スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
それが富士市のモラルなんでしょうか?
※9/8(土)富士ニュースの関連記事、末尾に追加しました。
※9/6(土)静岡新聞の関連記事、末尾に追加しました。


多数の市議が、公選法に違反している事実がはっきりした今回の問題。
当たり前にすべきことを「公選法順守を盛り込んだ決議」・・・よく意味が分からないですね。
公選法では、提供することも受けとることも禁止している。

何の処罰も不要?
そればかりか実施には困難が予想される?
議会は議員対象の調査や処分については検討していない?

それが富士市のモラルなんでしょうか?
それが市民の望んでいることなんでしょうか?
とにかく今は「唖然」としてます。

9/4(木)静岡新聞

公選法の順守、決議へ 富士市議会祭典「会費」問題

 複数の富士市議が、公職選挙法で禁止されている寄付行為に当たるにもかかわらず市内の祭典で「会費」を出していた問題で、市議会は3日、会派代表者会議を開き、全議員の公選法順守を盛り込んだ決議をすることを決めた。10日の9月定例会初日の本会議で正式決定する。

この問題では、3人の市議が同市元吉原地区の祭りで昨年まで、1回5千円の「会費」を出していたことが判明した。公選法では一切の寄付行為を禁じ、有権者が求めるのも禁止している。罰則もある。
小山忠之議長と村松金祐副議長が3日会見し、議会だよりで公選法の内容を示し、市民への周知も行うとした。小山議長は「決議は重い。自戒を込めて行う」とした。

◇「会費」ほかにも多数 決議実行には困難も

富士市議会が3日、寄付行為を禁じる公職選挙法の順守を示した決議に踏み切った。ただ、祭りへの「会費」は、今回明らかになった3人の市議のほかにも、若手・中堅から古参まで多数の市議が行っている実態もあり、実行には困難が予想される。

「会費は1回につき5千〜1万円」。中堅市議の1人は認めた。主に集落の神社単位で行う祭りで出しているという。あるベテラン市議も「(会費を出すのは)何十年も前から。住民が会費を負担しているのに、手ぶらで行けない」。若手市議は親族の名前で祝儀袋を持参したこともあるという。

祭りを運営する町内会の意識も問われている。収入の項目に市議からの「会費」を予算書に記している町内会があるほか、持参しなかった市議を怒鳴りつける役員もいるという。
一方で、「会費」は不要としている地域もある。地元市議の1人は「こうした土壌が市全域で醸成されれば」と話す。

9/4(木)毎日新聞

富士市議会:寄付禁止順守、決議へ 市長ら違反受け、9月定例会で

 富士市長と同市議の一部が市内の祭りで公選法に触れる寄付を行っていた問題で、市議会は3日、会派代表者会議(正副議長含む9人)を開き、寄付禁止規定を順守する決議を10日開会の9月定例会で行うと合意した。

同法は政治家(立候補予定者を含む)の選挙区内の一切の寄付を禁止し、有権者が求めるのも禁じている。市選管(川島公夫委員長)は2日、小長井義正市長と小山忠之議長宛てに厳正な順守を求める要望書を提出した。

市議会は、市民向けの広報誌で決議内容や規定を説明し、協力も求める。市長は自ら減給処分する方針だが、議会は議員対象の調査や処分については検討していないという。

小山議長は3日に記者会見を開き「議員(36人)はさまざまな活動をし地域性もある。すべてを他山の石として自戒、自省し、議会の意思を明確に示し、市民の理解を得ていきたい」と話した。

9/6(土)静岡新聞

7事業270万円不正 富士・補助金問題

 富士市の元市町内会連合会長が代表を務める複数の住民団体が、補助金を不正受給していた問題で、市は5日、元会長が経理などに関与していた7事業で不正があったと発表した。金額は270万円ほどで、市は返還を求める。11日の調査委員会(委員長・森田正郁副市長)で、今後の対応など最終判断をする。

市によると、元会長が関係した14事業(対象額約1820万円)の2007年度〜14年度において、調査委が帳簿と通帳や補助金の流れ、物品購入などを確認した。架空の領収書で物品を購入したように見せ掛けていたなどの不正が見つかったという。

元会長が代表だった地元の元吉原地区町内会連合会による保安林整備事業では、補助金が充てられた07年度〜13年度(補助額は各年度20万円)の全てで不正があった。調査委による町内会長らからの聞き取りで裏付けられた。
先月下旬から3回、元会長本人に聞き取ったところ、おおむね認めたという。私的流用は否定している。他の7事業に違法性はなかったとした。


9/8(月)富士ニュース

富士市の元町内会連合会長 約270万円の不正受給

富士市の元町内会連合会長の男性が代表を務める団体の補助金の不正受給問題で、市は7事業で約270万円の不正受給があったと発表した。

このほど開かれた3回目の調査委員会で明らかになった。

9月11日(木)に予定している調査委で最終的な調査結果をまとめ、今後の対応を判断する見込み。


スポンサーサイト
[2014/09/04 14:50] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<法人減税、献金再開 政策をカネで買う? 経団連の露骨 | ホーム | 公選法順守を 富士市長と議長に選管要望/ツバメ親子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/353-bd36c0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。