沖縄東村高江の現状/富士市鈴川石炭火力発電所正式稼働
報告が遅れましたが、8/31「静岡・沖縄を語る会」の高江緊急報告集会が行われました。
実際に現地行動に参加している事務局長の話は、とてもわかりやすく、もしこのまま工事が進むとしたら「民主主義の崩壊」が実際に起こることを実感しました。

20160831高江報告会-2

例えば各地で行われる、行政による事業。
それが住民にとって不安が大きな事業であり、中止して欲しいという民意が多数でも、説明もなく権力の力で推し進められてしまうことを容認することになるからです。

報告会の内容を、正確にブログで伝える自信がありません。
遠くから眺めているだけの私に、今は、現地の方たちの思いを十分理解し、起こっている事実の善悪の判断が、正確にできないからです。
常識の範囲を超えた出来事が、毎日・毎日・繰り返し起こっているように思います。

今の高江の状況は、以下の記事が伝えている内容がわかりやすいと思います。

■朝日新聞社説(9/4)・・・沖縄ヘリ施設 政府の強引さ目に余る

http://www.asahi.com/paper/editorial2.html?iref=comtop_shasetsu_02

■金平茂紀の新・ワジワジー通信(9/2)・・・辺野古・高江、目覆う無法状態 「傍観」が助長 司法機能せず

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60310

■TBSニュース(9/3)・・・沖縄でヘリパッド本格工事着手、反対派は抗議集会

「やんばるの森」破壊の現実!
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2860160.html

肝心なことは、少なくとも事実を目にし、疑問に感じている私達が、その事実を知らない人に伝えることだと思います。富士市では何ができるか?
静岡・沖縄を語る会の方と相談し、できれば講演会を開きたいと考えています。

■「静岡・沖縄を語る会」の内容・連絡先はこちらをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/okinawakataru

石炭火力発電所正式稼働
9/1、富士市鈴川石炭火力発電所の正式稼働が始まりました。
これは合法的に行われたとは言え、多くの富士市民は本当に歓迎しているんだろうか?
これはできれば調べてみたいと思います。
「稼働したから仕方がない」、などということもないはずです。
疑問があれば、確認は継続しておこなってまいります。

この事実を伝えた報道は、本日まで朝日新聞一社だけ。(9/2朝刊)
しかしこの記事を見た方からは、怒りの声も聞こえています。

その内容は

1.効率の低い「亜臨界圧」という発電技術である

これは事業者自ら説明している、SOX75%、NOX50%という低い除去率からもうなずけます。

2.公的チェックを受けずに計画が進められた(アセスのがれ?の問題)

稼働前に一切の公的チェックを受けいていないことは、私達も静岡県・富士市で確認しています。

この記事にも事業者は県・市に対し、自主アセス結果を口頭で説明したとしています。

富士市環境保全課は
「自主アセスの結果、環境への影響は少ないという報告は受けた。数値は聞いていない」
と報道されています。

私達が富士市環境部に確認している事実も・・・、
稼働前に排出ガスのチェックは行いません。
試験稼働時もチェックしません。
稼働した今もチェックすることはありません。

要するにすべて事業者の口頭説明だけで、計画が進み、実際に稼働しています。
これが法的枠組みの現実であり、富士市の環境汚染に対する考え方だと思います。

しかい直近でも今まで見たことがない迷走台風により、東北・北海道で大きな被害が出ています。
これが温暖化によるものかどうかは定かではないですが、無関係とは考えづらいです。
世界中で発生している異常気象も、温暖化に無縁ではないはずです。
やはり温室効果ガスの削減に努力することが、正常な行政の姿勢ではないでしょうか?
しかし富士市では、確実に温室効果ガスの排出量が大幅に増加する石炭火力発電所の稼働には、まったく興味が無いのでしょうか?

先日もCO2の排出量を教えていただこうと、環境部(保全課・総務課)を訪問しましたが、「わからない」ということでした。
一瞬耳を疑いましたが富士市の環境部では、その数値を知る必要が無いということのようです?

地元紙である、静岡新聞・富士ニュースにも掲載されていないようです。
工業都市や工場夜景をアピールしている富士市です。
なぜ富士市の玄関に建設された、県内初の石炭火力発電所をアピールしないのか?不思議に思いませんか。

20160905 玄関の風景
※沼津方面より見た富士市の玄関風景(9/5)。一番手前に石炭火力発電所が見えてきます。

石炭火力発電所に関しては、いままで市に確認したことを含め整理しています。
これからも事実関係を報告していきたいと思います。









スポンサーサイト
[2016/09/04 11:44] | 政府・議員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<映像の力 | ホーム | 原子力規制委員会と伊方原発再稼動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/444-d9c5aeda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |