スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
福島の子供の気になるデータ
11/7(月)福島ふるさとニュース(NHK)で福島の子供の体重の増加率が、前年に比べ1/4程度に下がっていると言うニュースが配信されました。
郡山市の小児科医菊池信太郎医師が、市内2ヶ所の幼稚園のデータを分析した結果、今年の体重増加は0.8Kg、前年の3.1Kgと比較し約1/4程度であることがわかりました。
5年先・10年先の不安ではなく、現実に現れている事実として真剣に捉えるべきことだと思います。
もし育ち盛りの幼稚園児の体重が1年間で、0.5Kgや0.8Kgしか増えなかったらどうでしょうか?
しかしマスメディアは取り上げてくれたでしょうか?政府や県は動いてくれるでしょうか?
なぜ福島県の出来事は、何事もなかったように通り過ぎてしまうのでしょうか!

体重増加が1/4

郡山市の菊池医師の分析でわかりました。

菊池医師

■市内の2つの幼稚園から提供してもらった園児の体重のデータを分析。去年同時期の体重増加幅の1/4であることがわかりました。
山梨大学の中村和彦教授は次のように話しています。
「体重に現れた異変は身体だけでなく、認知的な部分・情緒や社会性にも影響が及んでいるだろうと言えます。」


原因は屋外の公園等では遊べず、室内で遊ぶしかない現状が大きくかかわっています。

誰もいない公園

■誰も遊んでいない公園。
普通は子供たちの歓声でにぎわう公園も、福島ではもう何ヶ月も誰もいない公園が存在しています。


お絵かき
■外で遊べないので室内でお絵かきなどで遊んでいます。
ブランコで遊びたい、滑り台で遊びたい、でも遊べない!
こんな生活が何ヶ月も続いています。
結局運動量が少なく、食欲もあまりわかず、体重減少につながっていると思われます。

菊池医師の発案でスーパーの空き店舗を改造し、屋内の運動施設の建設が始まりました。

屋内施設1

■12/23クリスマスプレゼントを目標に、工事が進んでいます。

屋内施設2

■飛び跳ねることが出来るトランポリンや砂場もあるそうです。
子供にとってはすばらしいプレゼントになりそうです。

飛び回る子供たち

■これは神奈川県川崎にある同様の屋内施設です。
郡山の子供たちにとっては、唯一の飛び跳ねることの出来る場になりそうです。
もし避難も出来ず、外でも遊ぶことが出来ない生活が続くなら、せめて各地にこのような場所を早急に設置してあげたいものです。


今でも福島県では避難させたくてもさせられず、被曝を恐れながらも暮らしている現状があります。
今までもその影響が心配されていましたが、それが現実のものとして目の前にあらわれた今回、菊池医師の発案は非常に大きく評価される反面、やはりこの状態を放置している国や県に対しては憤りを覚えます。

8ヶ月過ぎてまだこのような事実を目にすることが、国に対する根深い不信感につながります。
東大の児玉教授ではないですが「いったい国会は何をやっているんだ!」と叫びたくなる出来事でした。

クリスマス前の12/23完成予定。
今は子供たちへの大きなプレゼントになって欲しいと思います。

スポンサーサイト
[2011/11/10 11:07] | 福島県関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<富士市の汚染瓦礫受入3 | ホーム | 陸前高田市長が見た「規制」という名のバカの壁とは?>>
コメント
私も子どもの体重増加率の減少について心配しています。かなり前になりますが、放射能防御プロジェクトの木下黄太さんのブログに放射性物質の影響で子ども達の体重が増加しないという事が確認されているという記事が載っていました。この方が懸念されていることは数ヶ月後にニュースとなって全国に流れるので、毎日注意して見ています。数年後ではなく、もう影響が出ているんですね。これ以上の影響を出さないためにも早急に避難して欲しいです。。

瓦礫の件も、詳しい情報をありがとうございました。今日の朝刊に静岡県の市長会、町村会が瓦礫受け入れの協同声明を出したと書いてありました。このような協同声明を出す事は全国初で、瓦礫受け入れの意思表明は東京都に続いて2例目とのことでした。最初は受け入れに手を挙げる市町村はなかったのに細野さんが来ただけでこんなにも意見が変わるんですね。。何か利権が絡んでいるのでしょうか。文部科学省がずっと隠し続けてきて5月10日に発表したWSPEEDIでは静岡県まですっぽり汚染されているというのに。。市民を守るなら瓦礫を受け入れるより先に土壌調査、除染、給食からの被曝0宣言をするべきです。今回の決定に絶望しました。自然豊かで食べ物はおいしく、気候も温暖、人も穏やかな静岡県が大好きでしたが、これから更に汚染が蓄積されていく場になってしまったのですね。。移住も視野に入れようと思います。
[2011/11/11 15:44] URL | wako #- [ 編集 ]
wakoさん

福島の子供、本当にかわいそうです。自分が何も出来ない現状ではむなしい気持ちになりますが、黙って通り過ぎていく現実が許せない思いで書いています。私なら何を置いても避難させていますが、それもできない事情があるようで本当に辛いことです。
富士の瓦礫問題は、これからも反対の声を上げることで阻止したいと思います。給食問題は中々反対の声が出しづらいようですが、この問題は既に反対意見が多く届いているようです。あきらめずにがんばりましょう!

[2011/11/12 08:24] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
諦めずに、ブログに載せてくださった意見要望先全てにメールや電話をしてみようと思います!!
もう既に静岡県はEUの食品輸入規制に引っかかっている県ですし、静岡県が瓦礫を受け入れるなら静岡産不買といった意見も聞かれます。。農協や漁協にも問い合わせをしてみようと思います。

ご存知かもしれませんが、浜松の給食を守る会で瓦礫反対の署名を作るそうです。
http://blog.livedoor.jp/kodomohamamatsu/archives/53242661.html

http://housyasen.hamazo.tv/e2907527.html


[2011/11/12 12:12] URL | wako #- [ 編集 ]
wakoさん

情報ありがとうございます。
早速、富士市以外の連絡先をまとめていただいているブログにリンクさせてもらいました。
また農協の連絡先も追加しました。
この他にも順次追加していこうと思います。
今後もいろいろな情報やご指摘お願いいたします。
[2011/11/13 07:11] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/85-a4a226c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。