富士市汚染瓦礫(災害廃棄物)受入れについて
11/02(水)定例記者会見で富士市長は、「安全が確認され・説明も出来ると言うことであれば、受入れるべきだ」と述べました。10/20に富士市廃棄物対策課で、国の受入れ打診に対して「受入れない」と回答したと聞いたばかりなので驚きました。
SBSによると次の通りです。

県が東日本大震災の被災地で出たがれきの木くずを県内の市町に対し、受け入れるよう要請したことを受け、富士市の鈴木市長は2日、受け入れに前向きな姿勢を示しました。
市長は定例会見で、被災地から出たがれきのうち、焼却処分できる木くずなどを受け入れる考えを明らかにしました。市長は1日、細野原発担当相から電話で「がれきのうち、安­全なものの受け入れをお願いしたい」と要請されたことも明らかにしました。細野原発担当相に対し、「市としてできる限り協力したい」と伝えたということです。
県が検討を始めた被災木くずの焼却処理は、岩手県の大槌町と山田町から出たもので、県内ではすでに島田市と袋井市が受け入れを表明しています。

細野原発担当相に頼まれたから受入れを検討するとしたら、それは間違いだと思います。

例えば福島県の除染に関する国の対応を見てみます。
とても計画的というには程遠い形で、「除染」をすると盛んに発言しています。
除染後に出た汚染土壌の保管場所が決まらず、結局各自治体に仮保管を依頼するという状態です。
しかも3年間も!同じ地区で放射性物質を移動させるだけでは、根本的な解決にはならないことは誰でも分かります。
空間線量が高く子供たちの危険が指摘されている福島市渡利地区で、実際に除染の効果を調査した、神戸大学大学院 山内教授は「除染してもあまり線量が下がらない。高圧洗浄してもこびりついて線量が下がらない。闇雲に掃除をさせられている。まず避難させその間に徹底的に除染すべきだ」とその結果を政府に伝えています。
詳しくは→→
しかしまず除染だと、政府は聞き入れる姿勢は一向にありません。
どう考えても福島県から住民を避難させたくない、という対応だと思います。
保障費用の拡大を恐れてか?現在の福島が安全だとアピールするためか?いまだに子供たちの健康を無視した対応を平然と行っています。

先日、東大の児玉教授は除染費用の見積書を提示しながら、60坪の家で1軒約560万円必要ですと南相馬市長に説明していました。南相馬市は22,799世帯。
南相馬市の家だけで、おおよそ1兆円の除染費用がかかることになります。山や道路や畑などは別です。
とんでもない金額が必要な上に、実際は全て除染することなどできる訳がありません。
最近では除染に否定的な意見が多くなっています。
汚染のひどい地区は除染をせず、放射性廃棄物を集中して保管・管理する地区にする方が、よほど理にかなっていると言う意見です。
また除染に伴う被曝を考慮した場合、まず子供を避難させその間に徹底した除染をするべきだという声も増えていますが、政府はまったく耳を貸しません。

瓦礫問題もこの除染の対応と同様、具体的な安全性の確認・対策方法・安全性を示すデータの開示・説明も無いまま、とりあえず処理に困って全国に受入れを打診している状況だと思われます。
今朝(11/3)のTVで放送されていました。

被災地の瓦礫受入を表明しているのは54都市しかない。
東京都で2012年3月までに宮古市から1.1万トン。2014年3月までに50万トンを受入れる。
出荷予定の一部の瓦礫と出荷時点のトラックに積み込んだ瓦礫の放射線量を線量計で測定して基準値以下だと説明していた。数値は不明。大体基準値はベクレルのはず?
焼却時に放出される放射物質のデータなし。
焼却後の焼却灰の放射物質のデータなし。

TVでは安全が確認されているのだから受入れないのはおかしいと、私には理解できないことを放送していましたが、上記の状態で出荷されるのであれば、とても受入など出来ないはずです。
もし放射性物質が含まれていれば、住んでる地域に無用な放射性物質がばら撒かれます。
もし放射性物質が含まれていれば、乳児・幼時も・子供たちにも・作物にもそれが降り注ぎます。
もし放射性物質が含まれていれば、焼却後の焼却灰の放射性物質は何十年も消えません。
だから受入前・処理段階・処理後において慎重に検査を実施し、確実に安全が確認できる体制が出来てからの話だと思います。

このような状態の国から依頼があったからといって、受入れを表明するというのであれば市長の考えはとても承服できません。
市長はあくまでも市民の安全を最優先に考え、物事を判断してもらわなければ困ります。

国は信頼できない、県も頼りにならない、最後の砦が市ではないかと思います。
市が一番市民に近く、声を届けやすい、職員も同じ事情を抱えた地域住民です。
その市長が国の言いなりならば、その時はもう市民は黙っている訳にはいかないと思います。

被災地の瓦礫問題は重要な課題だと理解できます。
いくらでも検討することは良いと思います。
ただしもし受け入れる場合は、富士市民の安全が確保できる施設や検査体制が整い、更に住民が納得できる十分な説明が必須条件だと思います。。
今日の話でもその点をはっきり伝えてもらわなければ、市民は不安になるだけです。

今日の会見を聞き早速廃棄物対策課に、その真意を電話でたずねてみました。
答は以下の通りです。

1.もちろん正式決定ではありません。
2.受入施設も体制も出来ていません。
3.予算措置もしていません。
4.先日「受入れない」と宣言した時と、まったく状況は変わっていません。
5.ただし市長が話をしたからには、検討することにはなると思います。

廃棄物対策課の担当者も困惑している様子でした。


市長も安全が確保され、住民に説明できる状態なら、という趣旨の発言をしているので、今すぐ受け入れることはありえないと思いますが、今後の成り行きを注意深く監視して行きましょう。

少しでも不安や疑問を感じたら、下記宛に電話して確認しましょう!
「いつも注目しているぞ」という意思表示は大切です。
また直接訪問しお互い顔を見ながら話すのは、更に話が伝わりやすいものです。
廃棄物対策課の担当者は、とても丁寧に話を聞いてくれます。

※瓦礫処理に関する富士市役所の担当部署は次の通りです。
・富士市役所10F 廃棄物対策課 
・Tel/0545-55-2769
・Mail/ka-haikibutu@div.city.fuji.shizuoka.jp

※実は昨日(11/2)は学校給食の件で、富士市の教育課を訪問し話を聞いてきました。
別途報告したいと思いますがその中で、給食の不安を訴える声がほとんどないという話を、またされてしまいました。具体的にはどうも、私を含め二人だけのようです?
担当者の人も今のままで良いと感じてはいないようですが、少なくても市民からの声が無ければ動きようがないようです。
確かに政府が安全だといっているものを、市の一職員が覆すことは難しいと思います。
松本市の「すげのや市長」の話も出ましたが、あの市長のように知識と経験に基づく信念がある市長であれば独自の見解を実行できるけど、普通は中々・・・と言うことのようです。

瓦礫問題も同じです!
何も反対意見が出なければ、簡単に受け入れられてしまうかもしれません。
闇雲に反対するのではなく、安全性の確保と納得のいく説明を要求することは、ごく当たり前の市民の権利だと思います。
是非この件に関しては注目し、疑問を感じたらぜひ声をあげて欲しいと思います。

富士市のことは、まず富士市民が立ち上がらなければ守れません!



スポンサーサイト
[2011/11/02 21:34] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(17) | page top
<<富士市汚染瓦礫受入れ2 | ホーム | 富士市の反原発関連講演会・勉強会のお知らせ>>
コメント
はじめまして。
有益な情報をありがとうございます。
同じ市内に住んでいます。
瓦礫受け入れ拒否を表明する県が多く出てきているなか、どうして県知事がこのような対応をするのか。そして、富士市長の今回の対応に驚くばかりです。

富士市では、汚染を気にしている人は少なそうですね。静岡茶からセシウムが出ていた経緯があるのに、瓦礫受け入れでまた同じことを繰り返すのでしょうか?汚染拡大、農作物等に影響が出ることが、想像できないのか。あきれてしまいます。

どうにか、止めたいですね。まずは、市にメールしたいと思います。
[2011/11/03 15:45] URL | any #- [ 編集 ]
給食室の前に産地ポスターが張ってあり、富士宮産や富士産の食材がほとんどでした。
そのことで「一安心だね!」と保護者会の後の雑談で話したら、

神経質、心配性、嫌なら食べなきゃいい、引っ越せば?

など、冷ややかな目で言われました。

正直なとこ、富士市にはそんな大人が多く、怖くて放射能汚染の話はできません。

市民が声を上げる以前の問題です。
[2011/11/03 16:16] URL | #- [ 編集 ]
anyさん

心強いコメントありがとうございます。
今のような進め方をされては、反対するしかないと思います。
メールよろしくお願いします。
私も継続して確認していきます。
[2011/11/03 23:51] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
瓦礫受け入れ・・・富士宮市の影響は?
富士市で瓦礫を焼却処分するということは、富士宮市にも影響があるということですよね?
うちでは、白糸の農家の方の話を聞いて、地元の野菜を買っていますが、それも買えなくなるのではと心配です。
こちらからも電話してみます。
農協にも電話したらどうでしょうか?TPPもあることですし。
[2011/11/04 00:22] URL | ミュウうさぎ #bBmFigmc [ 編集 ]
給食に対する危機感について!

富士市はコメントいただいたようなことが実際あるようですね。
現在給食に福島やその周辺地区の野菜が使われているのは確実だと思います。
市役所でもそうしないと材料が揃わないかもしれないという話はしています。
そしてとても値段が安い。
それらの野菜は確実に汚染された土壌で生産されていて、一部の野菜しか検査されていません。
だから安全かもしれないし、危険かもしれない!
その事実がわからないから心配なわけで、神経質とは本質的に異なるものです。
気にしないほうがむしろ子供に対して無責任だと思います。
先日の教育課でも同様な不安を伝え、だから事実確認をするための検査をして欲しいという趣旨の話をしました。
たまたま一昨日の訪問時に食品の放射能測定器が来たそうで、これからその説明を受けるところですと話していました。
運用方法はこれからのようですが、できれば事前通告なしの抜き打ち検査を考えているようでした。
ただし担当2名で39校の検査をするので、タイムリーに頻繁に行うことは難しいようです。
市も不完全ながらも、前に進んでいる部分もあるように感じます。
あとはやはり市民の声が必要な状況です。
松本市の市長のように、市長自ら危機感を持ち押し進めてくれれば良いですが!
いずれにしろあきらめたら何も進まないので、これからも出来るだけ市役所に声を届けていこうと思います。

※今回導入された食品放射能測定器は、良く放送されているような食品を細かく砕いて測定するタイプではなく、測定器を食品に当てて測定する簡易タイプのもだそうです。
[2011/11/04 06:23] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
ミュウうさぎ さん

ぜひ電話してみてください。
東京で瓦礫の受入が始まってしまいましたので、それに関する情報も入ってくると思います。
実際の瓦礫の汚染度・焼却した際の放射性物質の放出量・焼却灰の汚染度・・・etc。
これから注目していきましょう。
富士市は現在、受入れる容量も設備もないという説明をしていますので、すぐ受入れることは出来ないと思いますが、今から市民の声を届けることが絶対必要だと思います。

農協は思いつきませんでした。
今度確認してみます。
ありがとうございます。
[2011/11/04 06:44] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
いつも有益な情報と、行政への働きかけありがとうございます。
1歳の子どもがおり、富士市に住んでいます。
私も市へ電話してみました。これから検討される事で、まだ具体的な話にはなっていない。市議会を通さなければ決定されないと言っていました。市議会議員がどのような考えを持っているのか心配です。私たち一市民の意見は直接の電話で訴えるしかなさそうです。
周囲のママ友、近所の人達は原発事故による影響に無関心なように感じます。市民が無関心のまま瓦礫受け入れになっていたという事だけは避けたいです。これからも注意深く監視していこうと思います。

原発事故以来、子育ての合間の時間でネットで情報を得てきました。市民の街さんのブログは自分の住んでいる町の情報が得られ、ほんとに有難いです。これからもよろしくお願いします。
[2011/11/05 14:12] URL | wako #- [ 編集 ]
共にがんばりましょう!
 はじめまして、「富士水泳場周辺をねぐらにする隠れ市民」と申します。
鈴木市長の瓦礫受け入れのニュースに政治的な「きな臭さ」を感じ怒りを覚えております。
このHPを発見し嬉しく思います。(逆にこのHPくらいしか反対のスレッドがないことに
市民の関心の薄さにがっかりしています。)
 私は思うに「世田谷で高い放射能が検出された⇒しかし昔の塗料のビンだった」報道は
見方を変えれば放射能とは長い間衰えることなく放射線を放つ能力であることの表れだと思います。
瓦礫=放射能物質を含むと頭ごなしに決め付けは出来ませんが
1.市長が「放射能を計ったが0であった」ということを信用する環境ではない。
 ⇒鈴木市長が手の平を返しての今回の発言に、既にあんたは信用できない。
2.一旦土壌に染み込んだ放射能物質を取り除くことは難しい。
3.それでも市長あんたが強行してやるというのなら、政治家として民意を問うために一旦辞職しなさい。

 まだまだ市制としてやって頂きたいこと。
1.東北支援と東北の食料を買っての支援は別です。生産者には申し訳ないが、富士で
 西日本の食材も選択できる環境をお願いしたい。スーパーを調査しているが残念ながら
 東日本の食材が多い。生協に期待したが独自の放射能検査はしているようだが静岡産の
 ものが多い。
 新しく出来たユニーも愛知の会社だが愛知のユニーでは西日本の食材を扱っているが
 富士のユニーでは東日本が多いです。
2.たかじんのそこまで言って委員会で、武田教授が「東北の食材は食べてはいけない」と
 おっしゃった。ゆるく理解すると大人はいいが、子供はいけないと・・・。
 未来の日本を背負う子供を放射能から守るのは大人の役目です。
 子供たちには選択権がありません。ましてや給食で出されれば食べるしかない。
 「給食では安全なものを使ってほしい」愛知より西から持ってこればよい。
 「未来の日本を背負う子供を放射能から守る」これこそ最大の政治的リーダーシップと
 目先の鈴木さんにはわからんだろう。

 多少、私の個人批判的な意見で大人げなくて申し訳ありませんがコメントをさせて頂きました。
共にがんばりましょう!

以下に意見を送りました。
ご存知と思いますが市の問い合わせフォーム
https://faq.city.fuji.shizuoka.jp/we_open/web_pubenquete.exe?we_enq_id=enq000000039
[2011/11/05 18:29] URL | 富士水泳場周辺をねぐらにする隠れ市民 #j2KS4BfU [ 編集 ]
wakoさん

こちらこそ、まだまだタイムリーな更新が出来ませんが、よろしくお願いいたします。

電話ご苦労様です。
事実何も決まっていない段階だと思います。
私も昨日聞いたときは、市長からは一切指示はありませんと話ていました。
でもいままで富士市では、このような電話がくることは非常に少なかったはずです。
それだけに貴重だと思います。
市議会議員については、先日市役所で市議会議員名簿をもらってきました。
なんと36人もいるんですね。
今静岡の衆議院議員・県会議員・市議会議員の一覧表を作ろうと思っています。中々進まないのですが、完成したらアップします。
また出来たら瓦礫受入の賛否を聞いてみたいと思っています。
それ以外にもいろいろな場面で、議員の人たちに考えを聞き、常に市民が議員を監視するようになればと思います。
[2011/11/05 21:35] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
富士水泳場周辺をねぐらにする隠れ市民さん

コメントありがとうございます。
鈴木市長の真意は今のところ不明ですが、受入の意向を示したことは理解できません。
おっしゃる通り瓦礫の汚染度をどのように・どの段階で測定するのか、焼却した際に放出される汚染物質の量・焼却灰の汚染度・・・etc。
十分説明してもらわなければ、信頼できませんよね。

またスーパーの件、同じように感じています。
政府の「被災地を応援しよう」という意向と仕入れコストの安さで、スーパーにとってはありがたい話なのでしょうね。
今週富士市にも食品の放射線量を測定する、シンチレーション・サーべメーターが入ったそうです。現在、給食の検査をどのように行うか検討中のようです。
完全ではないと思いますが、一歩前進?と思いたいです。
鈴木市長には松本市の対応を是非見学し、参考にして欲しいと思います。
給食問題、瓦礫問題、鈴木市長の真価が問われています。

不勉強で「市の問い合わせフォーム」知りませんでした。
これは担当部署がわからなくても出せるので便利ですね。

今後ともよろしくお願いします。
[2011/11/05 22:45] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
瓦礫の受け入れ絶対反対です!
 子供達の健康を日々考えている主婦です。
先日、TVで 富士市長が瓦礫を受け入れる表明をしているのを観て、愕然としました。
 住人の意見は聞いてもらえないのでしょうか?
 学校に、「給食の食材は安全な物を使用しているのでしょうか?」と質問しても、具体的な返答はありません。
 こちらとしては、材料の一つ一つの産地なり、検査がきちんとされた品物であるかどうかを具体的に知りたいのです。
 「売ってる物を購入しているのだから 安全だろう」程度で、「安全です」と返答されても、納得できません。 
 でも、あまり言うと、「神経質な人」という目で見られてしまいます。
 周囲のお母さん達とも、放射能の話は、あまり 論議になりません。「怖いね」で終わってしまうのです。
 がんばっている子供達の未来を、潰されたくない!! そういう思いでいっぱいなのですが、どうすることもできません。
 今日も、TVで細野豪志が 瓦礫の受け入れを依頼し、「安全は保障します」と言っていました。
 この言葉は 信用できますか?
 「安全」という根拠を具体的に示して、初めて 検討されるべき問題ではないのでしょうか?
 確実に、きちんとした調査や検査、専門家の誰もが太鼓判を押すような報告書が お手元にあるのなら、全て 公表していただきたい。
 私は、専門家ではないし、ここの皆様のような知識はないのですが、放射能は消えてなくならない。何年も何十年も存在し、放射線を出し続けるということは わかります。
 東京で、瓦礫が焼却されているそうですが、空気中に 灰に またそこまでの道中にも、放射線物質は拡散されたのでしょう。
 やがて、人々の目や鼻、食物と、色々な形で体内に蓄積される。それでも 消えずに、死んで灰に残り、そしてまた 拡散する…。
 
 安全な処理方法など、どんなに検討しても ないのではないのですか?
 だとしたら、被災地から 動かさない方がいい。
 瓦礫は受け入れられませんが、被災地の人たちの移住は、歓迎します。心から。

 お願いです。放射能を ばら撒かないで下さい!! 未来のある子供達を 殺さないで!! 助けてください。

 私は、どうしたら いいですか?何をしたら、子供達を救えますか? 教えて下さい。
 
 
 
[2011/11/06 02:37] URL | 小学生と中学生のママ #- [ 編集 ]
ある大学の先生の疑念
今日、ある大学の先生のお話を聞いてきました。

そのお話の中で、瓦礫の焼却処分について、こう話されていました。完全なメモを取ることができず覚えている部分だけですので、その辺を考慮してお読みになってください。

「放射性物質の除染、除染というが、除染というのは、放射性廃棄物を大量に作ること。放射性物質を移動させるだけ。放射性物質を減らすには、時間にゆだねるしかない。」
「瓦礫処分を各地で焼却処理するということは、大気中に放射能を放出することになるのではないかと疑念を抱く。」
「焼却処分ということが一番いやで、セシウムのついた植物を400度位で燃す(蒸し焼き?)?ば、灰にセシウムも残るようだが、高温で燃やした場合、セシウムがガス化してフィルターなんかを通ってしまうのではないかと心配している。そうなると、また、きれいなところに放射性物質をばら撒くことになってしまうのではないか?」
「焼却施設は、ダイオキシンの関係で焼却温度がどうなんだろう?」
「旧ソ連は、焼却しないで、村を地中に埋めている。地下水は知らないといっている。」

あと、富士市からこられた方で、富士市の焼却施設は、住民の住んでいる真ん中にあるとおっしゃっていました。

瓦礫処理受け入れ、とんでもないです!!
それよりも、他の復興支援があるはずです。
[2011/11/06 22:36] URL | ミュウうさぎ #bBmFigmc [ 編集 ]
こちらの皆さんの意見も参考にして、富士市市民として、瓦礫の受け入れは絶対に反対だという意思を 市長宛に送りました。
「市長の部屋」、「市長への手紙」等から送信できました。

焼却処分ということになれば、環境クリーンセンターだと思います。
そこには、温水プール、体育館、野球場、テニスコート、陸上競技場、子供達の遊ぶ公園などがあります。
すぐ近くに 青葉台小学校があり、風向きを考えると その方角に 大淵第一小学校、大淵中学校があります。
大淵は、霧が溜まる土地で、お茶畑が多く、また その他農作物も沢山作られています。

クリーンセンターは、まさに 住民の暮す真ん中にあります。
ダイオキシン対策はされているそうですが、当然、放射能対策なんてされていないでしょう。
富士市の子供達には、喘息、アトピー、アレルギーの子供達が多くいます。

また、大淵は、3月15日の地震で、かなりのダメージを受けた場所です。富士宮が震源地と報道されましたが、富士市大淵も、屋根瓦が落ち、外壁が崩れ、壁にヒビが入り、家財は倒れ、多くの家が建て替え、リフォーム、修理を余儀なくされました。
まだ 工事中、未工事の所もあります。

そこへ、また 放射能の雨を降らせることになるのでしょうか。


[2011/11/07 01:35] URL | 小学生と中学生のママ #- [ 編集 ]
富士市議会議員の小池 義治さんのブログ(フジブログ)に瓦礫受け入れについて書かれていました。市民からのコメントもいくつかありました。

富士市の議員のブログはいくつかあるようです。皆さんで意見を伝えましょう!!
[2011/11/07 23:20] URL | wako #- [ 編集 ]
小池さんのところにいっぱい書き込みをしてしまった
[2011/11/08 00:28] URL | 富士水泳場周辺をねぐらにする隠れ市民 #j2KS4BfU [ 編集 ]
なぜなぜなぜ
なぜ瓦礫を受け入れるのか?
なぜ瓦礫が発生したのか?
なぜ・・・と何回も繰り返すと原因が見えてくる。
想像を絶する大津波が発生し原発を襲ったから
それはなぜ防げなかったのか?と・・・

防げたか防げなかったのか?それは誰にも分からないが、
ひとつ言えることは、「大丈夫だろうと甘く見ていたから」
今度は同じ失敗を繰り返してはいけない。

瓦礫が放射能を帯びておるか帯びていないのか、信頼できる計測機器を持たないわれわれには何を信用してよいのか分からない。
こと放射能に関して、心配しても心配し過ぎることはない。
それが今回の福島原発で学んだことでしょう?違いますか?
[2011/11/08 06:51] URL | 富士水泳場周辺をねぐらにする隠れ市民 #mQop/nM. [ 編集 ]
富士水泳場周辺をねぐらにする隠れ市民さん

同じように感じています。
瓦礫問題も食品の暫定基準値と同じだと思います。
500ベクレルが安全かどうか、誰もが納得する説明はされていません。
それはこの基準値が、食品を流通させる為のものだからだと思います。
この時点で既に安全を議論する事柄ではなくなっていると思います。
安全か?危険か?それぞれの人がどちらを選択するかということになっています。
私は極力、汚染が予想される産地のものは避ける選択をしています。

瓦礫も考え方は同じだと思いますが、こちらは富士市に住んでいる限り自分で選択できません。
まずこの基準値に対する判断を、市長や議員は示して欲しいと思います。
これを安全だとするなら議論は成立せず、やはり二者択一の事柄になると思います。(今の状態)
受入瓦礫を検査し239ベクレル(焼却後は濃縮され、焼却灰7959ベクレル)なら安全と言うことになります。
いま富士市の焼却後の飛灰は279ベクレル。(7月時点)焼却前は8.4ベクレルだと思います。(濃縮係数33.3の場合)
これ自体名古屋・大阪より高いですが。
富士市でこれらのデータを基に独自の基準値を設定し、それを実行するための方法も提示していただき、初めて議論が始まると思います。



[2011/11/08 10:44] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/82-7e1949a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |