ふくしま総文について-7
本ブログでは福島県の現状を考えた時、「ふくしま総文」は場所を変更し全員が安心して参加できる場所で実施されることを願ってまいりました。
結果としては本日(8/3)より、福島県(メイン会場)で開催されることになりました。

出場されるからには、今までの努力を全て出し切ることを期待しています。
もちろん余計な被曝を避ける努力も忘れないでください。

参加を辞退された高校生の皆さんは、本当に悔しい気持ちだと思います。
でも最良の選択をされたとは間違いありません。
無用な被爆を避けることが出来たことは、何よりも大切なことだったっと思います。
今日から次の挑戦に向かって歩き出すことを期待しています。



本ブログでは福島県の現状を考えた時、「ふくしま総文」は場所を変更し全員が安心して参加できる場所で実施されることを願ってまいりました。
しかし現在も予定通り実施する方針は変わりないようです。
国・県の「安全をキャンペーンに利用されているのでは?」そんな疑問が浮かぶ、とても残念で怒りを覚える方針です。

泣く泣く参加を辞退された生徒さん・ご家族の方、私などより何倍も悔しい気持ちだと思います。
ただその選択は絶対正しかった・・・それ以外の選択は私には思いつきません。
「一生解決できないリスクを、思い出に組み込む選択」は、あまりにも重過ぎることだと思います。
長い人生の中で何かの拍子によみがえる暗い記憶、それを誰も消してあげることは出来ません。
以下に「ふくしま総文」に対する最後の思いを伝えさせていただきます。

ふくしま総文 総括



国会はいったい何をやっているのですか!


政府に対する怒りを代弁していただきました。

内容は異なりますが今の政府に対する怒りを、東京大学先端科学技術研究センター児玉教授が発信してくださいました。最後にその動画掲載させていただきます。

■怒りの動画です。

児玉氏 委員会の発言

■次は質疑の動画です。

児玉氏 質疑

スポンサーサイト
[2011/08/01 11:36] | ふくしま総文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今の福島安全ですか?(NHK福島 ふるさとニュース 8/5放送分) | ホーム | 古賀茂明氏応援しています!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/50-09dc45b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |