スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
富士市の汚染瓦礫受入4
11/18(金)富士市廃棄物対策課を訪問し、汚染瓦礫受入に関する情報確認を行いました。
課では具体的検討は行っていないということですが、国は受入れを急ぐための基準値変更の動きがあります。
後述しますが、国がなんとしてでも受入れさせようとしている動きです。要注意!
また現状については下図の通りです。(担当の方にも確認済みです)
現状の問題点等も、わかる範囲でまとめてみました。

ゴミ処理概要図4

※1受入れる瓦礫により数値は変動します。また今回国は、広域処理に関しては基準値を3000ベクレル程度に下げる通知を出しています。(2011/11/18環境省)

※2その通知では①の検査を適正に行えば、後は必要ないという内容になっています。


想定される問題点


まず受入予定の瓦礫の数値です。

上図の値は焼却灰の数値に換算しています。
受入予定の2町の焼却灰濃度は廃棄物により増減すると思いますが、現状1500~2600Bq/Kg前後、ただし受入を容認した場合は状況により、国が安全とする最大8000Bq/Kgを覚悟しなければならないと思います。
(後述しますがこれを3000ベクレル程度に変更予定)

国(県や市も賛成の意向表明)の言い分
基準値以下で安全です、復興のために受入に協力してください。
現在の暫定基準値8000Bq/Kgを安全ということにしているわけで、国や市は安全と主張することができます。
(一般埋め立てゴミてして処理可能な廃棄物。コンクリートなどで固める措置をとれば100000Bq/Kg。ただこれは国が放射性廃棄物の処分するために、一方的に変えたもので以前の基準は100Bq/Kgでした。)

受入に反対する市民の言い分
今我々はこの数値に対して大きな疑念を抱いています。
現在富士市は焼却灰(飛灰)が279Bq/Kgです。
震災前の基準では普通に埋め立て処理できない数値です。
受入予定の災害廃棄物は、1500~2600Bq/Kgです。(焼却した場合の数値です)
あきらかに今より汚染されることは間違いありません。
どうしてこれが安全なのか、まったく納得のいく説明がされていません。

また低線量被爆について専門学者の間でも結論が出ていない状態で、何ベクレルだから安全などということは断定できないはずです。
堆積してしまったものは仕方がないとして、それを減らす努力こそ必要で、安全が確認されないままそれを増やし汚染地域を広げるということは、国の方針としても絶対間違っていると思います。
安全を主張する学者の意見を取り入れ、今まで当然考えなければならなかった処理を放置し、いよいよ行き場がなくなったからといって全国に押し付けていると思われる今の姿は、とても許容できるものではありません。
我々は数値に関しては今後、最低大阪並みの数値(50Bq/Kg以下)になるように努力していただくことを要望いたします。

受け入れ態勢について

受入れる廃棄物の種類を焼却可能な可燃物としても、富士市ではそれを破砕する設備がないそうです。
そのため例えば50cm以上の物は焼却処分できません。
もしそれを可能にするためには外部に委託するわけですが、その予算を確保する必要があります。
手続き上は市議会議員の賛成が不可欠です。
今後は市議会議員の見解を確認していくことが重要だと思います。

焼却場の放射性物質を吸着させるフィルターは、十分対応できるものでしょうか?

埋め立て処理する場合、水道水への影響も懸念されます。特に井戸水を利用している簡易水道はその影響が大きいと思われます。
現在の最終処分場の構造は、放射性物質が増えても絶対安全と言い切れるでしょうか?
現在11の簡易水道組合がありますが、それをお使いの地域の方たちの理解が得られるでしょうか?
こちら(13ページ)→→

検査体制について

上図の虫眼鏡マークが検査をするべきだと思われる箇所です。(①~⑧)
実施可能か?どの程度の頻度で実施するか?まったく検討されていません。

焼却施設の煙突から、どのくらいの放射性物質が放出されているか不明です。
多分、空間線量から問題ないと判断していると思われますが、本来それで良いわけではありません。
微量の放射性物質が今も放出され、少しづつ大地や木々に蓄積されているのは間違いありません。
現在、市で行っている簡易な線量計では検出できない数値だと思います。
もし今後放射性物質を受入れるのであれば、当然この検査を徹底して行うことが必須条件となると思います。

この放出される放射性物質の濃度によっては、健康被害・農産物へは深刻な影響が懸念されます。
県知事も市長もこの件に関しては何の見解も述べていません。
まして国の最新の見解は次の通りです。

11/19の静岡新聞で「放射性物質の濃度は低く搬出時に適切に実施すれば、受け入れ側で検査する必要がない」と述べています。
まったくの役所言葉で、何が安全なのかまったくわかりません。
今回一番怒りを覚えた、その「がれき処理指針改定」の記事をご覧ください。

国の一方的押し付けだと思います!(広域処理に関するニュース)


これは政府の焦りでしょうか。
なんとしても「瓦礫処理」を強引に推し進めようとしています。
(巻末の静岡新聞19日と16日の記事もご覧ください。)

がれき処理指針改定

100ベクレル以下の安全性強調/11/19静岡新聞

環境省は18日、岩手、宮城両県で発生した震災がれきの広域処理の安全性に関するガイドラインを改定した。
放射線セシウム濃度が1キログラム当たり100ベクレル以下のがれきの安全性を強調した内容で、自治体が必要以上に厳しい基準を設けることは「適当でない」としている。
15日に同省の有識者検討会に示した原案をおおむね維持しており早急に都道府県に通知する。
ガイドラインは両県のがれきについて「放射性物質濃度は低く、搬出時に適切に測定すれば、受入自治体で再測定する必要はない」と指摘。
ただ当面は確認のために、受入自治体が焼却灰や埋め立てる不燃物などを月一回程度、測定するよう求めている。
震災がれきをめぐっては、一部自治体が放射性物質をまったく検出しないことを求めているが、ガイドラインは「100ベクレル以下は相当保守的な値」と指摘した上で「受入の際にこれを下回る濃度を求めることは適当でない」と明記した。
100ベクレル以下は、国際原子力機関(IAEA)の安全指針を参考に国が定めた「クリアランスレベル」。

ここで言う100ベクレルには、焼却灰の濃度は入っていません。
あくまで償却前の災害廃棄物の濃度です。
燃やせば濃縮され(濃縮係数33.3の場合)焼却灰として埋め立てられます。
基準値8000ベクレルが100ベクレル以下になったと勘違いしませんか?
そうではありません。1キログラム当たり
100ベクレル×33.3(濃縮係数)=3330ベクレル
これが正しい数値です!
8000ベクレルを3330ベクレルに下げたから受入れなさい!
これが政府の言い分です!

いつもの通り、なぜ安全か示さないばかりか、安全だから検査も不要、しかも8000ベクレルの表示をせず100ベクレルを強調する、これがこの「瓦礫問題」の本質だと思います。
今までの多くの暫定基準値と同様、安全性を曖昧にしたまま基準値を設定し、基準値以下だから安全で押し通す!いま全国でこのような一方的な政策の押し付けが始まっています。

富士市も例外ではありません。
富士市は10月時点で「受入れないと」表明していました。
ところが11月になり、事前に市民へ何の説明もなく、市長自信も安全性について真剣に調査検討することもなく、細野議員や県知事に要望され賛成の意思を表明した市長。

今回もこの新指針の通知によって、より「瓦礫受入」が加速する可能性が高いと思います。
黙っていたら・無関心でいたら、安全が確認されないまま「汚染瓦礫」の受入が始まると思います。
そのツケの多くは、今の若者や子供達が負うことになります。
また県内の農産物は放射性物質の濃度に関係なく、「汚染瓦礫」を受入れた富士市ということで影響を受けると思います。

今はまず、市に「反対の意志」を伝えましょう!要望はこちらから→→
更に状況により、富士市内での署名活動や市議会議員への働きかけ等も必要だと思います。
また受入阻止に向けた方策について、ご意見・アドバイスもお願いします。
みんなで協力していきましょう。

最後にネット署名に寄せられているコメントぜひご覧ください!こちら→→

11/19静岡新聞
この記事では100ベクレルを強調し、8000ベクレルの記載はありません。

がれき新指針18日

11/16静岡新聞
この記事にははっきりと、8000ベクレルの基準は変えないと記載されています。

がれき新指針01

スポンサーサイト
[2011/11/19 20:14] | がれき問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<「富士市原発ゼロの会」学習会の報告 | ホーム | 放射性セシウム:福島市のコメから規制値超630ベクレル>>
コメント
本日のニュースを観て
本当に酷い。言葉が出なかった。
細野豪志と川勝知事。「安全の根拠を示して」と言いながら、「埋め立て地の確保」と「あとは、どこが手を挙げてくれるか(^^)/」と、やっぱり お互い瓦礫を受け入れる事が前提の話合い。手を挙げるとこ(市)は、決まってるって感じ。
「私が市民に直接説明をします」と細野さん。「お願いします」と川勝さん。
いくら説明されても、放射能汚染が、ゼロでない瓦礫を、受け入れるなんてことは できない。恐ろしい。放射性物質は、けっして消えてなくならないのに。「安全」なんて、絶対に有り得ない。
政治家が、どんどん汚染被害を拡散していく。 

[2011/11/22 23:56] URL | るくる #- [ 編集 ]
くるくる さん

同感です。
ニュース見ていて、猿芝居に見えました。
出来レースもいやなものですが、知事が今のやり方で本当に良いと思っているとしたら、それも恐ろしいと思います。
ブログ追加しました。
[2011/11/24 17:18] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://change2011.blog.fc2.com/tb.php/90-cd83bcc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。