スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
富士市補助金不正受給関連/富士市長も公選法に抵触か?
8/28(木)夕方SBS放送(イブアイニュース)で放送されました。
取り会えす最初の画面だけですが。(詳細は改めて整理した上でお伝えできればと思います)
20140828公選法違反疑惑


8/28(木)の第一報は次の静岡新聞朝刊で、この記事は富士市にとって、相当衝撃的なものでした!

これが事実であれば、公選法(第百九十九条の二)違反!
こちらのサイトは、さらにわかりやすく解説されています。
渡すこともそれを受け取ることも禁止されています。
議員であれば知っていなければならない、イロハに属する部分です。
議員辞職にもつながるからです。

今回対象となっている議員の、モラルの低さは驚くべきものだと思います。

20140828-市長不正疑惑

昨日も書きましたが、なぜメディアが報道しないのか?
その大きな情報の中の一つがこの件でした。
昨日の読売新聞に続き、今回の静岡新聞の記事で、待ったなしの富士市の改革が始まることを期待します。

いずれにしてもこれだけ根の深い補助金不正受給問題が、市民の声がないことから蓋をされてしまったら?
本当に富士市は終わってしまうと思います。
しつこいですがこの問題に注目し、もし疑問・要望があれば積極的に担当課に連絡し確認してください。
※富士市調査委員会窓口は財政課
● 窓口:市庁舎7階南側
● 直通:0545-55-2725
● メールアドレス:zaisei@div.city.fuji.shizuoka.jp

もし職員の中にもこの件は何とかしなければいけないという方がいても、何も市民からの声がなければ、上の指示に従うしかありませんので。
「余計なことを言うな!」と言われれば、従うしかないですよね。

今回の不正受給問題の構図とは?
昨日の読売新聞のまちづくり祭り補助金不正の報道が、本日のさらに進んだ報道につながっています。
両方とも同じまちづくり祭り補助金に関する、不正についての報道です。
次の資料は8/7に公開請求し、8/13に決定通知がおりた、そのまちづくり祭りの資料です。
赤丸の部分が核心部分です。(念のため個人名等は削除してあります)
とてもシンプルな構図で、これを見ていただければ、問題点はすぐわかると思います。


2014082825年度公開請求分


もしこの協賛金が本当は80万円あったとします。(企業・個人などからの協賛金)
それを40万円と過少申告することにより、その差額分をプールすることができます。
またこれにより自己資金部分が少なくなるので、市の補助金分が多くなります。
その結果本来支払われるべき補助金より、多く補助金が支払われることになります。

市に提出されたこの報告書のチェックは、どのように行われるか?
富士市(まちづくり課)に確認しました。
それによると富士市では収入部分はチェックしないということです。
支出部分は、領収書を含めチェックをするそうです。
その合計額があっていれば良いというものです。

したがってこの補助金システムが改善されない限り、このような不正の可能性は今後も残されてしまいます。
長年それで実施してきたので、富士市としては問題ないと考えていたそうです。

さらに県の補助金疑惑では(まちづくり祭りではないですが)、報告されている領収書部分が改ざんされていました。業者に依頼し偽の領収書を発行させる手口です。

もしこのまちづくり祭りの報告書でも、その領収書部分が改ざんされていたら?
さらに不正受給額が増加します。
これは推測部分で、現時点では実際に改ざんがあったかどうか不明です。
県の補助金では改ざんされていた事実があるので、今後調査委員会の調査結果で明らかになると思います。

しかし多くの富士市の補助金システムでは、このようなことが可能でした。(現在も)
これらのことが今まで何年も、放置されてきました。
いったいどれだけの税金が無駄に使われていたか?

ぜひこれを機会に、この補助金システムの見直しを早急に進めてほしいと思います。
まずチェック機能を設けることが必須!
出来れば第三者機関が望ましいと思いますが、それを含め検討していただきたいと思います。

また今回の補助金不正に関する富士市の調査委員会の会長は森田副市長。
この不正疑惑の会長と同じ元吉原地区で、隣接する町内だそうです。
身内でチェックすることになりませんか?
もちろんそれだからより厳密に調査していただけるかもしれませんが。
しかしこの件に関してはそれとは別に、弁護士等も含めた第3者機関の調査も必要だと思います。

さらに今日の報道で重要なことは、現市長を含めた市議の公選法違反の疑い!
これは複雑なことではなく、上表の協賛金の一覧表があります。
それに市議の名前と金額等が記載されていたというものです。
以下の写真は、8/28(木)夕方SBS放送(イブアイニュース)で放送されたものです。
20140828富士市長公選法2

20140828富士市長公選法9

あまりにもシンプルなので、信じられない思いですが、このような風習が以前からあったということは驚きです。

いずれにしても、市民の監視の目がなければ、クリーンな富士市は実現できません。
■言っても仕方ないよ!■どうせ無理だよ!
このようなことが、今回のような不正を生み出す原因の一つであるとこは間違いないと思います。





スポンサーサイト
[2014/08/28 09:30] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<富士市長公選法違反疑惑の続報 | ホーム | 富士市新たな補助金不正受給!および調査に関する続報>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/349-c18ad8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。