富士市震災ガレキ受け入れ報道!
11/27(火)富士市と神戸地区「富士の地下水を守る会」の会合が開かれ、最終処分場の確認委員会で最後まで反対を表明していた神戸地区も賛成に回り、事実上富士市が震災ガレキを受け入れる障害はなくなりました。
今回は取り急ぎこれに関し掲載している、2誌の記事を以下にお知らせいたします。
現地に行っていた方からの情報では、中日新聞・静岡新聞・第一テレビが取材に来ていたそうです。

富士市がれき受入 中日


富士市がれき受入 静岡新聞


ただし以上は今の状況で、「がれき受入」が始まったわけではありません。
多くの疑問も残っています。

「富士市以外の廃棄物は受け入れない」と言う記載はどうなるんでしょうか?
反対理由の一番に挙げていましたが、例外を認めるということでしょうか?
しかし
「例外は認められない!」と7/19、メディアの前で宣言しましたが、あれはなんだったんでしょうか?
・・・etc

いずれにしろ土壇場で「例外」が認められるなら、例えどんな約束をしても何も意味がありません。


結局、以前から話されていたように「反対できなくなった神戸地区の確認委員会が、市長に頼んで今回の会合を設定した」と言うのが真相と思われても仕方がないと思います。
実際に現地に行かれた方は「完全なセレモニーだった」と感じたようです。

しかし全国で行われている行政の強引なやり方を見れば、神戸地区の確認委員会の方たちを攻める事は出来ないと思います。
むしろこのような15名の確認委員会が決定権を持っている、富士市のシステムが問われる問題だと思います。

以上、概要をお伝えいたしましたが、今後反対する市民が何もしなければ、今度こそ「震災ガレキの本焼却」が開始されることになります。
受け入れは年明けの見込みということですので、阻止するために年内に何が出来るか?
どこまで市民がまとまり、声を届ける事が出来るかにかかってくると思います。

まずは・・・
先日の富士宮市長の「受け入れるガレキがないので断念」と言う報道の事実関係が、とても重要ではないでしょうか?
ぜひ皆さんも市や県に確認していただき、しっかりしと事実関係を確認して行きましょう。
今こそ多くの方の声が必要です。



スポンサーサイト
[2012/11/28 09:41] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<富士市ガレキ本焼却?/決定プロセスの疑問 | ホーム | 富士市で受け入れるガレキはあるのか?>>
コメント
ついにこの時が・・・

でも静岡新聞の『近くにある最終処分場の次期拡張工事を、現処分場のある桑崎蛇窪地区で行わないことを条件に容認した。』
の部分を考えると、その条件がしっかり出なければ容認はしないともとれますよね。

中日新聞だと約束しただけで受け入れるように書いてありますが・・・

ただ今度は処分場はどこにつくるんですかね

拡張工事は他でって・・・

富士市にはその案とか目処とかあるんですかね・・・

『少なくとも県外』といって期待させた議員さんを思い出しました

長文失礼しました
[2012/11/28 16:06] URL | 静岡県民 #- [ 編集 ]
静岡県民さん

コメントありがとうございます。
記載の疑問点は全ておっしゃるとおりです。
しかしこの会合が出来レースと考えると、全て納得できると思います。
お互いに了解の上でやっていますので、問題とはなりません。
残念ですがそれが事実だと思います。

その結果、反対している地区では将来、また同じことが繰り返される可能性が残されてしまいました。
すなわち何を約束しても、特例が認められ、約束が反故にされる可能性です。

良識ある判断で受け入れない市が多い中、受入ガレキの必要量も調べもせず、復興資金のムダが叫ばれている中、その検証もせず、ひたすらがれき受入に走る富士市を見ると、当然の進め方かもしれません。
富士市は県の要請に基づき、全て受け入れ準備ができてから、初めて県に受け入れ量を確認するそうです。(富士市廃棄物対策課)
指示された事をこなすだけでは、市民の安全や権利など守れるはずはありません。
そこに市独自の判断を加える事で、初めて生きた市政が生まれると思います。
富士市独自で調査・検討する事を強く望みたいと思います。
受け入れるべき震災ガレキ、どこにどれだけの量があるんでしょうか?

あと一ヶ月以上「受け入れ反対」を主張する時間はあります。
あきらめずに頑張りましょう!



[2012/11/29 00:13] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
市民全体を対象とした説明会
市は市民全体を対象とした説明会を開くとありますね。
それと、受け入れを決定したあとで、瓦礫がもう無かった、ということもあるかも。
予算の関係も要チェックですね。
[2012/11/29 09:44] URL | 宮っち #- [ 編集 ]
宮っちさん

いつも情報ありがとうございます。
ガレキが本当にあるのか?
廃棄物対策課の担当者も富士市長も確認したと話しているのに、富士市の受入量がどれだけあり、どこのあるかは話しません。
「富士宮市は受け入れ5市に入っていなかったので、富士市と状況の捉え方が違う」。また「富士宮市は元々受け入れられる状態ではなかったので、そのような発言になったと思います」(富士市長)
何のことかわかりません。
あるのか無いのか?あるならどこにどれだけあるのか?
まず、多くの人が富士市に問い合わせ、その回答を確認して欲しいと思います。
[2012/11/29 16:01] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/214-933867f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |