スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
富士市鈴川石炭火力発電所の石炭搬送ルート変更について
港の石炭ヤードから火力発電所への石炭搬入ルートは住民への影響を考え、当初の説明では鈴川沿いの道路は使わないということでした。それが変更になったようなので、調べて欲しいと要望がありました。
先日、富士市で確認したところ、間違いないということでしたのでお知らせします。
(地図はクリックで拡大します)
20160806搬入ルート

この沼川沿いの道路は吉原駅が近く、住民の方はとても不安で「他のルートにして欲しい」と訴えていました。一旦はルート変更しますということで「ホッ」としたようですが、最終的にこのルートになり、どんな思いでしょうか?

車両は下記のような、石炭粉塵防止用のカバー付きダンプカーになるという説明です。

こんな感じです

これで粉塵の飛散が防げるかどうか?若干不安はありますが。
20160806 石炭運搬車両-カバー付

これはカバーがかかっていない状態

今回船から石炭ヤードへの搬入の場面を見ることができましたが、その際はカバーは被せていませんでした。距離が短いことと、搬送台数がとても多く、カバーをかけている余裕はないと思います。
20160806石炭搬送トラック-blue

沼川沿い道路を12t車が一日75台(往復150台)走行します
.もし8時間でこの台数が通過するとなると、数分に一台は通っていることになります。

下の写真のように沼川沿いの道路を石炭火力発電所に向かい、多数のダンプが通過することになります。
車の排気ガス・石炭の粉塵・騒音・振動などが、当然予想されます。
朝夕ラッシュ時の混雑や事故の心配などについても、住民の方たちは心配しています。

20160804 石炭1-900

今回たまたま、船から石炭ヤードまでの運搬の様子を見ることができました。
あまり見かけない風景だったので、参考までにお知らせします。
間違いがありましたら、指摘してください。

船から石炭ヤードへ
日本製紙の資料から、石炭ヤードの貯蔵量は45,000トンだということです。
田子の浦港は45,000トンクラスの船舶の入港が可能だということなので、おそらく年8回位船が入ってくると思います。発電所の一日の石炭使用料900トンからしても、だいたいそのくらいだと思います。

少し漫画的ですが、下図の赤いルートをダンプカーがピストン輸送していました。

20160806船からヤードへ
ここで疑問に思ったことがあります。
もし船で45,000トンの石炭を運んでくるとしたら、12t車では何回石炭ヤードに運べばよいか?
単純計算では3750台!
今度確認してみますが、どのくらいの時間かかるんでしょうか?

船からダンプへ
今回確認できたのは、船の前方からのアングルです。船からは2台のクレーンで石炭をおろし(①)、待機しているダンプ(②)に積み込んでいました。ほぼ平行して2台のダンプに積み込む状況です。
終わるとすぐダンプは発車し、石炭ヤードに向かいます。次々にダンプが到着し、まさにピストン輸送でした。

20160806船からトラック

石炭ヤードでは
船から積み込んだ石炭が次々と運び込まれ、降ろされ、また船に向かって行きました。

20160806石炭ヤードの風景

石炭ヤード
交差点角に位置しています。周辺にあるのは飛散防止ネットだということですが、これで細かい粉塵が防止できるんでしょうか?また飛散防止のため常時散水をするということでしたが、現在まで散水の様子は確認できていません。
20160806石炭ヤードの写真

石炭火力発電所は、石炭が火力発電所に到着するまででも、相当な労力を要すること。
そのために船や車両からだけでも、多くの大気汚染物質が排出されるという事実。

もし発電所が本格稼働すれば、そこから膨大な量の排出ガスが放出されます。

更に今回取り上げていませんが、石炭の燃えカスなどの廃棄物や排水に関しても相当な量になります。
これらについても、今後詳しく調べる必要があると思います。

いずれにしろ富士市の環境が叫ぶことができたら、悲鳴を上げることは間違いないと思います。
どうしてこれで富士市の活性化に繋がるのか?
まったく想像もできません!






スポンサーサイト
[2016/08/06 13:50] | 富士市関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<原子力規制委員会と伊方原発再稼動 | ホーム | 清水LNG火力発電所建設と沖縄高江ヘリパッド建設>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/442-abc164d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。