スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
お茶の検査体制
お茶は静岡県の主要産業で昨年の放射能汚染で被害を受け、その影響は今年も引き続き現れています。
価格が下がり採算が取れないため、2番茶を断念するケースも出ているようです。
今回お茶の検査体制について、富士市農政課で確認しました。
■検査項目

・生葉・荒茶・製茶・・・検査不要(自主的判断で実施しても良い)
・飲用茶・・・検査実施/基準値10Bq/Kg/検出限界1.5~1.9Bq/Kg

生葉・荒茶・製茶の検査をしない理由は、飲用茶で問題なければそれらも100Bq/Kg以下なのでと言う事でした。
またお茶の葉は食べないので、県からの指示で検査不要となっているので、と言うような理由もあるようです。
さらに健康に関しては、国の基準は十分安全な値で決められているので健康に与える影響は無いということでした。

しかし例えば・・・
・製茶で100Bq/Kgという基準があるので、検査するべきではないですか?
・去年と比べどのくらい下がったか知りたいので、荒茶のデータが知りたいのですが?
と聞いても、上記説明の繰り返しになり製茶・荒茶のデータは入手できません。
何軒もの製茶業の方に確認しましたが、やはり飲用茶のデータしかありませんでした。
現時点で知りたい場合は、民間の検査機関で測定してもらうしかないようです。

■検査結果(市の公表値はこちら→→

全て不検出となっています。
検出限界から、1.5Bq/Kg以下ということだと思います。
500mlのペットボトル2本で、この基準値の対象となります。
これを安全と見るか、危険と見るか、今は独自で判断するしかないようです。

■懸念事項

1.県や市の考え方

飲用茶の10Bq/Kgだけの検査にすれば、出荷規制のかかる確率がとても低くなるので、業界だけの理由を考えれば、出荷しやすくなる事は間違いないと思います。
問題はこの10Bq/Kgは、絶対に安全と言えるかどうかだと思います。
安全ということが理解されれば、富士市の主要産業であるお茶に、明るい兆しが見えて良いはずです。
しかし実態はそうなっているでしょうか?
下表は、平成9年の静岡県のお茶に関するデータです。
(平成10年12月に科学技術庁が発行した、第40回環境放射能調査研究成果論文抄録集より )
お茶の汚染度震災前
測定対象が乾物と言う記載ですので、製茶または荒茶のデータだと思います。
磐田市と修善寺町のデータですが、最大で0.04/0.32です。
製茶でこの数値なら、飲用茶だと本当の意味で不検出だと思います。

1年たった今、お茶に関して真剣に取組まなければ、今後富士市のお茶に明るい兆しが戻るでしょうか?
少なくともガレキ焼却に伴う、大気への放射性物質降下物の増加の情報は、確実にマイナスになると思います。
しかしあるお茶屋さんの答に、唖然としました。
「これからそんな事(放射能)を気にしていたら、暮していけないよ!」
少なくとも飲食物を扱う立場の人が、口に出す言葉ではないと思います。

昨年の川勝知事の安全性を強調するアナウンスには、多くの人が違和感を感じたと思います。
危険を危険と認識し、それに対して正面から立ち向かわなければ、この歴史的に大惨事を乗り越える事は出来ないと思います。
子供達に被害が出てから対応する事だけは、なんとしても避けなければなりません。

私達は農政課に対して、次の質問をさせていただいています。



農政課 殿                             
富士の子供を守る会
2012年6月18日

製茶検査についての質問

先日製茶検査についての質問を、担当職員の方に質問させていただきました。
その際に説明されたことを会の中で議論いたしましたが、次の点がどうしても疑問であると言うことが大勢を占めました。
つきましては、今回その点に関して質問させていただきます。

Q1:飲用茶の検査でどうして製茶が100Bq/Kg以内と確定できるのですか

この点に関しては茶葉を食べる事もある点はもちろんですが、100Bq/Kgと言う基準値が設けられているのに、その検査を行わないで良いと言う理由がわかりません。
なぜ飲用茶の検査10Bq/Kgを持って、製茶が100Bq/Kg以内と確定できるのでしょうか。その法的根拠を含め、説明をお願いいたします。

