スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「原発さよなら講演会」富士市原発ゼロの会
10/16「富士市原発ゼロの会」主催の「原発さよなら講演会」が開催されました。
今回地元開催ということで、初めて講習会に参加することができました。
通常は平和な感じの富士市なので、集まるのは40~50人位かなと思っていましたが、会場ほぼ満席に近い約120人の参加がありました。簡単ですがその様子をお知らせいたします。
原発さよなら講習会
渡辺教授の話はとてもわかりやすく、大変参考になりました。
最後の質疑応答も多くの人が質問し、トータル2時間でしたがとても足りない感じでした。
ただ題材が「原発さよなら講演会」だったことや、初回だったためか若い人や若いお母さん達は少ない感じでした。
食の安全などの講習会だと、また違っていたかもしれません。
いずれにしても非常に多くの参加者で、「富士市原発ゼロの会」準備会の方達も手ごたえを感じたことと思います。

話の内容は多岐に渡るので今回は省略させてもらいますが、渡辺教授は浜岡原発に対し次の危険を指摘されていました。
(M9クラスの地震が来た場合)


下図は中部電力のHPに掲載されている浜岡断層の図です。
ご覧の通り見事に断層の上に建っていることは、中電が認めています。(これだけで単純にダメだと思いますが)
なお渡辺教授が設計した段階では、断層の存在はまったく指摘されていなかったそうです。
浜岡原発の断層
【中電の見解】
浜岡原子力発電所の敷地周辺においては、東海地震に伴い、1m程度隆起することが想定されますが、敷地に生じる傾斜は非常になだらかで、また、敷地内には地震に伴って動くような断層は存在しません。
したがって、地震に伴う地殻変動に対しても、原子炉施設に影響を及ぼすような傾斜や地盤の変位・変形が生じることはありません。
最新の地震学会の見解で、「浜岡原発は過去最大規模の地震を想定する必要がある」と言われているのに、何を基準に1mとしているかは不明です。

【渡部教授及び地震学者の最新の見解】
最新の解析データや今回の東日本大震災のデータなどから、7m前後の上下方向のズレが想定される。
これは建築物の強度をいくら上げても、地面が大きく陥没するので倒壊を防ぐことは出来ない。

また津波は2波3波と押し寄せそれがプラスされてくるので、30m程度の高さを想定する必要がある。
中電が計画中の高さ18mの防波壁では防ぐことは難しい。
またこの防波壁で仮に防げても、近くに川がありそこから海水が回り込むことは防げない。


いずれしろいくら「危険」の根拠を挙げても、中電は「安全です」としか言わないと思います。
結局、市民が一致団結して「廃炉」の声を上げることが、最も安全を確保する早道だと思います。

今日は講習会の後に「更に話をする場を設けます」ということでしたが、あいにく私は都合で参加できませんでした。
残念でしたが近日中に準備会に連絡し、もう少し話を聞こうと思っています。
そんな訳でささやかなカンパをして、会場を後にしました。

富士市では危機感を持っている人を身近にに感じることがありませんでしたが、「そんなことはないぞ」ということがわかった有意義な一日でした。


今回の講習会の開催内容は次の通りです。
1.テーマ
「福島第一原発事故と浜岡原発「正しく現状を理解して、最悪の事態を恐れよ」

2.日時
10月16日(日)午後2時~

3.場所
ラ・ホール富士5F研修室

4.主催
富士原発ゼロの会準備会
(連絡先)
富士本市場421-5(富士地域労連事務所)電話0545-64-2501(午後1時~5時)

5.講師プロフィール
・渡辺敦夫 沼津高専特任教授
・東京大学卒業
・東芝に入社
・福島原発・浜岡原発の基本設計担当
・業界の安全神話を反省、「正しい情報を知り、正しく恐れ、行動すべきだ」と各地で講演。わかりやすい解説と好評。

6.料金
無料
スポンサーサイト
[2011/10/16 17:30] | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<富士市の災害廃棄物に対する対応 | ホーム | 高すぎる議員報酬(国会議員の場合)>>
コメント
本日参加した者です
はじめまして。本日の講演会に参加しました。私も若い人が全然いないことに驚きました。放射能対策ではなかったからでしょうか。また、主催の方と少しお話できたのですが、知り合いの知り合い…というつてで集まった方が多かったようでした。後日署名を集めてお渡ししたかったのですが、連絡先も特にないようで、これからの活動に期待という感じでした。講演会の内容はとても分かりやすく、よかったですね。富士市では危機感のある方に会ったことがないので、このブログも参考にさせていただいております。これからもたまにお邪魔させて頂きますね。
[2011/10/16 22:16] URL | K #CTvfncHM [ 編集 ]
子供が風邪だったため今回は参加できず残念でした。スーパーなどママさんの目に付きやすいところに多くお知らせがあるといいかもしれません。あまりネットなど積極的に見ないママさんにはそういうところでないと知る機会がないかもしれませんね・・・。
しかし、県知事はなんだかんだ言って再稼動に賛成しそうな気もします。やはりこのままだとヨウ素剤を購入しておかないとならないのでしょうか・・・。
[2011/10/16 23:07] URL | ストロベリー #- [ 編集 ]
Kさん

知り合いの知り合いの方が多かったということで、ネットをやる若い人が少なかったのでしょうか?やはりKさんの周りも危機感が少ない人が多いですか。しかし今日少なくても120人いるということがわかったので、少しづつでも増やしていきたいですね。このブログでも何かわかりましたら、またお知らせしたいと思います。たまにしか更新できず、すみませんが!



[2011/10/16 23:54] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
ストロベリーさんへ

福島県でさえネットをやらない人に、いろいろな情報を告知することが非常に難しく、民意の格差が大きいようです。まして富士は危機感が少ないようなので、確かに告知方法が課題ですね。
出来れば町内会の回覧板で、知らせることが出来るくらいになれば良いのですが。
また私も知事は状況により「安全が確認されたので再稼動」と言い出すと感じています。しかし今日の講習会を聞いても、安全を確認する方法などないので、もし小さい子供がいたらヨウ素剤購入していると思います。ただもし飲むような事故が発生したら、日本はほとんど立ち上がれなくなると思います。だから廃炉は当然で、早く安定した燃料棒の冷却方法を確立しなければ、危険は回避できません。また今は小さな子供さんがいるお母さん達の輪が拡がることが、必要ではないでしょうか?現実問題として食べ物が一番心配で、市やスパーなどに要望を出す必要性も感じています。
[2011/10/17 00:45] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
(間違えて拍手の方でコメントしてしまったので(- -;)こちらに再度投稿します。)

富士市民は総じてのんきと思っていましたが、このようなブログを見つけて心強いです。16日の講演会の様子も大変参考になりました。貴重な情報&ブログ、ありがとうございます。
[2011/10/17 15:18] URL | fujiko #- [ 編集 ]
fujikoさん

コメントありがとうございます。
少しでも参考にしていただけたら、うれしいです。
本当に富士はのんきですが、のんきで大丈夫なのかどうかわからないところが辛いですね。
これからも少しづつしか出来ませんが、情報発信していきたいと思います。
よろしくお願いします。
[2011/10/17 20:37] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/76-c2c3758a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。