スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
石炭火力発電所計画の現状その他について
残念ですが小長井市長は、地元の反対が90%を超える調査結果にも、6500筆の反対署名にも、何も答えることはありませんでした。(反対署名数には、昨年10月に提出した500筆を含みます)
明日から建設工事開始ということですので、とりあえず私たちが理解している現状についてお知らせします。

石炭火力発電所建設問題の現状
6/16(月)から工事開始と聞いていましたので、できればその前に納得できる答えが得られればと期待してきましたが、ここまで小長井市長が出てこないのでは?
しかしそれを言っていても時間だけが過ぎてしまうので、市長の考えについては、8月に元吉原まちづくりセンターで開催される行政懇談会でしっかり聞こうと、地元の方は準備を始めています。
まさかこれを中止することはないと思いますので!

いずれにしても元吉原地区の方や富士市の方で石炭火力発電建設に疑問を持っている方にとっては、署名提出が建設工事開始前の第一ラウンド、建設開始後から稼働までの2年間が第2ラウンドというのが今の状況だと思います。

なお、環境部長や担当部署の責任者が出席した上で行う「質疑の場」を設けることは、先日の話し合いで約束していただいています。
当面このような場で疑問点について確認していきます。

日本製紙からの工事のお知らせ
次はその工事に関し、地元地区対象に回覧で回された日本製紙からのお知らせです。これを提供してくださった地元の方の怒りの声は・・・
「これだけ大事なことを説明会ではなく、回覧ですませるのか!」「必要ならコピーしろということか?」

またある地元の方が5月に「工事その他で心配なことがあるので、そちらに伺います」と日本製紙に連絡したら、町内会を通して欲しいと言われ、聞くことができなかったということです。

稼働予定まで2年。
その間どれだけの負担を地元住民に強いるのか?
市民の声にこたえない市長とこの回覧版に、鈴川石炭火力発電建設問題の進めかたがはっきり表れています。

20140607 工事のお知らせ

なおこの他の説明内容、Q&A等の全文はこちら→→

今、元吉原地区では大きな問題も聞こえ始めています。(事実確認ができたらお知らせします)
また来年は市議会議員選挙もあります。
今後も注目していきたいと思います。

今までの経緯、地元の方の頑張り
石炭火力発電所が稼働すると「どんなリスクがあるのか?もう少し伝えて欲しい」という地元の方の声もいただいていました。

県・市・多くのメディアが、安全だ!経済効果がある!・・・、というメッセージを発信し続けてきました。
市議会でもほとんど議論されません。
それでいて一般市民は、設備の詳しい情報などをほとんど入手することができない状態でした。
「何か変だぞ!」と思っても、この状況ではなかなか理解が進ことは難しいと思います。

そこで地元の方が知識を深めるため、勉強会を企画しました。
町内会長に勉強会を開催したいので、公会堂を貸して欲しいと伝えましたが「市の方針に反する勉強会には貸せない」と断られてしまいました。
「勉強会でなく、意見交換会もダメ」。
町民のための公会堂であり、とても信じられないことですが実際に起こっていることです。

そこで地元住民と富士市民有志が協力し、一軒一軒訪問し署名を兼ねた意向調査を実施することになりました。
このような雰囲気の町内で実施することは、とても勇気がいることだったと思います。
その結果、91%の方が反対という結果が出ました。
地元3地区の14%に当たる戸数の調査結果は、十分検討に値するはずです。
せめて町内として、地区として、市の協力をもって、全戸対象の意向調査を実施する理由にはなったと思います。

しかし現実にはそのような動きになっていないことは、お伝えしてきたとおりです。
このほかにもいろいろな壁にぶつかりながらも、続けてきた地元方の頑張り!

何十年も我慢してきてやっと静かな町になったのに!
石炭火力発電所ができて、地元に何か良いことがあるんですか?
今でさえ人口流失が続いているのに、これでは若者がいなくなってしまう!
・・・・。

その根底にあるものは、このような切実な思いだと思います。
また市内に住む我々にとっても、富士市が火力発電所の街になることなど、絶対に望みません!

このブログについて
このブログは個人のブログから始まっています。今は「富士の子供を守る会」のブログも兼ねていますが、明確な切り分けができておらずわかりづらいと思います。
もう少しシャキッとするように努力します。

石炭火力発電所問題に関しては、次のように考えています。

地元の方からも頼まれている「石炭火力発電所のリスク」について、今まで調べてきたこと含め、少しづつお知らせしていけたらと思います。

環境基本法や大気汚染防止法、環境影響評価・・・などは、一般的になじみがなくとても分かりづらい内容です。
また環境汚染と健康影響の関連も、十分解明されているわけではありません。
「環境基準を満たしているので問題ありません」「法的には問題ありません」・・・、これらの説明をされたとき、何か変だと思っても、なかなかそれに対し正しく理解することは難しいと思います。

環境省に確認しても、県に確認しても、どうしても法の不備?に突き当たります。
「それはそんなんですが・・・、現状では法的にそうなっていまして・・・、」、どうしてもこのような答えに出会うことになります。しかし「市長の意向が強ければ・・・」「市議会で条例を新たに・・・」このような話も聞いています。
私達は、諦めるほど簡単なことはないと考えています。

素人市民がそんな面倒なことをどこまで理解できるかわかりませんが、あきらめずに続けていきたいと思います。
このブログは、決して行政に異議も申し立てることが目的ではありません。
少数意見であっても、疑問点があれば調べ、できるだけ事実に基づいた情報を、伝えていくことができればと思っています。

まとまりのない内容で申し訳ありませんが、取り急ぎお知らせいたします。




スポンサーサイト
[2014/06/12 11:26] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<環境への不安と疑問・・・1 | ホーム | 皆さんからお預かりしていた石炭火力建設反対署名」提出しました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/329-53277485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。