福島県の現状について・・・
富士市では、8/13~18日(9:00~17:00)まで、ロゼシアターで戦争展が開かれています。
その中で浪江町から富士市に避難され塾を始めた堀川先生が、福島の現状について広く知っていただくためのコーナーを設けていました。
上記開催日には毎日、説明に来られるという事です。
そのために一週間の休みを取ったそうです。

いろいろな話をお聞きしました。
ここで下手な説明をするより、ぜひ皆さんに直接話を聞いていただきたいと思います。

福島県の現状に関しては、ネット上の情報と行政やメディアが流す内容に大きな隔たりがあり、直接現地の情報を得ることが出来ない我々には、どのように判断したら良いか?迷う事が多いのが現状だと思います。
ぜひこの機会に現状について、疑問に思っていることを聞いてみてください。
そして正しい福島県の現状を知っていただきたいと思います。

堀川さんは・・・
現地の復興のためには、様々な面からの援助や協力が必要です。
しかし私が今一番大切にしたい事は「子供達を守る事です」と話されています。

直近のケースでは、いわき市の四倉海岸の海開きの話が出ました。
詳しく知らなかったので帰って調べてみました。
これはいわき市が発表しているデータです。
四倉海岸メッシュ調査結果

0.23μSvとは一般的に除染対象の数値です。(富士市は0.19μSv/環境保全課に確認済み)
また3月測定時の浜辺の汚染度は、ほとんどが100Bq/Kg以上で最大3,167Bq/Kgとなっています。
100Bq/Kg以上とは、3.11前まではドラム缶に詰め、厳重に保管するレベルだったはず。
砂浜で風が吹けば放射性物質が飛散し、それを吸い込むリスクがすぐ浮かびますが、内部被曝のリスクなどは存在しないのでしょうか?

※詳しくはこちら→→
静岡県で同じ状態ならば、とても海開きなどできないのではないでしょうか?
堀川先生が伝えたい事の多くは、このような環境の中で暮さなければならない子供達がいる、福島県の現状だと思います。
ネット上では、さらに信じられないような多くの情報が流れています。
堀川先生も全てをご存知なわけではないと思います。
しかしふるさとの子供達のために、身を粉にして伝えようとしている言葉は真実の声です。
ぜひ多くの方にその声を聞いていただきたいと思います!
8/18までです。

以上の状況をいわき市はどう考え、情報がどのように伝えられたのか?
参考までに簡単にまとめました。
これをどのように考えるかは、個人の自由である事は言うまでもありません。
リスクを感じない方は、当然と思われるかもしれません。
しかし私たち(仲間)には、とても理解できない事です!
この状態をいわき市は、次のように判断しています。


平成25年度市内海水浴場の開設について

 平成25年5月13日(月)に開催された「第1回いわき市海水浴安全対策会議」において、今年度における市内海水浴場開設の可否について協議を行い、「安全対策面」、「環境衛生面」、「公共工事等の影響」等について検討し、総合的に判断した結果、平成25年度については「勿来海水浴場」及び「四倉海水浴場」を開設することに決定しました。
 ○開設期間等
 (1) 開設海水浴場 勿来海水浴場、四倉海水浴場
 (2) 開設期間    平成25年7月15日(月・祝)~8月18日(日)(35日間)
 (3) 開設時間    午前9時~午後4時
 なお、市では、開設する海水浴場の放射能に関する状況について、「NPO法人いわき環境研究室」に調査を委託しており、その結果は添付のとおりです。
※いわき市のサイトこちら→→
いわき市情報サイトでは
平成25年度海水浴期間:8/18まで!!
※いわき市観光情報サイトはこちら→→
四倉海開き
FNNニュースでは
福島・いわき市の四倉海水浴場で3年ぶりの海開き
※FNNニュースサイトはこちら→→
FNNnews海開き

スポンサーサイト
[2013/08/13 18:25] | 福島県関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<反対多数!富士市石炭火力発電所説明会! | ホーム | 南足柄市!市民無視の震災魚網受入!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/275-f4b55b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |