これでも受け入れる?それは無いでしょう!
1/27(日)静岡新聞の記事です。
特に「記者の目」をご覧ください!

これのどこが復興支援なのか!
本当に腹の立つ説明会でした。

「被災地で大量のガレキが復興の大きな妨げになっているから」それが「災害廃棄物の広域処理」を行う理由だったはずです。
それが現在の静岡県4市の処理量が、完全に被災地の搬出量を上回り、富士市が手を差し伸べなくても、3月には終了するのがわかると、次の理由になってきます。

市長の受入理由
皆で手を差し伸べる事に意義がある?

この理由、耳を疑います!

なぜ受け入れるのか

皆で手を差し伸べる事に意義がある?

震災ガレキが4市で十分処理できるなら、富士市はその費用を他の復興支援に回した方が良いのは、一般社会通念では当たり前のことです。

富士市は富士市長の甘い判断で試験焼却を実施したため、6月以降復興支援は実質的にストップしていました。その間焼却場周辺地区はもちろん、全ての富士市民には一切説明せず、ひたすら最終処分場地区との条件闘争に明け暮れていました。

直近の説明会における、市民の反応はどうでしょうか?
1/18:焼却場周辺地区の説明会で、何も説明が無いことに怒りが爆発。(賛成意見0)
1/24:説明会の総括質問で反対意見だけ。(賛成意見0)
1/26:説明会の反対意見が多数でした。賛成意見は2~3件だったと思います。

また講師の野口先生も「安全性は問題ないが、住民の理解が得られていないので受入は難しい」との見解を、終了後の市民との話で述べられていました。

少なくともこれらの状況は、とても市民の理解が得られた事にはなりません。

この状況で富士市が受け入れるべき震災ガレキが無いとわかっても、受け入れようとしています。

他の市町で処理できる量を、富士市に持ってきて何になるんですか?
こんな事を被災地が本当に望んでいるとは思えません。

4市では昨年10月の段階で3月末までの受入スケジュールは、詳細な日割り日程表で決められています。(浜松市の例)

その予定を変更してまで受け入れる理由はどこにあるんですか?

予定が組まれている市町の予定を、変更しなければならない。
富士市は0から受入準備を始めなければならない。
そのため人手も・費用も・時間もかかります。
4市は既に受入実績があり、新たに富士市が始めるより、はるかにスムーズな受入が出来ます。
何トン受け入れるか知りませんが、その費用総額はいくらですか?
その費用を被災地の他の支援に回すべきです。

最もわかりやすい理由は?

交付金がもらえるから?
業者が儲かるから?
市長の面子が立つから?
年末の市長選挙に有利だから?(本当は不利だと思いますが)

まさか富士市長がこの復興支援を、このような理由で行うことはないと思うので、最終的に受け入れることは有り得ないと思います。

それでももし受け入れることになったら、多くの人が予想しているように「利権」と言う事になるんでしょうか?


スポンサーサイト
[2013/01/28 00:22] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<何か変だぞ?富士市の復興支援! | ホーム | 静岡県震災ガレキ3500トンに大幅減少>>
コメント
いつもご苦労様です

私は『絆』や『皆で手をさしのべる事に意義がある』は大いに結構だと思います。

ただなぜそれが広域処理なのか、がれきなのか、に疑問があるのです

ましてやこの報道の後にまだ瓦礫という富士市が信じられません

先週に模型で浜岡の津波の実験をしていましたが、お役所は『ありき』な前提で実験データをとりますから意味がないのだと・・・

作る前にやるならまだしも、建設中で堤防は出来上がっているような段階でやる実験?

今朝もところどころで大きな地震がありましたね

静岡県民として浜岡があるかぎり安心できませんね・・・

がれきの話がそれてしまいすいませんでした

これからも頑張ってください
[2013/01/28 15:50] URL | 静岡県民 #- [ 編集 ]
思えば
受け入れを実施されている自治体は一昨年の首長会の会場で打合せていた自治体のみですね。その際に静岡市は加わっておりませんでしたが、静岡市は県庁所在地である政令市としてのメンツから受け入れされているのだろうと推測します。広域の必要性がなくなった今も、富士市が本格受け入れを表明される意図は、首長会代表としてのメンツと一昨年の打合せの際に約束した各首長に対する裏切りになるからだと推測します。実質的に焼却する木質チップはないわけで、可燃物をもってこられるのか漁網なのか汚泥なのか。はたまた県内受け入れ量を再分配するのか。何にせよ無駄に復興予算から税金が使われるわけですので、コスト面から考えれば一般企業の感覚からはズレていると言わざる得ないのかも知れません。
物事には多面的な判断が必要なのは言わずと知れた事で、政策はその際たるものでありますが、「復興」という最大目標にとって広域処理がどれだけの効果をもたらしたのか、今一度検証しなければならないと思われてなりません。
[2013/01/29 22:24] URL | 風の又三郎 #- [ 編集 ]
静岡県民さん

いつもコメントありがとうございます。
浜岡は自民党になり、ますます再稼動の可能性が高くなったと思います。今回の富士市の震災ガレキも、結局被災地復興に何がプラスかわかりません。富士市が加わっても、処理量は同じ、処理できる時間も短くならない。
しかし市議会でも誰一人、表だって追求しない。富士市がこれから準備し、焼却する時間をそ他の支援に回す方が良い事は、小学生でもわかるはずですが?
浜岡も理屈などではなく、何しろ再稼動!
これを止めるには、国民の多数の声しかありません。
[2013/02/02 14:39] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
風の又三郎さん

こんにちは。
直近の説明会から、全員協議会まで参加する機会にめぐまれ、市長の話を直に聞く事が出来ました。
しかしいくら聞いても、理屈に合わないことが多すぎます。
震災ガレキは決められた数量しか岩手県から出せません。従って今より10市が多く受け入れても、被災地の処理量は何も変わりません。だから突然静岡市は前倒しで終了する事になったと思います。そうでもしなければ、ガレキを取り合う必要が出てきてしまいます。
しかし市議も市民の多くもこの事実には目を向けません。
何度も言っていますが、福島の子供の避難援助、これが最優先の支援だと思います。
このことに目を向けないで、絆も何も無いと思いますが。
なお富士市には再三確認していますので、現時点では木材チップ以外の受入はしないと思います。
[2013/02/02 14:53] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/228-e24cca45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |