スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
高浜原発14日/川内原発22日に再稼働差し止め仮処分の判断!
注目の再稼働差し止め仮処分に関し、福井地裁(高浜原発)・鹿児島地裁(川内原発)より認めるかどうかの決定が下されます。特に先に出される福井地裁(高浜原発)の判断は、樋口英明裁判長によるもの。
注目していきましょう!
毎日新聞/高浜原発

高浜原発:再稼働差し止め仮処分、14日に判断 福井地裁

毎日新聞 2015年04月09日

福井県や関西の住民ら9人が関西電力高浜原発10+件3、4号機(同県高浜町)、大飯原発3、4号機(同県おおい町)の再稼働差し止めを求めた仮処分の申し立てで、福井地裁(樋口英明裁判長)は9日、高浜3、4号機についての判断を14日に出すことを住民側と関電に伝えた。

関電は高浜3、4号機の再稼働を今年11月と見込むが、仮に差し止めを認める決定が出れば、決定の取り消し・変更や仮処分の執行停止がない限り再稼働できず、スケジュールへの影響は避けられそうにない。

争点は原発の安全対策など。住民側は申立書で、今回と同じ樋口裁判長が大飯3、4号機運転差し止めを命じた昨年5月の福井地裁判決に触れ、「再稼働で住民の人格権が侵害される危険がある」と主張。関電は答弁書で「多重防護の考えに基づく対策を講じ、安全性は確保されている」と反論している。

関電は樋口裁判長ら裁判官3人の交代を求める忌避を申し立てたが、地裁は却下。住民側によると、名古屋高裁金沢支部も関電の即時抗告を9日付で却下した。

◇最終的判断までに時間

2011年の東京電力福島第1原発事故後、原発の運転差し止めを命じた司法判断は関西電力大飯原発3、4号機の福井地裁判決のみ。関電と住民側の双方が控訴し、名古屋高裁金沢支部で審理中。判決は確定しておらず関電は法律上再稼働できる。

一方、仮処分で原発の運転を差し止めた司法判断はない。判決確定まで効力が発生しない訴訟とは異なり、仮処分は決定が出た段階で効力が生じる。関電側は決定に対して地裁へ異議申し立てができ、その場合は改めて審理される。

異議申し立ての審理結果に不服があれば、さらに双方が高裁へ保全抗告の手続きを取ることができる。しかし、最終的な判断が出るまで時間がかかる。

■地元/福井新聞→→

朝日新聞/川内原発

川内再稼働差し止めの仮処分、地裁決定は22日

朝日新聞 2015年04月07日

九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の地元住民らが、九電に再稼働の差し止めを求めて申し立てた仮処分について、鹿児島地裁は22日に認めるかどうかの決定を出す。地裁が7日、住民側と九電側双方に伝えた。

仮処分は、同地裁に川内原発の運転差し止めを求める民事訴訟を起こしている原告住民の一部が、昨年5月に申し立てた。原発の耐震安全性が不十分などと主張する住民側に対し、九電側は安全性は十分だとして申請の棄却を求めている。

川内原発1号機では再稼働に向けて国の原子力規制委員会が現地で検査する「使用前検査」が3月末に始まった。九電は7月上旬にも原子炉を起動させて再稼働させる方針だが、仮処分が認められると、再稼働時期が当面見通せなくなる可能性がある。

■地元/西日本新聞→→




スポンサーサイト
[2015/04/10 13:04] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<高浜原発 再稼働認めない仮処分決定 | ホーム | 富士市職員相次ぐ不祥事/静岡新聞>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/08/02 20:33] | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/387-c22f2cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。