「ふくしま総文」二つの選択
福島市は全市の除染を決定しました。福島市の住民の方にとっては良い知らせだと思います。
ただその現実を見たときに、その環境で若い人を集めイベントを実施することは、どうしても疑問が残ってしまいます。
余震も活発です。
しかし「ふくしま総文」に予定変更はないそうです。
多くの人たちが「参加」「不参加」で悩んでいます。

それは突き詰めると次の二つの選択のうち、どちらを選択するかと言うことだと思います。

2つのモデルケースを比較してみました。


政府・マスコミ報道を鵜呑みにせず、まず立ち止まって冷静に事実を比較してください。
どちらを選択しますか?
今日本ではどちらも選択することが出来ます。(下図)

2つの選択


事故発生以来、国の対応に疑問を持つケースが続いています


以下は一例ですがとても影響が大きく、今も多くの人の心を傷つけていると思います。

■国はBでも「直ちに影響のあるレベルではないと」言い続けています。
影響がはっきり出るのは、5年・10年・20年先です。
責任回避の卑怯な言い方ではないですか。
この言葉を信じ被曝をした人がいないことを祈るしかありません。

■福島県のリスク管理アドバイザーは「100mSv/年」でも問題ないと言い続けていました。
国の決めたことだから従うべきだとも話しています。
「山下俊一教授」のキーワードで検索してみてください。多くの記事や動画がご覧いただけます。

■以前から要求してきても実施しなかったWBC検査。
生物学的半減期が過ぎ、既にヨウ素は検出できなくなってからやっと始まりました。
個人的にはこれは犯罪に匹敵する行為だと感じています。
政府は飯館村や浪江町の深刻な汚染状態は早い段階で知っていたと思います。万一知らなくても4月の航空モニタリングデータで、チェルノブイリより汚染がひどい地点があるのがはっきりしました。
当然子どもの被曝が心配ですぐWBC検査をすると思っていたが、一向に実施する気配がなく今に至っています。

■テレビ・新聞は今も「安全報道」を流し続けています。
「安全です」「まったく問題ありません」これを繰り返す学者が、どれだけテレビに出たでしょうか。
Bに批判的な学者は、ほとんどテレビに出ることはありません。

先日NHK・TVに出た琉球大学の矢ケ崎名誉教授は、以前より内部被曝を訴え現状に対して警告を発し続けています。番組では話をさえぎられる等の嫌がらせとも思える対応があり、多くの人が怒りの声を上げました。
(教授の動画は長時間ですのでゆっくりご覧ください)

すげのや現松本市長(医師)は、3月の時点で次のようなメッセージを出しています。→→
この頃は多くの学者がテレビで、一回限りのレントゲンの線量と比較し「安全です」を繰り返していた時期です。
すげのや市長はチェルノブイリ事故後現地に入り、多くの被曝した子ども達の治療を行っています。

テレビで「安全です」と話す学者と比較し、どちらが信頼できますか?


■先日の汚染牛肉流通の件も、政府は「今市場で売られているものは絶対安全です」といい続けていたのに、この事態が発生しても誰も責任を取るどころか、少量なので食べても問題ないと発言しています。
国民にとって最も大切な食の安全が崩壊したのに、とても理解できない対応です。

これらのあやふやな対応のため福島県の人たちは考えが2分され、家族でさえも意見の食い違いが出て悩みを大きくしています。
「ふくしま総文」に関しても、同様の混乱がおきています。


国の話は本当だろうか?・・・今は多くの事実がわかっています。


・疑問を持ち調べてくれた人たちから、多くの情報が出てまいりました。
・学者や医療の専門家からも、多くの異なる事実が発表されています。
・世界の放射線に関する基準値も分かりました。(詳しくはこちら→
・内部被曝の重要性もわかってきました。(詳しくはこちら→

今は比較する材料がたくさんあります。どうか冷静に状況を判断してください。


多くの参加できない生徒がいます。悩んでいる親もいます。生徒へのメッセージも!


開催時期・開催場所を変えていただければ、悔しい思いはしなくてすみます!

福島でも出場予定だった生徒約330人のうち約140人が参加できなくなっています。→

当初203人が出場予定だったが、震災や福島第1原発事故の影響で95人に減少。→

第35回全国高等学校総合文化祭 (ふくしま総文)への出場辞退のお知らせ。→

総文祭を楽しみにしていた時のことを思うと複雑。→

私はもともと某部門に出場が決まっていました。→

福島の高総文、本県21人出場辞退。保護者の承諾が得られなかったことが理由。→

【ふくしま総文開催反対】意見まとめ・・・ツイッターの皆さんの意見です!→

「ふくしま総文」に参加する高校生のみなさんへ→

「いま、子どもたちを守るために知っておきたい放射能のこと」


「NPO法人チェルノブイリへのかけはし」(略称:「かけはし」)は、チェルノブイリ原発事故で被災した子どもたちを日本に招待し転地療養させることによって健康回復をはかる”保養里親運動”をはじめ、被災地に対して様々な救援活動を行なっている民間ボランティア団体です。野呂美加さんは長年、子ども達のための活動を行っています。その講演会の動画です。(1/7話です)
野呂美加さん

NHK報道「“死の灰”の放射線 世界初の確認 」


何十年も放射線を出し続けている内部被曝の実態。
一回の被曝で遺伝子に傷が入りやすくなり、がんになりやすいということを示唆するデータ。
福島市では微量ですがストロンチウムも検出されています。
これは体内に取り込むと骨に沈着し、何十年も放射線を出し続けます。
5分弱ですが内部被曝の貴重な映像です。

死の灰の放射線
スポンサーサイト
[2011/07/14 17:09] | ふくしま総文 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<富士市「食の安全」に関する回答 | ホーム | 浜岡原発のリスク>>
コメント
はじめまして
はじめまして。
子どもを利用するのはいけませんね。
決して安全な土地だとは言い切れないのに。
転載させてください。
宜しくお願いします!
[2011/07/19 20:07] URL | T #- [ 編集 ]
私の住んでいるところと比べると、放射線量が20倍以上高いですが、参加する高校があります。本当によく考えてもらいたいです。
よろしくお願いいたします。
[2011/07/19 21:08] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/40-40f278f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |