福島県立医科大学副学長/山下 俊一氏?
次のニュースだけではこの甲状腺がんが、すぐに原発事故に結びつくかどうか判断できないと思います。
しかし「原発事故が原因の可能性は低いとの見方」には違和感を覚えます。

18歳以下1人が甲状腺がん=原発事故の影響否定-福島

時事ドットコム(2012/09/11-19:39)
福島県などは11日、東京電力福島第1原発の事故当時18歳以下だった全県民を対象とした甲状腺検査で、1人から甲状腺がんが見つかったと発表した。検査を担当した福島県立医大の鈴木真一教授は「放射線の影響で発症する期間はチェルノブイリですら最短4年で、それより早いことは極めてまれ」と述べ、原発事故が原因の可能性は低いとの見方を示した。


福島県立医科大学副学長の山下 俊一氏は、平成12年2月29日に自ら発表した「チェルノブイリ原発事故後の健康問題」の中で、次のデータに基づいて解説をしています。
このデータを見れば事故の4年後から、1~6歳児に甲状腺がんが多発していた事がわかります。
詳しくはこちら→→
ベラルーシの甲状腺がん年次別
ベラルーシの甲状腺がん年齢別

福島県立医科大学副学長/山下 俊一氏は、ベラルーシ共和国のゴメリ州だけで、甲状腺がんがこれだけ発生していた事を、10年以上前に知っていたわけです。

この事実を知っていながら、3.11当初から・・・

「100マイクロシーベルト/hを超さなければ、全く健康に影響及ぼしません。ですから、もう5とか10とか20とかいうレベルで外に出ていいかどうかということは明確です。
『今、いわき市で外で遊んでいいですか』『どんどん遊んでいい』と答えました。
福島も同じです。心配することはありません。是非、そのようにお伝えください」

この他にも安全を伝える説明を、盛んに各地で実施していました。
詳しくはこちら→→5.2 アドバイザー就任後をご覧ください!

このことで福島から避難しなくなった人だけでなく、避難したくても周りから白い目で見られ避難できなくなってしまった人が多数いると聞いています。
むしろゴメリ州の事実を知っていたら、乳児~小中学生は至急避難することを、誰よりも確信を持って伝えることが出来たと思います。

またWBC検査は昨年の3月でも4月でも、早急に実施するように提案できたはずです。
実際にWBC検査が実施されたのは、放射性ヨウ素の痕跡がほとんど消えてしまった夏ごろでした。
早期に実施されていれば、もっとはっきりした事実確認が出来ました。
今頃になって甲状腺検査を実施し、その結果で推測しなければならないような、不安な事態にはなっていなかったはずです。
これは「故意に実施しなかった」そう思わなければ理解できない事柄でした。

今そのような行政の対応の結果が、先の福島県の甲状腺検査の集計(8月24日まで)で嚢胞・結節を認めたものの割合が36%⇒44%にまで大幅アップした検査データや、今回の癌の発生に現れているとしたら、これは許されるものではありません。

■これに関連して9/13次の9団体が、甲状腺検査結果の情報開示問題で福島県立医大の山下俊一氏に再度要望書を提出しました。
hand to hand project kawamata/安全・安心・アクションIN郡山/子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク/ふくしまWAWAWA―環・話・和―の会/みどりの未来・ふくしま/わいわい市民政治@ふくしま/生活クラブふくしま生活協同組合/福島老朽原発を考える会/FoE Japan。(敬称略)
詳しくはこちらをご覧ください→→


昨年から続いているこの行政に対する不信感は、「災害廃棄物の広域処理」も同じことです。
現地処理が可能と言われているのに、貴重な税金を使い、クリーンな九州まで放射性物質を移動する事が、どれだけ狂った政策であるか!

このような状況に終止符を打つためには、どうすれば良いでしょうか?

以上の情報はネット上では、多くの方にとって当たり前の情報だと思います。
しかし周りの人に目を向けると、山下 俊一氏という名前すら知らない人がほとんどではないでしょうか?
これが現実社会の認知度だと思います。
「災害廃棄物の広域処理」も、周りには「絆モード」が蔓延しています。

これらのマスメディアが報道しないネット上の正しい情報を、いかにネット以外の人に伝えていくか?
真剣に考えていくことが必要な時期になっていると思います。

あきらめずに、知恵を出し合って行きましょう!


スポンサーサイト
[2012/09/13 18:01] | 放射能被曝・防護 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<北九州のガレキ搬入で思うこと | ホーム | 北九州に向けガレキを搬出!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/188-7ea2ed36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |