スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
川内原発再稼働賛成の陳情を賛成多数で採択!
毎日新聞 2014年11月07日

川内原発:再稼働の陳情 鹿児島県議会が採択

1107川内原発航空写真

九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働について審議している鹿児島県議会(定数51、欠員2)は臨時議会最終日の7日午前、本会議が再開した。前日の原子力安全対策等特別委員会に続き、再稼働を求める陳情を賛成多数で採択した。この結果を受け、伊藤祐一郎知事は7日のうちに再稼働に同意するとみられる。

7日の本会議の冒頭、特別委員会の中村真委員長が前日の深夜に及んだ採択の結果を報告。再稼働反対陳情31件と賛成陳情1件について審議を尽くし「国の新規制基準に適合した原発の再稼働は必要」などとして賛成の採決をしたと説明した。質疑後に各会派が討論し「事故が発生した際の避難計画が不十分」などと意見を述べた。

その後、特別委員会と同じ32件の陳情を順次、採決し、薩摩川内市の商工団体などから出された賛成陳情を賛成多数で採択した。

臨時議会は、伊藤知事が(1)新規制基準に適合して安全性が確保された(2)経済産業相が事故の際は国が責任を持つことを明言した−−などを理由に「判断する条件が整った」として招集し、5日に開会した。

県議会が再稼働容認の判断をしたことを受けて、伊藤知事は7日夕に会見を開き「国のエネルギー事情」などを理由に再稼働を容認する見通し。立地市の薩摩川内市議会と市長は10月28日に同意を表明しており、県議会と知事の同意で一連の地元手続きは終了する。

ただし、原子力規制委員会による工事計画や保安規定の認可が残っており、再稼働は年明けになるとみられる。

一方、県庁と県議会棟周辺ではこの日、再稼働阻止のために10月末から声を上げてきた全国の市民グループがのぼりや横断幕を掲げて抗議を続けた。

NHKニュース 2014年11月07日
本文こちら→→
1107本会議で賛成採決

■来年は統一地方選!賛成した議員を、住民がどのように判断するだろうか?
また過半数の住民が反対署名している市では、リコールも可能。
有権者の1/3以上の署名が集まれば、請求できる。
1107本会議で賛成採決-2

不安を抱える県民の心情を思えば、間違ってもこのような表情はできないと思う。
この笑顔に原子力村や政府の本音が見えてくる!
1107本会議で賛成採決-知事

県庁前の今日(11/07)の再稼働反対行動のようす。(鹿児島放送→→)
放送時点で参加者は、400名に達しているそうです。感謝の気持ちでいっぱいです!
1107県庁前反対市民


スポンサーサイト
[2014/11/07 14:19] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<川内原発:再稼働で見えてきたもの | ホーム | 鹿児島県議会特別委で賛成の陳情を採択!>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/11/07 19:18] | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/01/17 03:28] | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/366-0652f631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。