜粋です。

「上層は強い西風となっていますが、富士市の東側と西側は山に囲まれているため、下層への影響がほとんどなく、下層大気と上層大気の間に温度逆転層を発生させています。これは、富士市上空を覆う蓋のようになっています。」

つまり汚染物質が含まれる大気に、フタをしている状況です!

地形・気象条件からくるもので、この部分はどうしようもありません。有害物質の量を減らすしかありません。
富士市の話で「不景気の影響で全体の排出量が少し減少し、スモッグが改善されている」ということですが、なんだか寂しい話ですよね!
20160926富士スモッグ逆転層

富士市は工業都市であるため車両の数も多く、排気ガスの影響も考慮しなければなりません。
はじめの煙の説明と合わせて考えた時、本当に富士市の大気大丈夫?と思いませんか。

私達は以前より、市・企業・住民が協力し、まず富士市の大気は汚染されているという現状認識を持ち、工場の燃料転換等を含め、改善していく努力が必要だと訴えています。

石炭火力発電の増設?・・・どこを探せばそのような発想が出てくるんでしょうか?


2016/09/26富士市のある風景
少しモヤの掛かった富士山からは、静かな落ち着いた雰囲気が伝わってきます。
20160926-1

しかし富士山の左下に目を移してください。
そこには工場から吐き出される煙が見えてきます。
20160926-2

少し拡大した風景です。
この風向きだと富士山に向かって傾斜する斜面に、煙が降り注ぎます。地形により、そこに滞留する場所も出てきます。
20160926-3

そこから少し左に目を向けた風景です。
20160926-4

更に左に目を移すと、やはり煙が見えてきます。
20160926-6

もう少し左に目を向けると、沼津方面から来たときの富士市の玄関に、石炭火力発電所が見えてきます。
以前に持ち上がった清水の火力発電所建設計画は、時の知事が「玄関にかまどは作らせない」と言って、建設を阻止した話は有名です。現在の富士市長は、多くの人が賛成している???ことや、市内の環境影響は殆どないということで、火力発電所建設を推進しています。
20160926-石炭火力

その火力発電所の前に、沼川があります。
その川沿いの木の茂みに見える、白い点は何だと思いますか?
20160926-白い点は

シラサギです。
20160926-しらさぎ-1

近くの電線にも、たくさんのシラサギが止まっていました。(これは一部のアップ画像です)
20160926-しらさぎ-2

道路にかかる橋の欄干にも、群れで止まっていました。
20160926-しらさぎ-3

今年の9月から稼働した石炭火力発電所が、このシラサギにどのような影響を及ぼすかわかりませんが、少なくともプラスになることは絶対にないと思います。
沼川をベースにまだ自然が残っている今、地域のまちづくりを考えることは、今の大人の子どもたちに対する責任だと思います!が・・・

いまのところ富士市では、この考えは通用しないようです!

そして石炭火力発電所がもう一つ増えたら、富士市の活性化と喜ぶんでしょうか?



スポンサーサイト
[2016/09/26 13:50] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
映像の力
沖縄では毎日のように、理解できない出来事が繰り広げられている。
しかし私の周りでは、「高江」を知らない人が圧倒的多数!
どうすれば伝えられるか?思い悩んでいましたが・・・

先日その「知らない人たち」に、先入観なしに「標的の村」を見てもらいました。
感想を聞くと、すべての人が胸に響くものを感じたようです。
・怒りを覚えた人!
・でも何をやっても無理なんでしょ!
ひとにより様々な思いはあるにせよ、直前まで知らなかった事実を、知ってもらう大切さを痛感。
言葉では伝えられない事実を伝える、映像の力を感じました。
それでもすぐに何かが起こるわけではないですが、今は少しでも「高江を知らない人たち」に見てもらいたい。
20160919 標的の村
「標的の村」公式サイト→→http://www.qab.co.jp/village-of-target/
「標的の村」YouTunbe→→https://www.youtube.com/watch?v=raJ8vTr8r4c

高江以外にも、山ほどあるこんなこと!→→報道されない「稲田朋美防衛相の白紙領収書問題」
富山市市議の政務活動費不正受給問題や東京都知事問題は大きく取り上げるが、防衛相の問題は取り上げないメディア!

■リテラの記事→→稲田朋美も富山市議と同じ不正を富山市議の不正と同じ手口なのに…テレビはなぜ稲田朋美防衛相の“白紙領収書”問題に一切触れないのか

9月26日から始まる臨時国会!
沖縄問題・稲田問題・その他、国会で議論されればメディアも取り上げると思うので、国会の議論に期待したいですね。
今まで国会議論にはほとんど期待していなかったけど、ここまでメディア報道が抑えられている?と、期待しない訳にはいかないですね。
あとは議員がしっかり取り上げ、追求できるか?それがちょっと気がかり。

このように国民に知らされない情報が多くあることは恐ろしいことですが、国民の無関心がこの状況を加速していると思います。
しかしその国民の無関心さえ、意図的に作られていると思われる現実に、どのように対応すればよいのか?

私の能力ではどうしようもないですが・・・
ここで面倒だからと考えることを放棄すると、無関心のレールに乗ってしまう。
とりあえず沖縄問題を地道に知らせていくこと、国会の議論に注目すること、地元の話題に目を向けること・・・・、考えることを放棄しろという声には、もう少し逆らってみたいと思います。







[2016/09/19 11:25] | 政府・議員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
沖縄東村高江の現状/富士市鈴川石炭火力発電所正式稼働
報告が遅れましたが、8/31「静岡・沖縄を語る会」の高江緊急報告集会が行われました。
実際に現地行動に参加している事務局長の話は、とてもわかりやすく、もしこのまま工事が進むとしたら「民主主義の崩壊」が実際に起こることを実感しました。

20160831高江報告会-2

例えば各地で行われる、行政による事業。
それが住民にとって不安が大きな事業であり、中止して欲しいという民意が多数でも、説明もなく権力の力で推し進められてしまうことを容認することになるからです。

報告会の内容を、正確にブログで伝える自信がありません。
遠くから眺めているだけの私に、今は、現地の方たちの思いを十分理解し、起こっている事実の善悪の判断が、正確にできないからです。
常識の範囲を超えた出来事が、毎日・毎日・繰り返し起こっているように思います。

今の高江の状況は、以下の記事が伝えている内容がわかりやすいと思います。

■朝日新聞社説(9/4)・・・沖縄ヘリ施設 政府の強引さ目に余る

http://www.asahi.com/paper/editorial2.html?iref=comtop_shasetsu_02

■金平茂紀の新・ワジワジー通信(9/2)・・・辺野古・高江、目覆う無法状態 「傍観」が助長 司法機能せず

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60310

■TBSニュース(9/3)・・・沖縄でヘリパッド本格工事着手、反対派は抗議集会

「やんばるの森」破壊の現実!
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2860160.html

肝心なことは、少なくとも事実を目にし、疑問に感じている私達が、その事実を知らない人に伝えることだと思います。富士市では何ができるか?
静岡・沖縄を語る会の方と相談し、できれば講演会を開きたいと考えています。

■「静岡・沖縄を語る会」の内容・連絡先はこちらをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/okinawakataru

石炭火力発電所正式稼働
9/1、富士市鈴川石炭火力発電所の正式稼働が始まりました。
これは合法的に行われたとは言え、多くの富士市民は本当に歓迎しているんだろうか?
これはできれば調べてみたいと思います。
「稼働したから仕方がない」、などということもないはずです。
疑問があれば、確認は継続しておこなってまいります。

この事実を伝えた報道は、本日まで朝日新聞一社だけ。(9/2朝刊)
しかしこの記事を見た方からは、怒りの声も聞こえています。

その内容は

1.効率の低い「亜臨界圧」という発電技術である

これは事業者自ら説明している、SOX75%、NOX50%という低い除去率からもうなずけます。

2.公的チェックを受けずに計画が進められた(アセスのがれ?の問題)

稼働前に一切の公的チェックを受けいていないことは、私達も静岡県・富士市で確認しています。

この記事にも事業者は県・市に対し、自主アセス結果を口頭で説明したとしています。

富士市環境保全課は
「自主アセスの結果、環境への影響は少ないという報告は受けた。数値は聞いていない」
と報道されています。

私達が富士市環境部に確認している事実も・・・、
稼働前に排出ガスのチェックは行いません。
試験稼働時もチェックしません。
稼働した今もチェックすることはありません。

