スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
島田市・愛知県・静岡市・富士市の状況
島田市の最新情報

8月9日、最終処分場の地権者さんたちが島田市に催告書を提出しました!
こんな島田市の対応、理解できますか?こちら→→

愛知県県が各市町村に可燃物の試験焼却をする意向があるかどうかを聞くアンケート結果。
「実施する」と答えた自治体はゼロ!(中日新聞)


がれき受け入れ「試験焼却実施」はゼロ

2012年8月11日/中日新聞(愛知)

県の震災がれき受け入れ計画で、県が各市町村に可燃物の試験焼却をする意向があるかどうかを聞くアンケートが十日、回答期限を迎えた。本紙が各支局などを通じ各市町村を取材したところ、「実施する」と答えた自治体はなかった。県は可燃物の試験焼却を断念し、県内三カ所で不燃物を受け入れる計画に専念する。

県は週明けの十三日にも、アンケートの集計結果を公表する。

西尾市は県に対し、試験焼却を実施するかしないか明言しない「無回答」とした。試験焼却前に県が説明会を開いて住民の了解を得ることや、試験焼却で生じた灰をすぐに埋め立てられる処分場を県が確保した場合を条件に「再度、試験焼却の実施を検討する」方針だが、現状での実施は無理との立場だ。

他の市町村は、いずれも実施しない方針。試験焼却した場合、当面は焼却灰を市町村側で保管する必要があることに難色を示す自治体が相次いだ。

最近になって、当初の想定より処理が必要な可燃ごみの量が減ったことをあげ「広域処理の必要性がなくなってきている」(犬山市)と指摘する自治体もあった。

当初、県内三カ所の候補地に焼却炉を建設して可燃物も受け入れる方針だった県が、受け入れを不燃物に絞った点に触れ「県が焼却を断念したのだから、市が試験焼却する合理的理由はなくなった」(蒲郡市)という意見もあった。

県は碧南、知多、田原の三市の企業所有地などを候補地として、不燃物を受け入れたい考え。一方で、がれき受け入れを三市だけに負担させないため、既存の焼却炉で試験的に可燃物を焼く自治体を募っていた。
◆計画を調査や検討、自民県議団がPT

自民党県議団は十日、議員総会を開き、県の震災がれき受け入れ計画を独自に調査、検討するプロジェクトチーム(PT)を、自民党県議団内に設置することを決めた。

県は八月末から、受け入れるがれきの量や種類、生活環境への影響などの全体像を地元説明会で示す予定。PTでは独自に県の調査進捗(しんちょく)状況や受け入れの全体像を調べ、理解を深めた上で今後提出される関連議案に対応できるようにする。

PTのメンバーや日程は今後検討する。奥村悠二団長は「現地のがれきの状況が変化している中で、的確に対応できるよう、候補地とされる自治体の意見要望も聞きながら検討していきたい」と話した。


静岡市は1万5000トン受け入れ予定?(産経新聞)

処理量「年1万トンめど」 静岡市長、震災がれきで対応

2012.8.11 02:19/産経新聞

静岡市の田辺信宏市長は10日の定例会見で、震災がれきの受け入れ量について「年1万トンは安全に処理できる。これをめどに県と協議する」と述べた。

政府の工程表によると、本県が広域処理を担当するがれきは2万3500トンであり、静岡市が来年度末までの約1年半に計1万5千トンを受け入れるとすれば、これは本県割り当て分の半分以上にあたる計算だ。田辺市長は「1日40トンの想定で稼働が年250日とすれば1万トンになる」との推計を示したものの、今後の県や岩手県と調整して受け入れ量や日程を決めていく。

静岡市は5~6月に2カ所の清掃工場で2回の試験焼却を実施。田辺市長は6月、「すべての放射能関係の測定値が十分安全であることを確認した」として、本格受け入れの意向を宣言していた。


富士市の近況

その中で静岡県富士市の「神戸地区」・「吉永地区」が明確に受入を拒否した決断は改めて評価されるとともに、違法行為がはっきりした現在も「何とかお願いできないでしょうか」と接触を続けている、富士市の情けない姿があることをご報告しておきます。
富士市長は、確認書があるにもかかわらず試験焼却まで進めた経緯と、それに対する見解を述べようとしません。
それは3年前に地域住民と締結した確認書、提出された要望書を無視し続けた市民軽視の対応とまったく同じではないでしょうか!
影でこそこそ動き回るのではなく、堂々と市民の前で説明することが市長の取るべき態度だと思います。



スポンサーサイト
[2012/08/11 15:30] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<愛知県:がれき焼却を断念! | ホーム | 富士市と裾野市のダイオキシン排出濃度>>
コメント
富士宮市では灰の最終処分を拒否していた2つの業者のうち1社が受け入れると方針を変えました。
[2012/08/11 23:49] URL | 宮っち #3un.pJ2M [ 編集 ]
香川県の三菱マテリアルの直島事業所というところが
リサイクル処理のために
関東東北の一般ゴミの焼却灰を受け入れているらしいです。

http://ypp.sakura.ne.jp/okayama/news/naoshima1/

こういうところが受け入れるとなると
最終処分先が無くても
受け入れ焼却が可能になってしまうような
おそれがありますよね。

だから私たちは油断しないで
断固として広域がれき処理や
内部被曝は許さないという
硬い意思を示さねばなりません。
何者よりも国民のほうが怖ろしいということを
示さねばなりません。


[2012/08/12 08:33] URL | くまむし #3e7TFZUU [ 編集 ]
島田の話は現状で訴えてよいレベルですね

市長は自分は良い事をしていると自己陶酔しているようですがミエミエですね

ぜひ市でなく市長個人に責任を追及して欲しいですね

市の税金からでなく、個人の責任で!
[2012/08/13 13:42] URL | 静岡県民 #- [ 編集 ]
黒ボールペン持参
>島田市、桜井勝郎市長の親族は産廃業者、
瓦礫焼却強行は過去同様の利権目的

http://sekaitabi.com/shimadagareki.html

との情報。
まったくあきれる限り。
大飯原発の町のおおい町長も
自身の原発メンテ会社で潤っていたそうです。
こんな連中が政治を動かせるならやりたい放題です。
こんどの選挙は自分の黒ボールペン持参で用紙書き換えられる危険性を排除しましょう!
[2012/08/14 07:24] URL | くまむし #3e7TFZUU [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/176-d5810450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。