静岡県富士市の放射線について市役所で聞きました
静岡県のモニタリングポストは4箇所しかなく(浜岡原発周辺は除いて)、富士市の放射線量が皆目わからないので市役所で確認しました。
結果としてお役に立てませんでした。

質問項目は次の通りです。

1.市内の放射線測定地点は?・・・なし 
※但し、市役所に1カ所設置予定だそうです。時期未定ですが。

2.土壌の放射線測定地点は?・・・なし 

3.汚泥・焼却灰の放射線の測定?・・・していない 
※但し、富士市の下水は東京などと異なり、雨水が浸入しない方式なので大丈夫だと思います。
また水道水が地下水で毎週検査しているが放射性物質は検出されていないので、安心してくださいとのことでした。(6月から隔週検査にするそうです)

4.他県の汚染廃棄物処理の受入?・・・現在は受け入れていない模様 

5.放射性ヨウ素の対策としてヨウ素剤の準備は?・・・ある  
※市立中央病院に。但し数量不明で十分ではない感じ。

6.給食に汚染地区の食材を使用しているか?・・・不明 
※学校単位の発注。但し、原則は地産地消で不足したときは県内で調達、それでも足りない時は県外になると思うが学校の判断なので不明。
但し、全ての学校で使用食材の産地データはあるはずですと言うことでした。

7.給食の牛乳は?・・・100%県内産 
※自信があるようでした。但し、生産者は放射汚染のチェックはしていないそうです。

8.貸出用ポケット線量系は?・・・なし。予定もなし。 

※話をお聞きした部署: 環境保全課/防災危機管理課/学校教育課

皆さん親切に答えてくれましたが、結局放射線量は不明でした。
今回は成果が得られずすみませんでした。
なお質問書は参考までにこちらへ→
スポンサーサイト
[2011/06/08 21:02] | 市内放射線量 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<「風評被害にだまされるな」イラスト・ポスター募集中 | ホーム | 外部被曝と内部被曝>>
コメント
富士市役所にモニタリングポスト設置したそうですね。働き掛けて頂き有難うございました。しかし、試験焼却をしたくて1千万円で設置したのかもしれません。気を抜かぬように見守っていきましょう。
富士市は駅が小さく、瓦礫の貨物が来れば、高校生などの乗降客や住宅にも影響があると思います。
私個人ですが、瓦礫を置いた東静岡駅を通る時にマスクをしていたのにドアが開いてしばらくして喉が痛くなりました。
やはり少量でも短時間でもそこに置けば影響があると思われます。特に若い人には。(私は若くないですが過敏な体質なので)
[2012/02/28 12:27] URL | チェルノブイリハート #mQop/nM. [ 編集 ]
チェルノブイリハートさん

モニタリングポストは昨年春頃から計画していたもので、昨年中に設置予定と聞いていましたが、今になったのは推察の通りかもしれません。今となっては、みんなで使える食品検査装置を設置して欲しかったと思いますが。

「がれき」に関しては、莫大な無駄遣いで被災地の役にたつとも思えませんが、富士市民の賛成が多ければすんなり受入になると思います。
富士市の場合は今でも電気集塵装置を使用した焼却炉ですので、ダイオキシンを含め放射性物質もだいぶ大気に放出されていると思います。(ダイオキシンは富士宮市や静岡市の何十倍も放出されています。富士市・富士宮市のHPより)

個人的には、子供たちの将来が心配ですし、まったく愚かな話だと思っています。
[2012/02/28 16:52] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/12-2213d5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |