スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
高浜原発4号機再稼働 地元の反対(静岡新聞)
5/21静岡新聞は高浜原発関連で、「原発地元 異例の「反対」というタイトルの記事が掲載されました。

20170521-静岡-原発地元異例

これより先5/12の静岡新聞では、「浜岡原発の再稼働、揺れる民意・・・」のタイトルで、御前崎市で実施した市民アンケートで「賛成」が「反対」を上回った調査結果を掲載しました。→→こちら

今回は高浜原発に関する記事ですが、当然浜岡原発を意識したもので、地元の民意の影響力の大きさを伝えたものだと思います。
そして御前崎市民の中にも、浜岡原発再稼働に反対する多くの市民がいることが明らかになりつつあります。

浜岡原発再稼働について、御前崎市の民意が反対多数を示せば稼働することは出来ません。
また、牧之原市、掛川、菊川の近隣3市が反対多数を示しても、再稼働は難しいと思います。

そのため中部電力は、当初からこの地区に対し積極的なアプローチを展開し、再稼働を推進しています。
推進する側がこの地区の賛成多数を得るため、あらゆる手段をもって対応することは当然だと思います。

全国で原発再稼働が続く中、多くの反対する人達がそのリスクを伝え、避難計画の不備を追求するなど、様々な活動を実施してきました。どれもが住民にとって、わかりやすいものであり、正論であると思います。
またそれらの多くの活動は必要不可欠であり、それが活動の原点だということは間違いありません。

しかし残念ながらその住民の訴えが広く受け入れられ、多数の民意につながっているだろうか?
それらの声が、電力会社や、行政側に届き、再稼働が止まったことがあっただろうか?
結果は明らかで、だから再稼働が続いています。

浜岡原発再稼働阻止のためには、その事実にしっかり目を向けることが、今求められていると思います。



スポンサーサイト
[2017/05/21 21:25] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
浜岡原発の再稼働、揺れる民意(静岡新聞)
5/12の静岡新聞に「浜岡原発の再稼働、揺れる民意 全炉停止6年で市民アンケート」が掲載されました。
その結果は、再稼働反対が再稼働賛成を上回る結果でした。

20170512 静岡 浜岡原発再稼働賛否 御前崎市

■静岡新聞の記事
こちら→→http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hamaoka/358260.html

知り合いが教えてくれたのですぐ、半信半疑の思いで調べたら、上記記事が確認できました。
原発立地の御前崎市は、何があっても賛成が多いはずだと思い込んでいたので、凄いことだと思いました。

これも福島原発の現状を諦めず・繰り返し伝えている活動や、再稼働のリスクを伝える地道な活動が、莫大な資金を投入して行われている中部電力のTVコマーシャルや、行政側の納得できないアナウンスを追い越したのだと思うと、なんとも素晴らしいことだと思います。

もちろんこれは1つの調査結果で、当然、中電は更に再稼働に向けて力を入れてくると思うので、これを機会に反対する県民の結束を強めていくことが全てだと思います。




[2017/05/12 14:45] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
原子力規制委員会と伊方原発再稼動
本日(8/30)の毎日新聞記事。 
原発の基準地震動というなんだか難しそうなタイトルですが、これが読んでみるととてもわかりやすい!
今後、原発の議論には大切だと思うので、忘れないように書き出しておきます。

記事のタイトル・・・<原発・基準地震動>使用回避の計算法、継続の規制委に異議
全文は→→こちらをご覧ください。

とてもわかりやすいと感じた記載は、次の2ヶ所の記載です。赤字は私の感じたこと。


原子力規制委員会が原発の基準地震動で採用する計算方式に、その「開発元」である政府の地震調査委員会メンバーが疑問符をつけた。
基準地震動は、原発が想定し、耐えるべき最大の揺れで耐震設計の根幹だ。規制委は調査委の指摘を機に、その決め方を見直すべきだ。


原子力規制委員会が原発の安全性の審査に採用している計算式。
その計算式を開発した政府のメーンバーが「その計算式を使うことに疑問がある」と言っている。
常識的にはこの場合、少なくてもその意見に耳を傾け再検討するはず!
しかもそれは耐震設計の根幹をなす計算式である。
それを「見直す必要はない」、と主張している原子力規制委員会。
これは普通の常識ではあり得ないこと!



規制委は現行の計算方式を使い続ける方針。
だが地震動の専門家がいない規制委が、専門家ぞろいの調査委側の意見を聞かず、改良された方式を却下するのは無理がある。


原子力規制委員会には地震動の専門家がいない。
地震動の専門家揃いの政府地震調査委員会。
その専門集団の意見を聞かないなどということは、まともな世界ではあり得ない。


伊方原発再稼動

次の動画は、NNNドキュメント「避難計画で原発やめました」。
8/12に再稼働された伊方原発と似た状況にあるアメリカの原発との比較を中心に、とてもわかりやすい内容です。
(これは伊方原発再稼動前に制作されたものです。)
20160830避難計画で原発やめました
※こちらのサイトです→→https://www.youtube.com/watch?v=E3OYdsFty9M

このアメリカの原発は、完成したが住民多数の反対により、一度も稼働させることなく廃炉になりました。
廃炉の理由は、避難できない住民が出てしまうから!
しかも廃炉費用に関しては、住民も負担することに同意ています。

伊方原発は更に厳しい状況にもかかわらず、取り残される可能性が高い約5000人の住民から反対の声が出ない日本。さらに補助金頼みの自治体。
そして私には到底理解できない理由で、再稼働を容認する愛媛県の中村時広知事。

これに対する鹿児島県の三反園訓知事

この二人の知事のどちらを支持するかといえば、これも議論の余地はないと思っています。




[2016/08/30 19:35] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
高浜原発1・2号機 40年超の運転延長 認可の違和感
高浜原発3・4号機、燃料棒取り出しのニュースに続き、高浜原発1・2号機 40年超の運転延長 認可の報道。
この相反する出来事が同じ高浜原発で起こっているわけで、とてもおかしな状態ですよね!

高浜原発1.2.3.4号機の位置関係と直近の出来事を重ねてみました。
2016062MAPで見る高浜原発

少なくとも大津地裁の考え方からすれば、原子炉を揺らす加振試験をやらずに、40年使用した原発の稼働を許可するなんてありえないと思います。
これは「なにがなんでも来月7日の期限までに許可する方針」と考えるのが普通の考え。
こちらの「東洋経済online」でも、同様の見解が掲載されています。

福島第一原発事故を経験した日本で、こんな状態で原発の再稼働が決定されて良いだろうか?
疑問だらけの日本の原子力政策!
明らかに国民より経済界を見ている安倍政権!

言いたいことは山ほどあるけど、まず参院選できちっと意思を伝えましょう!


[2016/06/21 14:39] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<高浜原発>核燃料棒取り出しへ 運転停止長期化と判断
本日(6/17)「高浜原発再稼働認めず」の大津地裁判断第一報に続き、燃料棒取り出しのニュース。
関電が「停止期間が長期化すると判断したため」とのことです。

巨大な原子力村と真正面から向き合い、そして下した大津地裁の判断!
民意を無視し、強引に推し進めた安倍政権に対し一歩も引かず、今年3/4「辺野古基地移設工事」を中止に追い込んだ「ALL沖縄」・・・どちらも簡単に言葉にできないくらい、素晴らしい出来事だと思います。

これらの事実にもう一度目を向け、今度は我々が何をすべきか?
気を取り直して考えていきたいと思います。

※毎日新聞記事こちら→→

※福井新聞記事こちら→→



[2016/06/17 21:04] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。