うちわで公選法違反
「女性が輝く社会」を標榜するため、5名の女性閣僚を入閣させた第二次安倍改造政権。
女性閣僚を起用すれば「女性が輝く社会」が実現できるわけではなく、実現するだけの実力があって初めて実現すること。
「政策の実現には大臣の性別など関係ない。熱意と実力があればどどちらでも良いはず」と思っていたら案の定・・・松島法相・小渕経済産業大臣の公選法違反疑惑!

我々国民は何度、大臣のバーゲンセールのような茶番劇を見せられるんだろうか?いい加減にしてほしい。

本日の「松島法相を東京地検に刑事告発」のニュースを見て、
富士市9月定例議会で、「市長に公選法違反で詰め寄る市議の姿が見たかった」と、多くの人が感じていると思います。
来年春の市議選に向け、やはり「市民の意識改革」が何よりも必要だと感じています。

10/17日本テレビ系(NNN)(金)

“うちわ”で松島法相を刑事告発


 民主党は17日午後、松島法相が自らの選挙区で「うちわ」を配布したと指摘されている問題で、価値ある品物の配布を禁じた公職選挙法に違反しているとして、松島法相を東京地検に刑事告発した。

 民主党は国会で松島法相が選挙区で「うちわ」を配布したと指摘し、価値ある品物の配布を禁じた公職選挙法に違反していると追及している。これに対し、松島法相はイベント会場で無料で配られているものに類するもので価値ある品物の配布にはあたらないと釈明している。

 こうした中、民主党は17日午後2時すぎ、松島法相を公職選挙法違反の疑いで東京地検に刑事告発した。会見で民主党の階猛議員は、「言うまでもなく職を辞するべきだ」と述べ、松島法相に辞任を求めた。
※動画はこちら→→
20141017うちわ公選法違反-1
20141017うちわ公選法違反-2
20141017うちわ公選法違反-3


さらに詳しくは、次の日刊ゲンダイをご覧ください!
「決定的証拠も飛び出し…松島法相「公選法違反」で辞任秒読み」



スポンサーサイト
[2014/10/17 20:54] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~ | ホーム | 市民の意識改革が急務!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/361-b57b0338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |