2014年元旦の富士市の風景/煙が一番少ない日?
あけましておめでとうございます!
今年も少しづつですが、情報発信してまいります。
よろしくお願いいたします。

今年の元旦はたまたま、朝日から夕日までの写真を撮る事が出来ました。(素人のピンボケ写真ですが)
富士市は工場が休みに入り、一年で一番空気がきれいな時期だと思います。
「煙突からの煙ゼロ」の風景を楽しみにしていましたが・・・残念ながら5本の煙突からは、いつもの通り煙が排出されていました。
またこの日はスモッグの発生で、市内にモヤがかかりくっきりした風景は見る事は出来ませんでした。

最後に元旦の大気測定局のデータ(吉原第三中学校)と一週間前の同じ測定局のデータを比較してみました。
当然のように原田地区周辺の煙突からの煙が止まっているため、いつもは多いNOXのデータもとても低くなっています。

ごあいさつ
2014年馬の家族

日の出
たまたま散歩途中で出会いました。
元旦の朝日
富士山
スモックが残念です!
元旦の富士山
常に煙突の煙が絶えることがない原田地区周辺の煙がない風景!
ここもスモッグがかかっていて残念!
元旦の原田地区周辺
元旦でも出ている煙突の煙

元旦の煙
夕日
これも偶然撮る事が出来ました。
元旦の夕日
大気測定局のデータ
元旦と一週間前のデータ比較です。(測定局:吉原第三中学校)当然ですが大幅に低くなっています。観測を始めてから初めて見るデータです。
・縦軸は汚染濃度(ppm)
・横軸は測定時間で、元旦の真夜中1時~24時まで、24時間のデータです。
元旦の汚染物質

まだまだ不勉強ですが、観測データを含め、環境に関するデータはだいぶ増えてきました。
また大気汚染についても、少しづつですが理解が進んでいると思います。
そこから見えてくることは、環境基準を満たしているから問題ないとする判断は、やはり危険だということです。

これからも出来る限りしっかりした事実を基に、富士市にクリーンな環境を目指す施策を求めて行きたいと思います。経済と環境の両立が必要な事は、言うまでもありません。

その面からも、不明瞭な経済効果より確実に増加する大気汚染・・・!
石炭火力発電所建設計画には、絶対反対してまいります!


スポンサーサイト
[2014/01/02 18:04] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<元旦の各紙社説/原発関連も | ホーム | 田中優さん「電気代0の話」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/303-ddf1aab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |