スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
浜松市の状況
9月中に判断するようですが・・・。
自治会から説明会の延期の申出?9月の地元説明会までに、職員が個別で住民に説明する?
少しわかりづらい状況です。


浜松市長「9月末に結論」 震災がれき広域処理

静岡新聞/(2012/8/31 08:25)

 岩手県大槌・山田両町で発生した震災がれきの広域処理問題について、浜松市の鈴木康友市長は30日の定例記者会見で、9月末までに本格受け入れに踏み切るか、断念するかを最終判断する方針を明らかにした。
 震災がれきの広域処理は、焼却灰の埋め立て先に見込む市平和最終処分場の地元・平松町自治会からの合意が依然として得られていない。鈴木市長は「安全性は自信を持っている。引き続き丁寧に対応したい」と述べた。受け入れ断念の可能性については「仮定では言えない」と答えた。
 市はこれまでに2回、同町自治会への説明会を実施した。8月28日には市長も同席して説明会を開催する予定だったが、自治会から「延期してほしい」との申し出があった。
 9月の地元説明会までに、職員が個別で住民に説明する予定。鈴木市長は9月中旬以降に開催する地元住民の説明会に同席する。


ご参考までに・・・

8/26海野議員(富士市議会議員)の報告会がありました。

多様な内容で知らないことも多く勉強になりましたが、その中でガレキの事にも触れていました。
海野議員の意見は、次の通りです。

「現時点で最終処分場地区委員会の反対で、震災ガレキについては先が見えない状態です。ただしこれが全てと言うわけではなく、焼却したあと焼却灰は国に返却すれば良い。」
(多少文言の違いはあるかもしれませんが、内容は間違いないはずです)

これには少し驚きました。
海野議員は「緑の防潮堤」などを推奨していたと思いましたが?
焼却までは良いという事のようです。
まさか富士市は、こんなことを考えていないと思いますが?

せめて、市と市民が取り交わした確認書があることを知りながら、それを無視して進めた富士市に対して、何らかの質問はしていただきたかったと思います。
また確認書のことを知らなかったとしても、全会一致で試験焼却を承認した市議会は、まったく責任はないのでしょうか?
そして試験焼却まで税金を投入し実施しましたが、これは問題がなかったでしょうか?
今焼却灰はクリーンセンターに放置されたままで、処理の予定も立っていません。
この状態もまったく問題がないと言う事でしょうか?

民間企業なら、とっくに責任問題になっていることですが!

スポンサーサイト
[2012/08/31 12:57] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。