国民管理システムと寄生生物の関係は?
昨年秋の「公選法違反」騒動。(いずれも当時の役職)
小渕優子経産相・松島みどり法相が辞任。御法川信英財務副大臣・塩崎恭久厚労相もカレンダー疑惑他???こちら→→

今表面化しているものだけでも、東京新聞によると次の通り。
「辞任した西川公也前農相に続き望月義夫環境相、上川陽子法相の政党支部が補助金被交付企業から寄付を受けていたことが発覚し、安倍晋三首相や岡田克也民主党代表、林芳正農相、甘利明経済再生担当相の政党支部でも判明した。
 補助金被交付企業による政治献金が日常的であることが分かる。政治資金収支報告書を詳細に調べていけば、ほかの政治家でも明るみに出てくるのではないか。」
3/4東京新聞

企業団体献金 全廃含め抜本見直しを

2015年3月4日

 国から補助金をもらいながら政治献金をしている企業の何と多いことか。政治家への税金の還流が疑われては、政治不信は募るばかりだ。企業・団体献金はこの際、全廃を含めて検討してはどうか。

 「政治とカネ」の問題が次々と発覚するのは、政治家自身の姿勢はもちろん、政治資金規正法自体に不備があるからではないか。

 規正法は、国から補助金の交付を受ける企業に対し、交付決定通知から一年間、政党や政治資金団体への寄付を原則禁じている。補助金の原資である税金が、政治献金の形で政治家に還流することを防ぐためにほかならない。
・・・・・

※全文こちら→→
※上記記事の解説図↓↓(知り合いが怒りを込めて作成!)

政党助成金(政党交付金)は汚職の元凶「企業・団体献金」を廃止する代わりに、国民一人当たり250円(22年度総額約320億円)払いましょうだったはず。(これだってなぜ必要か、私は理解できていないですが?)

ザル法1-政党助成金
ザル法2-知らなかった

しかし今でも企業団体献金は、ルートを変えしっかり機能している。与党も野党も同じ穴の狢。
いまさら酒の肴にして怒っても、どうにもならない?
これも国民の「無関心・諦め」が原点にあり成り立っている。
・・・というより、そのように官僚を中心に行政により構築された「国民管理システム」でしょうか?

そして原発に関しては、次のようなシステムが知られています。従業員や職員一人一人の思いは異なっても、大枠において巨大な利権システム。国民一人一人の力は非常に小さいですが、このシステムが暴走したとき止めることは、その国民にしかできないと思います。その国民が「無関心・諦め」では、何も変わることはない!
原子力村の相関図-20150307
※河合弘之弁護士初監督作品・映画『日本と原発』の図を参考に、一部変更し使用させていただきました。

ここで注目すべきは国民の税金・電気料金が、そのシステムの原資になっている点!
国民が原子力村の利権を得ている人たちの、生活向上に貢献している?
本来、民間企業であれば倒産しているはずの東電の経営は、電気料金と税金でしっかり支えられています。
(出典)
・東電の平均給与は684万円。(年収ラボ)※平均年収推移は下図
・上場企業の平均給与600万円。(東京商工リサーチ
・国民全体の平均給与は408万円。(国税庁/24年度調査結果
東電年収の推移20150307
個人的には・・・
社員の方がいくら高給をもらおうが、福島第一原発の影響を受けた人たちが納得しているなら良いですが?

ミドリゴキブリバチ
先日見たテッド「エド・ヨン: 自殺するコオロギ、ゾンビ化するゴキブリ、その他の寄生生物にまつわる話」の中に出てきた蜂です。

この蜂は針でゴキブリの脳の特定部位を探り当て毒を注入します。この毒はゴキブリを殺しません。ゴキブリは歩くことも飛ぶことも逃げることもできます。しかし「危険だから逃げる」という意識を奪い、犬でも散歩するように触角を引っ張り、巣につれ帰り、その体にタマゴを産み付けます。
エメラルドゴキブリバチ-1

後ははエイリアンの世界!
身も心も命まで、エメラルドゴキブリバチにささげます。
本当はそんなことは望んでいないのに・・・!
エメラルドゴキブリバチ-2

この話にはこの他にも、各種寄生生物によりコントロールされる事例が出てきます。
軽やかな話なので、軽い感じで聞くことができます。TEDこちら→→

我々はもちろんこのゴキブリや、条虫に取り付けれたアルテミアでもなく、ハリガネムシに取り付けれ自殺するコオロギでもないぞ!と思いたいですが?
様々な理不尽な現象を目にしているのに何もできないとしたら、ある種の毒に侵され、自由意思を奪われ、操られているかもしれないですね。

おそらく寄生虫の名は「官僚たかり虫」。
今、効果的な殺虫剤を開発中!


スポンサーサイト
[2015/03/07 14:26] | 政府・議員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<関西電力は追い詰められている?高浜原発運転差し止め申し立て第2回審尋 | ホーム | 過半数の民意の行方?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/383-d3f2d0e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |