スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ある中学生「玄海原発」への思い
2011/3/11福島第一原発事故が発生から5ヶ月たった今も、まったく見通しの立たない状況が続いています。
しかし原発事故の収束が見えない段階で、浜岡・玄海原発をはじめとする原発再稼動の動きが出ていることは、周知の事実です。

特に玄海原発は「やらせメール」,更に県知事関与の疑惑、玄海町長への疑惑など、まったく理解に苦しむ状況ですがいまだに再稼動の可能性が残っています。

今回偶然、佐賀県の中学生(現在高校生)が2年前に書いた、玄海原発に関するレポートを拝見する機会がありました。特にプルサーマルについてのことですが、すでにその危険性を感じ取り自然エネルギーへの切替えも提案しています。

「また私たちはいつだって、次の世代を考えるべきです。今、私が住んでいるこの地球や自然は,私が死んでからずっとずっと後の世代に渡すために預かっているだけで、決して私達だけにあるのではありません。・・・・・」

今大人たちがしっかり耳を傾けなければならないことも記されています。

多くの大人は、2年前原発の危機など考えてもいなかったと思います。
そこにある潜在的な危険を黙認し・放置してきたことが、この事故を発生させる一因だったと考えております。
その結果今の若者達に、償いきれないほど大きな負担を残してしまいました。

本当はもう以前の日本を取り戻せないかもしれません。
でもせめて原発だけは止めなければ!
それが今の若者達に対してできる、せめてもの償いだと思います。

ぜひご覧ください。

ひまわり 原発一ページ2ページ3ページ4ページ5ページ
PDFファイルはこちら→→

記載を了承してくれた、リンさんありがとうございます!



スポンサーサイト
[2011/08/08 14:06] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<首都圏土壌調査の結果 | ホーム | 今の福島安全ですか?(NHK福島 ふるさとニュース 8/5放送分)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/52-4aee554d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。