試験焼却説明会の開催要望に対する回答
試験焼却実施に伴う指定地区以外の市民に対する、説明会の要望書を提出しましたが、昨日回答を受取りました。答は残念なものでした。
(連休のためか入手が遅れました)
富士市環境部の見解として試験焼却の説明会は、その影響が考えられる6地区で行ったと言うことですが、なぜその地区だけが影響があるのか説明はありません。
風向きその他で影響のある地区を特定する事など出来ないと思います。
また影響が考えられるなら、なぜ住民に徹底的に周知させる方法をとらず、町内会長等の役員やHPに掲載するだけの方法しかとらなかったのでしょうか。
回覧板・広報ふじ・同報無線など、いくらでも周知する方法はあったと思います。

説明会回答


この富士市環境部の回答は納得できるものではありませんので、富士市長宛に次の質問状を提出させていただきました。(5/7)
富士市長宛質問状→→

回答については結果が届き次第、公表させていただきます。
まだまだこれからです!
私達はこのような富士市の方針に接した時、何も声を出さず黙認することが、どうしても正しい姿勢とは思えません。
原発事故により大変な負の遺産を子供達に残してしまった、その責任の一端は今の大人にもあると思います。
今、目の前で起こっている試験焼却説明会の、理解する事が出来ない状況。
「自分には関係ない・・・」と思うことは簡単ですが、その結果があのような大事故につながったと思います。

こんな富士市、私達は変えたい、変えなければと思っています!

初めてです!
富士市議の中でただ1人、ガレキについて明確に次のように述べています。
ぜひご覧ください!

被災がれきの現地での活用方法が打ち出されことを受け、「放射能汚染拡大の不安とは全く別の次元から広域処理は凍結すべき。地方は、それを国に向けて主張すべきだ」、自分は、そう考えています。

こちら5/1のブログです→→

私達の会の面会要求にも、すぐに応じていただけました。
来週お会いし、話をお聞きする事になっています。
もちろん結果はご報告いたします。

スポンサーサイト
[2012/05/08 16:55] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<本日(5/10)15:00、市に市民の気持ち伝えてきます! | ホーム | これで良いでしょうか?>>
コメント
おはようございます
いつも情報提供ありがとうございます
今朝もニュースで報道ありましたが、島田の試験焼却後の話がでてますね。

以下のは神奈川の方のブログです
参考まで

http://blog.livedoor.jp/kanagawamamoru/archives/2012-05.html

市議の方が広域処理凍結をブログで書いてくださったのは意義がありますし、心強いですね。

静岡市も試験焼却をとなってます

島田の件で待ったがかかればよいのですが・・・

もしくは広域処理が凍結となれば試験焼却も無しですよね

防潮堤などは去年の夏からでている話なのに・・・

これからもがんばってください
[2012/05/09 07:47] URL | 静岡県民 #- [ 編集 ]
静岡県民さん

いつもありがとうございます。
8日に富士市長が試験焼却を発表していますが、説明会→試験焼却という当たり前のステップを無視したやり方で、私達は当然、再説明会の開催を求めていきます。
本当に市民を無視した情けないやり方ですが、問題点が明確になりました。

多くの方も、説明会の要求をして欲しいと思います。
[2012/05/09 16:13] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/139-51ba2c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |