バイオマス発電のリスク
バイオマス発電の実態とリスクについて、現時点までに調べた事をお知らせします。
バイオマス発電に関しても、いろいろな見解があると思います。
以下は、あくまでも私たちの見解でです。

基本的なこと
バイオマス発電は、カーボンニュートラルなどの言葉が使われるように、何となく環境に優しいイメージがあります。
実際木質バイオマス燃料はそれ自身がCO2を取り込んでいたので、焼却時に発生するCO2はその取り込んだ分を排出しているだけである。したがって地球環境に排出されるCO2は増加しない!
理屈ではそうなるのかもしれません。
新たにこの自然循環を維持するには、植林と燃料となる木のバランスが保たれる必要があります。
燃料としているだけでは、山の木はすぐなくなってしまうはずです。
バイオマス自然循環01

そこで木質バイオマス燃料に、何かを混ぜて使用する
何を混ぜて使用するのか?
今度、富士市でバイオマス発電を計画している「王子マテリア」で聞いてみました。
下図の通り、社有林の木材だけでは足りないので、石炭とRPFも使用しますと言う事でした。
この時点でカーボンニュートラルは崩れ、CO2の排出量が上回ります。
バイオマス燃料 RPF RDF

さらに調べていくと、日本製紙連合会が発表している資料には、次の燃料が使われていると記載されていました。一般廃棄物から作るRDFも使用されているようです。
また「バイオマ系の集荷が困難になり、廃棄物系の集荷に努力・・・」と記載されています。
※詳しくはこちら→→
バイオマスに関する記載 日本製紙連合会


その使用燃料構成・使用量は次の通りです。
廃棄物燃料系である「RDF」「RPF」の使用量が、思ったより多い事がわかります。
また今後も増加することが予想されます。
バイオマス燃料使用材料

こうなると自然に優しいというより、廃棄物処理のためのシステムと言われる理由が理解できてきます。
もちろん「廃棄物の有効利用という観点からはメリットがある?」との見方もあります。
しかし富士市の環境汚染の現状から見て、これが多くの工場で使用されていたら?メリットどころではないのではと思います。

次は昨年北海道新聞に記載され、注目された記事です。
福島県の廃プラスチックが、「王子製紙苫小牧工場」でも使用されていた事実を伝えています。(クリックで拡大)

ネピア事件 バイオマス


また産廃に関しては従来より広域処理が行われ、民間業者が自由に取引でき、測定も自主検査である事が伝えられています。
震災ガレキの広域処理は「100Bq/Kg以下」と言うことが、受入条件と発表されてきました。
産廃はその歯止めになる基準は聞いた事がなく、8000Bq/Kg以下なら何の問題もないのでしょうか?
以前より富士市の製紙工場では、「廃棄物」が燃料として使用されている事は聞いていました。
(製紙会社の社員の方から)
それはPSや灰プラではなく「廃棄物」ということでした。
それ以上詳しくは確認しませんので、これは未確認情報です。
ただし「福島県の廃棄物から製造されたRPF・RDF」が、富士市で使用されていないと断言する根拠も見つかっていません?

富士市の民間焼却施設ではダイオキシン特措法により、年1回の測定・公表が義務付けられていますが、それには放射性物質の測定項目はないので、実際はまったくのブラックボックスになっていると思います。
なおこの測定は、企業の自主検査です。
つまり、いつ・何を焼却したときのデータなのか、立会いもなく、外部によるチェックがされていないと言うことです。
(私達は富士市の企業を信頼していますが?富士市の環境を考えた時、少なくとも全て立会い検査にすべきだと考えています。)

また富士市では富士駅前の王子マテリアで、バイオマス発電所の建設が進められています。
しかしすでに大手企業では、日本製紙・大興製紙が富士市でバイオマス発電を実施しています。
その燃料は?

今回は富士市における、バイオ発電に関するリスクについて考えてみました。

信義則
行政の方が法解釈に困り「信義則」と言う言葉を持ち出したことがありました。
信義則とは
社会共同生活において、権利の行使や義務の履行は、互いに相手の信頼や期待を裏切らないように誠実に行わなければならないとする法理。信義誠実の原則。

私達は3.11以降、行政によりこの「信義則」を裏切られてきました。
いま富士市は、これが常識として通用する街になって欲しい!
そんな思いが強くなっています。



スポンサーサイト
[2013/09/06 04:29] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<神奈川県の漁網問題・・・頑張る県民! | ホーム | 富士市の火力発電について>>
コメント
排ガス中の放射性セシウム測定法の問題点に関するビデオをユーチューブにアップしました。
見ていただければ幸いです。
http://youtu.be/up-tKf9MlPw
[2013/09/14 10:16] URL | 樗木 #- [ 編集 ]
樗木様

わかりやすい動画ありがとうございます。
行政はまずこの方法でも測定し、現在論争のあるJISZ8808の測定方法を検証すべきです。
それを実施しないと言う事は、やはり現在の測定方法に問題があると思われても仕方ないと思います。
[2013/09/16 08:27] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/279-10dde063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |