スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
富士市の火力発電について
富士市の火力発電の建設計画が進んでいます。

■王子マテリア(富士第一工場) →バイオマス発電所/2015/03稼動予定
■日本製紙富士工場(鈴川事業所内)→石炭火力発電所/2016/05稼動予定

これには富士市が製紙不況により、製紙の街から火力発電所の街に変わろうとしている大きなニュースのはずですが?もし他市に同様の計画が起こったら、大きな反対運動が起こると思います。

しかし富士市は長年の大気汚染の状況にならされてしまったのか、ほとんど反対の声は聞かれませんでした。
(計画自体知らない人がほとんどだったと思いますが)
しかし日本製紙の石炭火力発電のニュースから、多くの人が疑問の声を上げるようになっています。

次のチラシは富士市の火力発電所建設に疑問を持ち活動を始めている,
「王子マテリア・日本製紙鈴川工場の新型発電所の安全対策を考える会」
が配布しているものです。
(今回日本製紙の石炭火力発電所建設反対運動と連携するため「王子の新型発電所の安全対策を考える会」から名称変更し活動を開始しています)

火力発電チラシ02


火力発電所建設に対する疑問から、富士市に確認してみました。

(Q)市の活性化と言うが、何百人の雇用が失われ、30人程度の雇用が発生。それと引き換えに大気汚染物質が排出される事についてどう思うか?

(A)例え僅かでも経営が続いていれば、まったく無いよりは良いと考える。


富士市がこのようなしっかりしたビジョンを持つことなく進めているとしたら、子供達の喘息を減らす事が出来るきれいな大気など、いつになっても実現できないと思います。
私達はこれ以上大気汚染が進む事業は、実施すべきでないと考えています。

また世界遺産登録と言うせっかくのチャンスを活かすことも出来ない。
富士市の空を見れば、何本もの煙突から煙が立ち昇るのが見えます。
今度の火力発電が完成すれば、JR富士駅・吉原駅のすぐ目の前に高さ100mの煙突が見える事になります。

富士市は製紙の街として発展してきた経緯があり、このような声を上げる事自体とても勇気がいる事です。
この勇気ある活動には心から拍手を送ると共に、しっかり協力させていただきます。
そしてこれを機会に、市民の意思をはっきり表現する街に変わって欲しいと思います。

そしてこの問題は火力発電所が「良い・悪い」という以前に、市民がどんな富士市を望むかと言う選択の問題だと思います。

1.火力発電建設が富士市の活性化につながると思う市民は、賛成し協力していくべきだと思います。
2.これ以上の大気汚染は望まない。大気のきれいな街を目指したい市民は、反対の声を伝える。

この問題については反対と言うだけでなく、これからもしっかり考えていきます。

※この活動に賛同される方は、上記チラシ記載の連絡先または当ブログ(コメント欄またはフォームメールから)にお気軽にご連絡ください。



スポンサーサイト
[2013/09/03 19:17] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<バイオマス発電のリスク | ホーム | 族議員?除染談合?鮫川村の焼却場事故!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/278-da988f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。