スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
理解できない説明 その1
安倍総理の先日のテレビ解説、国民をバカにしているとしか思えないが、案の定、各方面からもひどい評価を受けている。その理由は極めてシンプル、戦争と火事を一緒にするな!
安保を火事で説明-1

普通に考えるリスクの想定
普通に考え、実際に想定できる状況を複数示し、説明するのが当然だと思う。
比較対象にならない例で、説明すること自体が理解できない。
そもそも内容不明な法案であり、国民の情報は限られている中で、正確な状況は想定できない。
しかし少なくとも下図のようなリスクの想定は、だれもが感じているものだと思う。


集団的自衛権なら-01


次は現在の状況。
先の大戦後、日本は攻撃されない限り、他国を攻撃することはない。
これが世界に誇れる日本の平和に対する姿勢であり、胸を張って自慢できる日本ブランドだと思う。


個別的自衛権なら-01


そもそも前提が間違っている
日本の周辺国で、アメリカの軍艦を攻撃する国があるだろうか?
強大な戦力を誇るアメリカの軍艦を攻撃することは、アメリカとの戦争を意味する。
まずあり得ない前提だと思う。

またこれに関し最初は「日本人を護送中のアメリカの軍艦を攻撃され・・・」という説明をしていたが、「軍艦に民間人を乗せることはまずない」ということがわかってしまいこれもダメ!
「安倍さん」「麻生さん」のケンカの説明もダメ。
今回の火事の説明もダメ!
今度は盛んに中国の脅威を煽っているが、これも簡単に反論されてダメ!
(まだ盛んに使用しているようですが)

いずれにしてもこれ以上、日本の総理大臣の品格を傷つけて欲しくない。
そんな気持ちになってくる。


スポンサーサイト
[2015/07/25 09:24] | 政府・議員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<理解できない説明-その2 | ホーム | 7.18静岡総がかり行動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/399-e0716ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。