富士市の本焼却日時と疑問?
本焼却の日時・焼却灰の埋めて日程を廃棄物対策課に確認しました。
回答は次の通りです。

■実施日:2月18日(月)
・搬入時間:14:00
・焼却開始時間:14:30

■実施日:2月19日(火)~
・19日からは、午後搬入され当日夕方から夜中にかけての焼却と思われます。
ただし交通事情その他で変動するので、正確な時間は不明とのことです。
・基本的には7時間くらいの燃焼時間と推定されます。

■焼却灰の処理
・翌日最終処分場に搬入されます。

なお、2月18日は一般の方は見学できないそうです。
一部周辺地区の役員さんたちには、参加依頼が届いているようです。
試験焼却の時と同様、一部役員・市議会議員の皆さんでセレモニー的に行われると思います。

そこでみなさん胸を張って「絆」と叫ぶのでしょうか?

今とても評判になっていて、複数の市議会議員の方が支持している、本焼却に向けての気持ちを再掲いたします。(市議会だよりから)
hensyugoki


ぜひお願いしたいことは「絆」だとか「みんなで受け入れることが・・・」等の言葉ではなく、貴重な時間や費用を使ったセレモニーではなく、今回の事が被災地の方達のどのような要望に基づき、どのような効果があり、これに使われた復興資金は本当に適正だったと言う事実を伝えていただきたいと思います。
それが震災ガレキに関する重要な、市議会議員の方達の仕事だと思います。

先日岩手の方に、次の事についてご意見をお聞きしました。
富士市は震災ガレキが大幅に減少し、富士市が受け入れても処理が早まる事はない状況で「みんなで受け入れることが大事」と言う判断で受け入れを決定しました。
これは被災地で本当に望む復興支援でしょうか?
富士市に望む復興支援策は何でしょうか?
(今は現地訪問できませんので、メールにより問い合わせました)

被災地個人の方と現地で活動している市民団体の方から回答をいただきました。

個人的メッセージ部分を除いた、震災ガレキに関連した部分を掲載させていただきます。
被災地の方たちそれぞれの立場で、いろいろな思いがあると思います。
これからも多くの被災地の方の声をお聞きする努力をしてまいります。

ただ共通しているのは岩手県では、まだ復興している風景は見ることができないと言う事実と、とてもガレキに目を向ける余裕は無いという事だと思います。
それだけ大変な毎日が続いている状況が伝わってきます。

これからは被災地の方とそれ以外の地区との、情報の共有がとても重要だと感じています。
今はお互いがそれぞれの地域の現状について、正確にわからない状況だと思います。
これは今までの行政やメディアの報道姿勢による影響が大きく作用しています。
「絆」キャンペーンもその一環で、いまその間違いが次々に指摘され始めています。
今後は今まで以上に、私達がしっかり行政の無駄遣いを監視していく事が必要だと思います。

岩手県の個人の方からのメッセージ
沿岸の被災地に住んでいる方々は、毎日、何もなくなった町を見て過ごしています。
本当に町そのものが無くなったということで、毎日を生きていくことだけで精一杯な感じです。
・・・・・・・・・・
沿岸の中小企業は補助金を申請しても9割が却下されました。唯一、観光業くらいがもらえたと聞いております。
そのせいもあるのか、沿岸事業者数の減少はものすごいです。
宮城は沿岸部も平野が多く、代替え地があるので、住宅などの建設が進んでいますが、岩手はリアス式海岸で河口の少しの平地に家を建てていたパターンが多く、住宅再建はまだまだこれからです。
まずは、山を整地して高台移転用の土地を整備しなければなりませんから。
その違いもあり、岩手はまだまだ震災後と変わりのない景色です。
・・・・・・・・・・

岩手県の支援団体の方からのメッセージ
震災がれきが置かれている場所は、被災地のなかでもあまり目につかない低利用の場所を選んで置かれていますし、覆いがされていたりしますので、あまり気にはならなくなっています。復興の支障になるような場所は避けてがれきが置かれているわけですが、土地が非常に限られている三陸沿岸地域にあっては、やはり貴重な平坦地を占拠しています。
がれきの広域処理につきましては、全国の皆様にご無理を申し上げているところですが、できる範囲でご協力をお願いしたいところです。

被災地が抱えているいま一番の問題は、復興が遅れていることです。
がれきの処理以上にこちらの方が問題だといえます。
壊滅した市街地には、いまだに解体撤去できない建物が残っていますし、建物の基礎撤去もまだほとんど手つか
ず状態です。この先、基礎の撤去、盛土造成、基盤整備、そしてようやく住宅や事務所の再建となるわけですが、被災者の方々が落ち着くまでにはまだ5年や10年はかかるのではないでしょうか。被災者の方々は、じっと待たされているわけですが、遅れに対するイライラ感は相当につのっています。
復興が遅れている原因は、もともと被害が非常に甚大であったことが大きいのですが、それ以外の要因としては、復興に携わるマンパワーが絶対的に不足しているということです。
この点につきましても、全国の自治体からたくさんの支援職員が被災地の自治体に派遣され、復興事業にかかわる行政事務に当たっていただいています。
それでも十分に確保できているという状況にはありませんので、これについてもご理解とご協力をいただければありがたいです。

復興支援にかかわるボランティアは、一時期に比べて格段に減少しています。
震災から一年くらいは本当にたくさんの方々にいらしていただき、たいへん助かりました。現在では、がれきの撤去作業といった人海作業はほとんどなくなりましたのでそれほどの人数は必要ないのですが、それでも全国の皆様の支援がなければこれからの復興は厳しくなります。とくにこれからは、より専門的な立場からの継続的な支援であったり、被災地の経済活動を応援するような支援に期待したいと思います。
たとえば、被災地で再開し始めている事業者の方で、せっかく事業を再開しても、作ったものがなかなか売れなかったり、お客さんがあまり来てくれないというような状況にあり、苦労されている事業者の方々がたくさんいらっしゃいます。
こうした方々への専門的なアドバイスをいただけると助かりますし、商品を買って応援していただくという方法もあります。

私どもとしましては、いつもでも皆様からの支援に頼っているわけにもいかないので、早く自立できるように努力していきたいと考えています。
そのためにも今しばらくは皆様からのご支援ご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。


さらに富士市廃棄物対策課で確認しました
富士市はどのような判断で受入を決定したのですか?岩手県から富士市にどのような要請があったのですか?

次のような回答をいただきました。

要請は環境省から静岡県に来たもので市長会ではそれを受け、県内の市町が協力して受け入れましょうと言う事になりました。
あくまでも富士市はその要請に対応したもので、現地の要請で動いたものではありません。

実際の現地の要望は確認される事なく、その復興資金の有効性についても議論される事なく、1年以上前に決定した市長会の意向に沿って、ひたすら進めてきたのだと思います。
しかし当初から受入量が格段に減少したり、復興資金の無駄遣いが報道されたりしていても、ただひたすらそれを理由に推し進めた富士市長の見識は、正しかったでしょうか?

職員の方たちは市長の考えに基づき、そして市議会議員の賛成の決議を受け、忠実に仕事をされてきたのだと思います。職員の方たちがその意向に反する事が出来るわけはなく、富士市がそのような体制にないことは事実だと思います。(もちろんこの体制が良いとは思っていません!)
もし今後「「災害廃棄物の広域処理」」の検証が進み、問題点が確認されたときの責任の所在は明らかだと思います。(市長選・市議会議員選挙とても重要です)

これに関する資金の流れや金額等についての事実確認のため、「公文書公開請求」を開始したいと考えています。
皆さんのご意見もいただきながら、今回の事が正しかったかどうか?
しっかり検証していくことが大切だと考えています。

またメディアの皆さんが、もしこのブログをご覧になることがありましたらお願いがございます。
私たちのような市民に比べ、資金力も行動力もあるメディアの皆さんにぜひ現地を取材していただき、本当に現地の方たちが望む支援について取材していただきたいと思います。
また復興資金の流れについても、ぜひ検証していただきたいと思います。
富士市が、富士市民が、今何を支援すべきか?


少数意見かもしれません、無理なお願いかも知れません、それでもこの声が届くことを期待いたします!

私達は事実を知り、正しく判断し、行動していく事が、何より大切だと考えています!


スポンサーサイト
[2013/02/17 10:56] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
<<震災ガレキ焼却時間の修正と新たな気持ち! | ホーム | 破綻へ向かう「災害廃棄物の広域処理」!全国の動向!>>
コメント
焼却時間
いつも重要な情報をお知らせいただき、本当にありがとうございます。

昨日(2/18)9時過ぎに、環境クリーンセンターへ電話をしたところ、廃棄物対策課の方から折り返しの電話がありました。
回答は次のとおりでした。ご参考までに・・・。
2/19(月)
14:30頃から焼却開始、12時間位の見込み。

2/20(火)~2/28(木)の平日
静岡貨物駅を13時に出発、到着後焼却開始、12時間位の見込み。
静岡出発時間が遅れたり、交通事情により、焼却開始時間はわからないが、早くて14時、遅くて16時の見込み。

2月中の焼却は、1炉で4t/日。3月のガレキ処理量は倍になるが、2炉で焼却するので、焼却時間はあまり変わらない見込み。


以上です。
焼却を開始してみないと、見込みどおりになるかどうかわからないとのことなので、数日したらまた問い合わせてみようと思います。
[2013/02/19 04:17] URL | ゆきこ #xtc7akX2 [ 編集 ]
ゆきこさん

情報ありがとうございました。
早速皆さんに知らせるため、ブログの時間を修整したもの掲載させていただきました。

コメントも転載させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
[2013/02/19 09:37] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
訂正
すみません。
日にちを誤って書いてしまいました。
正しくは、次のとおりです。
申し訳ありません。


2/18(月)
14:30頃から焼却開始、12時間位の見込み。

2/19(火)~2/28(木)の平日
静岡貨物駅を13時に出発、到着後焼却開始、12時間位の見込み。
静岡出発時間が遅れたり、交通事情により、焼却開始時間はわからないが、早くて14時、遅くて16時の見込み。
[2013/02/20 03:12] URL | ゆきこ #xtc7akX2 [ 編集 ]
ゆきこさん

こちらの確認ミスです。
申し訳ございませんでした。
先ほど訂正いたしました。

今後ともよろしくお願いいたします。
[2013/02/20 06:39] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
大事な情報を誤り、申し訳ありません。
早々の修正、ありがとうございました。
[2013/02/21 03:14] URL | ゆきこ #xtc7akX2 [ 編集 ]
そらまめ君で検索すると大気汚染の測定値を見ることができます。私はよく広見小学校隣の青少年センターの数値をチェックしているのですが確かに夜間、いつもの10倍の日があり疑問に思っていました。夜間に燃やしていたからなんですね。子どもと夜散歩にも出られないです。
[2013/02/21 14:07] URL | #- [ 編集 ]
そらまめ君
「そらまめ君」早速見てみました。情報をありがとうございます。
[2013/02/23 05:16] URL | ゆきこ #xtc7akX2 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/237-c809c839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |