スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
富士市震災ガレキの最新状況
10/31最終処分場関連地区の会合がありました。
(微妙な問題でもあり、結果の整理に時間がかかってしまいました。)

ガレキ受入を左右する会合と言う事で注目されましたが、非公開のためその内容について詳細不明でした。
しかしメディアの方達・会場に駆けつけた人の情報から、「震災ガレキ受け入れ」については反対の意向だったと言うことです。しかし3地区ある中の1地区の暫定的結論であり、予断は許されない状況だと思います。

確認委員会の3地区(吉永北・吉永・神戸地区)において、7/19の会合では3地区とも反対の意向を表明したため、震災ガレキの受け入れは事実上凍結されました。

しかし現在はどうでしょうか?
3地区の内1地区を除き、2地区は「受け入れ賛成に傾いている?」と言われています。
そのため流動的で厳しい状況に変わりは無く、やはり今月が重要な月になりそうです。



今の島田市・富士市の状況を少し整理してみました?


静岡県ではこの2市で、震災ガレキの最終処分場への埋め立てができない状態が続いています。
島田市ではその対応のまずさから、一般家庭から出るゴミに関しても受け入れられない状態が起きています。
その理由は特定地区の地権者・確認委員の方達が反対しているためです。


■島田市/処分場地権者の方達の申出を市が無視したため、焼却灰の埋立ができなくなりました。それだけでも異常事態ですが、今度は搬入路となる周辺地権者や茶畑の耕作者などにも説明せず、強引に金網を取り壊し新たに搬入口を造り始めています。
・10/30中日新聞→→・11/1静岡新聞WEB→→
島田市フェンスを切る


■富士市/現在の協定書・確認書を破棄し、「市内の廃棄物以外は受け入れない」・・・この市民との約束を書き換えようとしています。
協定書・確認書の内容について協議する事もなく、焼却灰の行き先も確保せず6月に試験焼却を実施。
5ヶ月経ってもその焼却灰はクリーンセンターに置かれたまま、住民への説明は一切行われず放置されています。特に7/19以降、市が発表した予定が大幅に遅れているにもかかわらず、特定地区への条件闘争??に明け暮れ、市民への説明など一切ありません。
試験焼却実施までは、しっかりした住民説明も行わず、急いで進めてきたにもかかわらず・・・。
富士市協定書・確認書を切る

このような状態を、容認する事があってはならないと思います。
しかし今、多くの世論はどうでしょうか?
「困っているから助けてあげれば・・・」これが多くの世論ではないでしょうか?
その世論が「莫大な資金を投じ、行政側に意図的に作られたもの」という疑念を完全に否定できるでしょうか?
実際に多くの市で、安全が確認されないとして受入を断っています。

しかし今静岡県では、ガレキのことを考える事さえ、しづらい風潮があるのも事実です。

ガレキについて3


大事な復興資金を、沖縄の道路工事や関係ない用途に使用しても誰一人責任を取らない国。
16万人以上の有権者の支持を集めた県民投票条例案を、簡単に破棄してしまう静岡県。
莫大な費用を投じる新クリーンセンターの建設!一部地区だけを窓口に、既に条件闘争を始めている富士市。

なぜ震災ガレキだけは、行政の言う事を鵜呑みにするのでしょうか?

賛成・反対の前に、多くの指摘されている問題点に向き合ってください。(例えば下図)
健康リスクや資金負担を子供達に残す前に、立ち止まって考えて見ましょう。

ガレキについて2

私達は今頑張っている一部地区の方が、間違っても不利な扱いを受けないよう応援して行きます。


以下は富士市についての練習問題です?


独断と偏見に基づいています。お暇な時にでも・・・!

【最終処分場について】
・最終処分場の場所は?
・最終処分場の数は?
・いつ造られただろうか?
・市と市民が取り交わした、協定書や確認書があることは?
・富士市以外の廃棄物は受け入れないという取り決めがあることは?
・最終処分場の経年劣化によるリスクは?
・放射性物質が既に何億ベクレルも埋め立てられている事実は?
・遮水シートの寿命は?
・放射性物質の影響がなくなるまでの年数は?
・東南海地震の耐震対策がされているかどうか?
・・・etc

【震災ガレキについて】
・岩手県山田町・大槌町が希望している「震災ガレキの広域処理量」は?
・現在岩手県及び宮城県の1日あたり「震災ガレキの処理量」(焼却ゴミの)は?
・現地処理費と静岡県で処理した場合の処理費の差額は?
・以上を総合的に判断した場合、本当に静岡で受け入れることが被災地支援になっているだろうか?
・復興資金が沖縄の道路工事や反捕鯨団体対策費・・・その他、に使用されている事実は?
・遮水シートが破損し放射性物質が排水に混入し、処理が中断されているケースがあることは?
・焼却炉でガス化した放射性物質や有毒物質が、絶対にろ過できているか?検証データ無い事実?
・・・etc

日常生活において、このようなことを知る必要はほとんど無いと思います。
しかし少しだけでも目を向けていただけたら・・・、子供達へのリスクを軽減できると思います。


スポンサーサイト
[2012/11/01 07:51] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< 11.11反原発1000000人大占拠 | ホーム | どうして?広域処理/富士市の新しい市民の動き!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/207-b24ddcb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。