スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ふくしま総文開催について
今年8月に福島で開催される全国高等学校総合文化祭について、静岡県の対応を聞いてみました。
ふくしま総文は通常なら、多くの高校生が参加を希望すると思います。
ただ今年は原発事故が発生した関係で、その開催には賛否があるようです。

高校生をお持ちの親御さんは既にご存知だと思いますが、念のため市役所の教育振興課で聞いてみました。担当の方が他のイベントで不在のため、近日中に確認し連絡いただけるということでした。
本日、次の通り回答がありました。

1.この件について市タッチしていないので県に聞いてみました。
2.県も直接ではなく(社)高等学校文化連盟が、各学校に参加の打診をしたり取りまとめを行っているようです。
3.参加の判断は各学校が行うという事です。
4.更に今回は原発事故が発生したので、本人・家族の同意書を提出していただくようです。
 最終判断は本人・家族が出来るということでした。

お忙しい中調べていただいたようで感謝しています。

参加・不参加を本人・家族が決定出来る事は良かったと思います。
ただそれが本当に自由に意思表示できる場合ですが。
暗に参加の圧力がかかるようなことがないことを願っています。
いずれにしろ、悩まれるご家族も多いと思います。
もちろん本人も。
これもまさしく「原発被害」です。

以下はまったくの個人的な思いです。


もし自分の家族に高校生がいたらと考えてみました。
答えは「絶対参加して欲しくない」というもので、迷うことはありません。
これからの子供の長い人生を考えた時、何の躊躇もなくそのように話します。
家族や本人とは異なる意見かもしれません、その時は一生懸命自分の考えを伝えます。
ただ最後は本人の判断に任せると思います。

「福島で現在暮らしている人たちはどうなんだ」と聞かれたら?
答えようがないと思います。

今回の原発事故は何が正しいのか、本当にわからないことが多いです。
自分で判断し行動しなければなりません。
だから考える基準をはっきりしておかないと迷い続け、結局大事なものを失いかねません。

ただ自分が福島にいたら・・・間違いなく早い段階で避難しています。
それははっきりしています。
仕事をやめてもそうするか、自分だけ残って仕事を続けるかはその時の判断ですが。
子供を守るということを、全ての考えの中心において行動します。
後のことは取り返せるはずだと自分に言い聞かせて。

今回の「ふくしま総文」に関係のあるご家族では、一度はそのリスクについて話し合っていただきたいと思います。
なお福島県からは、開催地はまったく問題ありませんという連絡が来ているそうです。
では、なぜ同意書まで必要なのでしょうか?


スポンサーサイト
[2011/06/27 20:43] | ふくしま総文 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<富士市の放射線量がHPに掲載されました | ホーム | お問い合わせ>>
コメント
ふくしま総文祭 承諾書 でググりました。
>>参加・不参加を本人・家族が決定出来る事は良かったと思います。
ただそれが本当に自由に意思表示できる場合ですが。
暗に参加の圧力がかかるようなことがないことを願っています。

この件に関してひとこと。
私の子どもも参加予定です。私は行かせるつもりはありません。しかし、学校側はすでに参加申し込みを提出し、その間、保護者にはなんの説明もありません。私の県の高文連にききかしたところ、承諾書は要らないとのこと。
学校長の印鑑さえあれば行けるとのことですよ。
実際、私の子どもは担当の先生から『親の承諾書はいらない。あったほうが学校的にはいいけどね』と言われています。総文に確認したところ、承諾書は各県の判断だそうです。
私はこれを『学校に子どもを人質にとられているよう』に思っています。
参加が決まってから、本人も家族も喜んでいたのに、今となってはまるで赤紙か?と思っています。
信頼していた学校だったのに、おとなの都合を押し付けて、言葉の鎖で逃げられなくしているみたいで残念です。
子どもは体のことが心配で行くことを悩んでいます。
出発の時に、柱にくくりつけて、行かせない様にしたいくらい。そうすることは虐待ですかね?行かせる学校は『政府が大丈夫と発表しているから』と正義ですか?私にはパワハラに感じます。
個人的なお考えの文章、同意です。
[2011/06/28 10:17] URL | ふくしま総文参加予定の保護者 #SFo5/nok [ 編集 ]
参加予定の保護者様

メールさせていただきました。
いずれにしても、参加・不参加が自由に選択できなければ、ある意味では犯罪のように感じてしまいます。
低線量被曝については、常に障害発生について確率の問題が残り、誰も保障できません。選択は本人・家族がすることだと思います。
[2011/06/28 15:10] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/30-57fdb570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。