要するにすべて事業者の口頭説明だけで、計画が進み、実際に稼働しています。
これが法的枠組みの現実であり、富士市の環境汚染に対する考え方だと思います。

しかい直近でも今まで見たことがない迷走台風により、東北・北海道で大きな被害が出ています。
これが温暖化によるものかどうかは定かではないですが、無関係とは考えづらいです。
世界中で発生している異常気象も、温暖化に無縁ではないはずです。
やはり温室効果ガスの削減に努力することが、正常な行政の姿勢ではないでしょうか?
しかし富士市では、確実に温室効果ガスの排出量が大幅に増加する石炭火力発電所の稼働には、まったく興味が無いのでしょうか?

先日もCO2の排出量を教えていただこうと、環境部(保全課・総務課)を訪問しましたが、「わからない」ということでした。
一瞬耳を疑いましたが富士市の環境部では、その数値を知る必要が無いということのようです?

地元紙である、静岡新聞・富士ニュースにも掲載されていないようです。
工業都市や工場夜景をアピールしている富士市です。
なぜ富士市の玄関に建設された、県内初の石炭火力発電所をアピールしないのか?不思議に思いませんか。

20160905 玄関の風景
※沼津方面より見た富士市の玄関風景(9/5)。一番手前に石炭火力発電所が見えてきます。

石炭火力発電所に関しては、いままで市に確認したことを含め整理しています。
これからも事実関係を報告していきたいと思います。









[2016/09/04 11:44] | 政府・議員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
原子力規制委員会と伊方原発再稼動
本日(8/30)の毎日新聞記事。 
原発の基準地震動というなんだか難しそうなタイトルですが、これが読んでみるととてもわかりやすい!
今後、原発の議論には大切だと思うので、忘れないように書き出しておきます。

記事のタイトル・・・<原発・基準地震動>使用回避の計算法、継続の規制委に異議
全文は→→こちらをご覧ください。

とてもわかりやすいと感じた記載は、次の2ヶ所の記載です。赤字は私の感じたこと。


原子力規制委員会が原発の基準地震動で採用する計算方式に、その「開発元」である政府の地震調査委員会メンバーが疑問符をつけた。
基準地震動は、原発が想定し、耐えるべき最大の揺れで耐震設計の根幹だ。規制委は調査委の指摘を機に、その決め方を見直すべきだ。


原子力規制委員会が原発の安全性の審査に採用している計算式。
その計算式を開発した政府のメーンバーが「その計算式を使うことに疑問がある」と言っている。
常識的にはこの場合、少なくてもその意見に耳を傾け再検討するはず!
しかもそれは耐震設計の根幹をなす計算式である。
それを「見直す必要はない」、と主張している原子力規制委員会。
これは普通の常識ではあり得ないこと!



規制委は現行の計算方式を使い続ける方針。
だが地震動の専門家がいない規制委が、専門家ぞろいの調査委側の意見を聞かず、改良された方式を却下するのは無理がある。


原子力規制委員会には地震動の専門家がいない。
地震動の専門家揃いの政府地震調査委員会。
その専門集団の意見を聞かないなどということは、まともな世界ではあり得ない。


伊方原発再稼動

次の動画は、NNNドキュメント「避難計画で原発やめました」。
8/12に再稼働された伊方原発と似た状況にあるアメリカの原発との比較を中心に、とてもわかりやすい内容です。
(これは伊方原発再稼動前に制作されたものです。)
20160830避難計画で原発やめました
※こちらのサイトです→→https://www.youtube.com/watch?v=E3OYdsFty9M

このアメリカの原発は、完成したが住民多数の反対により、一度も稼働させることなく廃炉になりました。
廃炉の理由は、避難できない住民が出てしまうから!
しかも廃炉費用に関しては、住民も負担することに同意ています。

伊方原発は更に厳しい状況にもかかわらず、取り残される可能性が高い約5000人の住民から反対の声が出ない日本。さらに補助金頼みの自治体。
そして私には到底理解できない理由で、再稼働を容認する愛媛県の中村時広知事。

これに対する鹿児島県の三反園訓知事

この二人の知事のどちらを支持するかといえば、これも議論の余地はないと思っています。




[2016/08/30 19:35] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
富士市鈴川石炭火力発電所の石炭搬送ルート変更について
港の石炭ヤードから火力発電所への石炭搬入ルートは住民への影響を考え、当初の説明では鈴川沿いの道路は使わないということでした。それが変更になったようなので、調べて欲しいと要望がありました。
先日、富士市で確認したところ、間違いないということでしたのでお知らせします。
(地図はクリックで拡大します)
20160806搬入ルート

この沼川沿いの道路は吉原駅が近く、住民の方はとても不安で「他のルートにして欲しい」と訴えていました。一旦はルート変更しますということで「ホッ」としたようですが、最終的にこのルートになり、どんな思いでしょうか?

車両は下記のような、石炭粉塵防止用のカバー付きダンプカーになるという説明です。

こんな感じです

これで粉塵の飛散が防げるかどうか?若干不安はありますが。
20160806 石炭運搬車両-カバー付

これはカバーがかかっていない状態

今回船から石炭ヤードへの搬入の場面を見ることができましたが、その際はカバーは被せていませんでした。距離が短いことと、搬送台数がとても多く、カバーをかけている余裕はないと思います。
20160806石炭搬送トラック-blue

沼川沿い道路を12t車が一日75台(往復150台)走行します
.もし8時間でこの台数が通過するとなると、数分に一台は通っていることになります。

下の写真のように沼川沿いの道路を石炭火力発電所に向かい、多数のダンプが通過することになります。
車の排気ガス・石炭の粉塵・騒音・振動などが、当然予想されます。
朝夕ラッシュ時の混雑や事故の心配などについても、住民の方たちは心配しています。

20160804 石炭1-900

今回たまたま、船から石炭ヤードまでの運搬の様子を見ることができました。
あまり見かけない風景だったので、参考までにお知らせします。
間違いがありましたら、指摘してください。

船から石炭ヤードへ
日本製紙の資料から、石炭ヤードの貯蔵量は45,000トンだということです。
田子の浦港は45,000トンクラスの船舶の入港が可能だということなので、おそらく年8回位船が入ってくると思います。発電所の一日の石炭使用料900トンからしても、だいたいそのくらいだと思います。

少し漫画的ですが、下図の赤いルートをダンプカーがピストン輸送していました。

20160806船からヤードへ
ここで疑問に思ったことがあります。
もし船で45,000トンの石炭を運んでくるとしたら、12t車では何回石炭ヤードに運べばよいか?
単純計算では3750台!
今度確認してみますが、どのくらいの時間かかるんでしょうか?

船からダンプへ
今回確認できたのは、船の前方からのアングルです。船からは2台のクレーンで石炭をおろし(①)、待機しているダンプ(②)に積み込んでいました。ほぼ平行して2台のダンプに積み込む状況です。
終わるとすぐダンプは発車し、石炭ヤードに向かいます。次々にダンプが到着し、まさにピストン輸送でした。

20160806船からトラック

石炭ヤードでは
船から積み込んだ石炭が次々と運び込まれ、降ろされ、また船に向かって行きました。

20160806石炭ヤードの風景

石炭ヤード
交差点角に位置しています。周辺にあるのは飛散防止ネットだということですが、これで細かい粉塵が防止できるんでしょうか?また飛散防止のため常時散水をするということでしたが、現在まで散水の様子は確認できていません。
20160806石炭ヤードの写真

石炭火力発電所は、石炭が火力発電所に到着するまででも、相当な労力を要すること。
そのために船や車両からだけでも、多くの大気汚染物質が排出されるという事実。

もし発電所が本格稼働すれば、そこから膨大な量の排出ガスが放出されます。

更に今回取り上げていませんが、石炭の燃えカスなどの廃棄物や排水に関しても相当な量になります。
これらについても、今後詳しく調べる必要があると思います。

いずれにしろ富士市の環境が叫ぶことができたら、悲鳴を上げることは間違いないと思います。
どうしてこれで富士市の活性化に繋がるのか?
まったく想像もできません!






[2016/08/06 13:50] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>