伝わらない事実-1
次の写真左は、宮城県石巻市の山積みされた「ガレキ」です。
環境省が5,000万円近くかけ、朝日新聞に掲載した全面広告の写真です。
この広告の情報だけでこれを見れば、何とかしなければ復興は進まないと思うのは当然です。

右の写真は、宮城県女川町の最近の写真です。
危機管理ジャーナリスト新井哉氏が、実際に現地に行って撮影したものです。
新井氏は現地の状況を次のように伝えています。
「道路にも、商業地にもガレキはなく、全て撤去されています。」(画像クリックしてご覧ください)
詳しくはこちらの動画を→→

■山積みされたがれきの山(石巻市)
朝日全面広告
■整然とガレキが撤去された風景(女川町)
女川町の風景


これはどういうことでしょうか?
もちろん両方とも今の風景です。

結局、現地ではほとんどのガレキは、仮置き場に撤去されているという事です。
したがって左のがれきの山は、人家の周辺にあるのではなく、仮置き場に運ばれているがれきの山という事が真相のようです。

女川町はガレキが撤去されているのに何も立っていませんが、これは政府が処理の費用分担の指針を示さないから、地元の復興ができないと言う事です。
以前、気仙沼市の建物が撤去された土地に何も建っていないのは、国が買い取り価格などを示してくれないため、売りたくても売れない、高台に移転したくても出来ないという話を聞きました。
(気仙沼選出の小野寺議員の発言)
これではガレキがあるから復興できないのではなく、政府の対応に問題があるということになります。

もし朝日新聞の全面広告しか知らなかった人が、女川町や気仙沼の話を聞いたらどう思うのでしょうか?
これは政府が貴重な税金を使い、情報操作をしていると言われても仕方がないと思います。
※環境総合研究所/青山貞一氏と池田こみち氏の対談でこの件について(46分頃~)→→
新井氏が仙台市に確認したところ、市では仮設焼却場1基を3ヶ月で建設したそうです!
以前、住民説明会で住民の「現地に焼却炉を建設して焼却すべきでは?」と言う質問に、政府はとても時間がかかり間に合わないと説明していましたが、3ヶ月で出来るならその話もおかしなことになってきます。
私達もまさか3ヶ月で出来ることは、知りませんでした。
仮設焼却炉

ただこの中でも規制等で縛られ、中々スピーディーにことが進まない現実があることも説明されていました。
昨年来、陸前高田市長が話していたことが、事実であったことがわかりました。
このような歴史上かつてない災害時に政治決断をしなければ、政治決断などする時があるんでしょうか?

結局、この一年間で数パーセントしか「ガレキの処理」が進んでいないのは、これらの政府の対応に起因する複合的な原因であり、20%程度の「災害廃棄物の広域処理」が進まないからではない可能性が高いと思います。

私達は日々の生活に追われ、とても被災地まで出向いてその情報を確認する事は出来ません。
3.11以降、多くの偏った情報が流され続けたため、国民は政府を信じたくても信じることが出来なくなっています。
そのような状況の中で行った政府の全面広告は、本当に残念としか言いようがありません!

スポンサーサイト
[2012/03/28 11:39] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<伝わらない事実-2 | ホーム | なぜこんなに違うのか?>>
コメント
いつも情報をありがとうございます

その5千万で他のことができたのでは・・・

仮設というのは仮というくらいですから、規模としては小さいのでしょうが、広告費に40億かけるならそれでどれだけのがれきが片付けられたかと思うと・・・

なんだかなぁ・・・

トップダウンでやるには遅いし決断もしないし責任とらないし、
地方分権といって責任を回避して混乱させているだけだし、
地方は地方で議論せずに国の方針がと、これまた責任から逃れようと・・・

決めた人が責任をとる

これが今の日本はできていない

誰のための政治なのか・・・
何のために政治家になったのか・・・

一般の会社員が言っても何の説得力もありませんが、最終的に子供の未来を守るのは親ですから、今後もテレビ・新聞・ネットから情報を得て自分で判断しなければと思います。

これからもよろしくお願いいたします
[2012/03/29 13:35] URL | 静岡県民 #- [ 編集 ]
静岡県民さん

こちらこそ、いつもありがとうございます。
市民が日常生活を抱えながらできる事は、ほんの小さな事だと思います。
今はまずマスメディアからしか情報を得ていない人に、それ以外の情報を知ってもらうことが必要だと考えています。
しかしこれがこれほど重要で、そして大変な事だとは知りませんでした。
でも今はそれを積み重ねていこうと思っています。
政治家は次の選挙で変えることを、日常的には同じ思いの仲間が増えることを目指したいと思います。
[2012/03/29 17:28] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/128-169c0efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |