スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
試験焼却中止要望書とマンガチラシ
昨日、島田市で始まった震災ガレキの本焼却。
コンクリート塊などが混入されていたため、焼却が中止しています。
地権者の意向を無視して推し進めてきた挙句、その初日にこのずさんな実態が明るみに出ました。
詳しくはこちらのブログの通知書→→

当然、富士市にも関係してくる事です。
本日、富士市長宛に、次の要望書を提出いたしました。

試験焼却中止の要望書


■市の担当者の方の話・・・・・・・・・・・
市もまずこの原因を調べる事が最優先だと考えています。
県にもその確認はしているところです。
もちろんこの原因がはっきりしない限り、試験焼却を実施する事はありません。
ただし、試験焼却の準備は進めます。

「今は情報収集中で、次の日程にどの程度の影響がでるかお答えできません。」
試験焼却日程こちら→→
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市のお考えはあると思います。
しかし私たちは次のことを、継続して要望してまいります。

1.富士市の焼却場の安全確認(日常の焼却ゴミによる、精度の高い、サンプル数の多い測定)
2.希望すれば、誰でも参加できる住民説明会の開催
3.ずさんな管理体制による試験焼却実施の中止

しかし富士市の民意を構成するのは、多くの市民の声です。
沈黙も含まれます。これは少なくとも反対の意思表示には含まれません。
今回の要望に対してご賛同いただける場合は、富士市に対してぜひ声を届けてください。

■廃棄物対策課 
電話:0545-55-2769 ファクス:0545-51-0522/後藤様・荻野様
メールアドレス:ka-haikibutu@div.city.fuji.shizuoka.jp


私達はその声が少しでも多くなってほしいという願いから、わかりやすいマンガを使ったチラシを作成しました。

仲間のyuukiさんが、その願いを込めて描いてくださいました。
まずは試験焼却の説明会が正しく行われなかった事を知っていただき、希望する人全員に説明をしていただく事をお願いするものです。マンガの部分は・・・
本当にガレキは安全だろうか?富士市の現状は?現地の実態はどうだろうか?もっと良い復興支援策は無いだろうか?富士市のやるべきことは?・・・事実にもとづいた、とてもバランスの取れた内容です!
ぜひご覧ください。

※最初のページを差し替えれば、他の目的にもお使いいただけます。
少しでも市民の声が届くよう、ダウンロードし、ご近所に配布していただければ助かります。
私たちも配布を続けます。

マンガチラシ1


マンガチラシ2


マンガチラシ3


マンガチラシ4


■PDFファイル(A3、両面印刷用)こちら→→
■PDFファイル(A4、4ページ印刷用)こちら→→

スポンサーサイト
[2012/05/22 21:09] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<細野大臣のパフォーマンス! | ホーム | 煙突高さ効果>>
コメント
おはようございます

コンクリートの塊は驚きましたね。
島田市長が言うように片付くまで受け入れをしたら、どんどんチェックが甘くなり、島田の処理場は無法地帯で処理場は故障するは汚染物質は運ばれ放題って事になるかもしれませんね。
またこの件があっても他の市町村が何も受け入れに関して疑問を持たないのが不思議です。
がれきの総量も見込みより減って、処分場も遅ればせながら順次稼動していく状況でなぜまだ広域処理なのか・・・

下記は新潟県のHPからです
県知事がこのように言ってくれるのは心強いですよね
うらやましい

http://www.pref.niigata.lg.jp/haikibutsu/1337551290100.html
[2012/05/25 08:10] URL | 静岡県民 #- [ 編集 ]
静岡県民様

私も先日ある方から連絡いただき読ませていただきました。
とてもわかりやすくまとめられていて、今の静岡県や富士市の問題とまったく同じだと感じました。ただ異なるのが知事の見識、市長の見識です。
泉田知事は民意の代表として疑問を持ち、国を相手にその疑問の回答を求めてくれます。
富士市長は市民の前で私は放射能のことはよくわからないのでと発言し、市の職員も答えられない事は「国が決めたことなので」、「国に確認しないとわかりません」と、何の疑問も持たずに答えます。
富士市の子供の健康にかかわる重要な事柄を、自分で判断しようとしません。

我々は富士市民なので富士市で独自に考え判断して欲しいと、何回お願いしたかわかりません。
悲しい事ですが、これが現実の状態です。

民主主義なので大多数がそれを容認するなら、それが民意となって動いてしまいます。
例えそれが事実と異なる事であっても、その時の民意が形成されてしまいます。

変えるなら「そんな富士市は容認できない」という人が、多くなるしかないと思います。

私はそんな富士市なら、住みたくないと感じています。
だからいま自分にできる事、やってみようと思っています。
ただ1人では何も出来ません。
多くの仲間が必要です。
いつでもメールフォームよりご連絡ください。
会合予定等、連絡させていただきます。



[2012/05/25 14:22] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/145-4eee3721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。