スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ふくしま総文について-4
本ブログでは「ふくしま総文」について、今継続して注目しています。
それは次の理由によるものです。
(理不尽かどうかは、主観の問題で押し付けるものではありません)

1.若い人たちに被曝リスクを背負わせてはいけない。
2.8/3が開催日のため時間があまりない。
3.なぜ今福島開催なのか?他の場所ではいけないのか?20mSv問題と同じとても理不尽な出来事。
4.参加予定者にとっては全国共通、九州でも東京でもまったく同じ身近な問題。
5.一人一人が意思表示すれば、場所変更の可能性がある。
6.国・県の理不尽な政策をストップさせるきっかけにしたい。

事故当時から適切な避難指示を出さず、避けられた被爆をさせた可能性がありながら、追い討ちをかけた山下教授や御用学者による世論操作、以前からあったWBC検査の声に耳を貸さず今頃になって実施し始める対応。あまりにも福島県民の健康を無視した数々の対応に、もう待ったをかけていかなければと思います。

misato yugiさんのイラスト。早く思い出話に出てくるようにしたいものです。
しかしまだ現実の出来事です!
子どもの被曝

ツイッター・フェースブック・ブログ等は大変優れた情報発信・伝達手段です。
しかしその先に、それぞれ個人の意思・判断そして行動がなければ、何も変える事は出来ないと思います。

たとえば汚染肥料の問題も深刻だと思います。
知らずに購入し家庭菜園。その肥料からの直接被曝と野菜を食べた時の内部被曝について、政府の説明ではとても安全などとは思えません。
ネット上ではすでに多くの情報が発信されています。
もし身近なホームセンターで販売された場合、店はもちろん市に対しても直接抗議をすることが必要です。
今はもうその危機感を持たなければ、子どもの健康は守れない状況になっていると思います。

「ふくしま総文」はもうあまり時間がありません。
本人・家族の方達は是非一旦立ち止まり、被曝について目を向けてください。
なぜ今福島開催なのか?その方針にも目を向けていただきたいと思います。

本日、福島事務所に開催場所変更のお願いと次の質問をして見ました。
・今もM7.1の地震が発生しています。見直そうと言う意見は出ませんでしたか?
→→特に変更の声は出ていません。もちろんリスクに対して、どのように対応すると言うことは検討されています。

・会場付近にも放射線量が高い地点がありますが放射線量は?
→→今日会場の線量はHPに出ます。

・福島市ではストロンチウムも検出されています。県のその後の対応は?
ストロンチウムは少ないから良いという核種ではないと思いますので。
→→特に対応したとは聞いていません。

・飲食物に関しても検査が集中し、検査漏れを否定できない状態で不安が残りますが問題は?
また今回の牛肉汚染もあってはいけないことですが、まず出荷することを先行させ安全管理は二の次になっていると思いますが、「ふくしま総文」同じ考えではないですか?
→→???

・福島県知事は従来より疑問の声を無視し、福島産野菜の販売キャンペーンを実施していますが?
朝のNHKニュースで桃の出荷について、「基準値以下だからまったく問題ない」と言うコメントが流されました。数値が不明では安全ですと言われても判断できません。
→→???

・福島県の放射線リスクアドバイザーは、以前より100mSvでも安全と言う説明を続け、県はそれを後押ししてきました。
現在も在籍しているということは県はその意見を支持しているのですね?
→→在籍中です。県の立場はそうだと思います。

今はまず開催することが前提で、安全のことなど二の次だと感じています。
今までもいろいろ発生している事実の中で最も怖いことは、後になって汚染がひどかったと言う事実が出ている点です。
いまだに多くの問題を指摘されているリスクアドバイザーの意見を採用している、福島県の「安全」と言うメーっセージ、私にはとても信じることは出来ません。

疑問が残る場合はぜひ、直接事務局に確認していただくことをお奨めいたします。(下記)
第35回全国高等学校総合文化祭福島県実行委員会事務局
(福島県教育庁 全国高等学校総合文化祭推進室内)

〒960-8688
福島県福島市杉妻町2-16 (福島県庁西庁舎10階)
電話:024-521-7792、024-521-7664
FAX:024-521-7964
電子メール:sobun@pref.fukushima.jp  (コピーの際は@を小文字にしてください)



次のサイトに参考になると思います!
→是非一度ご覧ください。



また文科省がHPで公開している「保護者の皆様へ」の資料は次の通りです。参考にしてください。
保護者の皆様へ


「参加」「不参加」の結論は別にして、当事者の方たちが自身をもって判断できることを願っています!
スポンサーサイト
[2011/07/11 00:12] | ふくしま総文 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<放射能ってなあに?(動画バージョン) | ホーム | ふくしま総文について-3>>
コメント
拍手です!
辞退は残念でしたが心は軽くなりました。
ぜひ開催場所変更してほしいです。
[2011/07/11 12:52] URL | みこどう #- [ 編集 ]
みこどうさん
ありがとうございます。
多くの人に向き合ってもらいたいと思います。
[2011/07/11 13:03] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/35-0e3c755b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。