Q2:飲用茶の10Bq/Kgという基準値で安全と言う根拠を教えてください

原発事故前は製茶や荒茶の汚染度が、0.32Bq/Kgや0.04Bq/Kgという低い値でした。(平成10年12月に科学技術庁が発行した、第40回環境放射能調査研究成果論文抄録集より)
おそらく飲用茶にした場合、更に大幅に低い値を示すと思います。
このように長い年月私達は、そのような低い汚染度のお茶を飲んでまいりました。
飲用茶で10Bq/Kgという基準値は、原発事故以前の100倍から1000倍以上の汚染度と想定されます。
(1)毎日大量に摂取するお茶の安全性について、これらの事を含め10Bq/Kgで安全と言われる根拠をお示しください。
(2)もし私たちが民間の検査機関で検査し、100Bq/Kg以上の値がでた場合は、どのような対応をしていただけるのでしょうか、教えてください。

Q3:1年経過したにもかかわらず製茶の汚染度が、原発事故以前の汚染度より大幅に高いと想定される理由とその汚染度を下げる対策方法について教えてください

なぜ一年経過した時点で製茶の基準値が高いのかその理由及び、どうすれば原発事故以前のレベルに戻す事が出来るのかその方法について、現時点で考えられることを教えてください。
                  

■この件に関する市のお問合せ先
農政課農業振興担当
電話:0545-55-2781(直通)
メールアドレス:nousei@div.city.fuji.shizuoka.jp


スポンサーサイト
[2012/06/21 11:20] | 食の安全 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<広報ふじの違和感 | ホーム | 「災害廃棄物の広域処理」情報・・・6/16>>
コメント
こんにちは。ブログにはよく訪問させていただいています。

私は島田市在住です。


静岡のお茶は今の検査体制で流通を続ければ、いづれダメになるんじゃないかと心配しています。

いくら県の検査結果が不検出となっても茶葉を測定すれば数値が出ます。
これでは消費者の信用を取り戻せませんね。

http://kaisyosite.blog135.fc2.com/


私はお茶のクッキーやアイスクリームなど、加工された茶葉が子供の口に入ることも懸念しています。

私にできる事は、怪しいものは購入しないという事だけですが…
[2012/06/21 16:54] URL | ゆう #- [ 編集 ]
ゆうさん

コメントありがとうございます。
私も県や市の政策では、本当の意味の信頼回復は難しいと思います。
あらゆる食品で放射性物質が心配される中、合計で一体どの程度摂取しているかわかりません。
これからは「1ベクレルでも少なく」ということが、とても大切な心構えだと思います。
贈答品も相当落ち込んでいるようです。
これで「震災ガレキの焼却」が始まったら、明らかにマイナスです!
県の決まりだから情報を出さず、消費者の意見に目をそむけていたら、回復はいつになるか、真剣に考えて欲しいものです。
[2012/06/22 07:14] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
No tax to pay for insane administration
結局 茶飲むな 魚食うな 野菜食うな

ってことですかね。
狂ってしまった
この国は・・・
[2012/06/22 20:06] URL | くまむし #3e7TFZUU [ 編集 ]
こんな話が↓

「宮城県石巻市のがれきは本当にあるのか?」という重大な疑惑が浮上。

http://hinanohanasi.blogspot.jp/2012/06/521-610-jv-p-p-jv-jv-jv-jv-jv-jv-jv-jv.html?spref=tw

これが事実なら広域がれき処理の意義
そのものが問われる。
[2012/06/23 09:34] URL | くまむし #3e7TFZUU [ 編集 ]
静岡県内の多くの学校で、給食に茶葉を練り込んだパンが子どもたちに提供されています。
お茶は飲用だけでなく、茶葉そのものを食べているので、茶葉を検査するべきだと思います。
何カ所か学校給食の茶葉を練り込んだパンについて問い合わせましたが
飲用でしか検査していませんでした。
せめて茶葉を食べる場合は茶葉で検査して欲しいと思います。
あと、抹茶も怖いですね。茶葉を挽いたものですから。
[2012/07/05 00:55] URL | 宮っち #3un.pJ2M [ 編集 ]
宮っちさん

いつもありがとうございます。
同感です。
しかしいくら話しても、県や市の姿勢は変わらないですね。
過去においても、昨年も、茶葉の検査を採用していたのに、いきなり飲用茶だけにする理由は、私たちから見れば事実に目隠しして、流通させることを優先にしているとしか思えません。

土壌検査・植物への移行率・・・、全てをオープンにし、安全を追求していることを伝えていただき、どうしても安全性に問題が残るなら、東電に請求するという姿勢が正しいと思います。

全てではないですが、多くのお茶業界の方に確認してもまったく同じ答が返ってくる点に、信頼回復はまだまだ先だと思ってしまいます。

今農政課に質問状を出していますので、まもなく回答が来ると思います。
回答があり次第、掲載させていただきます。
[2012/07/05 09:06] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/154-e587e097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。